石田 靖彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/29 02:54
 
アバター
研究者氏名
石田 靖彦
 
イシダヤスヒコ
所属
愛知教育大学
部署
学校教育講座
職名
准教授
学位
修士(教育心理学)(名古屋大学), 博士(心理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
愛知教育大学 助手
 
2002年4月
   
 
愛知教育大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1999年3月
名古屋大学大学院 教育学研究科博士課程 教育心理学専攻
 

論文

 
級友との関係が協同的・個別的学習動機づけに及ぼす影響 ― 小学生を対象とした検討 ―
石田靖彦・杉山正悟
愛知教育大学研究報告. 教育科学編   66 85-90   2017年
級友との関係が協同的・個別的学習動機づけに及ぼす影響 ― 親和的な関係と競争的な関係に着目して ―
石田靖彦・杉山正悟
愛知教育大学研究報告(教育科学編)   65 109-116   2016年
中学校入学後の友人関係が学校適応感に及ぼす影響―関係の親密さと友人の特徴の効果に関する縦断的研究―
石田靖彦・吉田俊和
愛知教育大学研究報告(教育科学編)   64(67-73) 7   2015年
友人との関係の親密さと友人の特徴が生徒の学習動機づけに及ぼす影響
石田靖彦・吉田俊和
愛知教育大学創造開発機構紀要   5 133-140   2015年
学級内の友人関係が生徒の学習意欲に及ぼす影響 ―友人の学習意欲の高さと,生徒の有能感に着目した検討―
愛知教育大学研究報告(教育科学編)   63 137-143   2014年

Misc

 
児童の動機づけと集団としての学級づくり
石田靖彦
児童心理   2014年10月号 44-50   2014年

書籍等出版物

 
自己評価:自信のない子どもに自信をもたせる(吉田俊和・三島浩路・元吉忠寛(編)学校で役立つ社会心理学 pp.3-10.)
ナカニシヤ出版   2013年   
同調行動(吉田俊和・三島浩路・元吉忠寛(編)学校で役立つ社会心理学 pp.51-57.)
ナカニシヤ出版   2013年   
ナカニシヤ出版
2010年   
体験で学ぶ社会心理学(分担)
教育支援の心理学:発達と学習の過程(編著)
2010年   
ナカニシヤ出版
2009年   
社会的迷惑の社会心理学(分担)

競争的資金等の研究課題

 
集団の構造化過程における人間関係メンタル・マップに関する研究
科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年
学級内の集団構造が学業への動機づけに及ぼす影響過程に関する縦断的研究
科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年
子どもの算数問題解決と転移を促す知識の構成の分析と支援に関する研究(分担)
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年
不本意な社会的アイデンティティと差別的態度の関係に関する研究-日米を比較して-(分担)
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年
家庭成熟度向上支援事業
京進
研究期間: 2005年 - 2006年