村岡 貴子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/22 02:54
 
アバター
研究者氏名
村岡 貴子
 
ムラオカ タカコ
所属
群馬大学
職名
准教授
学位
博士(工学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2004年
科学技術振興機構さきがけ21 博士研究員
 
2004年
 - 
2005年
大阪大学大学院基礎工学研究科 特任研究員
 
2005年
   
 
群馬大学工学部応用化学科 助手
 
2008年
   
 
- 群馬大学大学院工学研究科 応用化学・生物化学専攻 助教
 
2013年
   
 
群馬大学理工学研究院分子科学部門助教
 

学歴

 
 
 - 
2002年
名古屋大学 工学研究科 物質制御工学専攻
 
 
 - 
1997年
名古屋大学 工学部 応用化学及び物質化学科
 

委員歴

 
 
   
 
有機合成化学協会 正会員
 
 
   
 
日本化学会 正会員
 
 
   
 
有機合成化学協会  正会員
 
 
   
 
日本化学会  正会員
 

Misc

 
Rhodium-Catalyzed Formal Hydrocarbamoylation toward an α,β-Unsaturated Carbonyl Compound Using Aryl Isocyanate and Hydrosilane
MURAOKA TAKAKO / 松田 勇 / 伊藤 健児
Organometallics   20,22,4676-4682    2001年
Rhodium-Catalyzed Approach to Mannich-type Products from Aldimine, α,β-Unsaturated Ester, and Hydrosilane
MURAOKA TAKAKO / 神谷 真一 / 松田 勇 / 伊藤 健児
Chemical Communications   (12) 1284-1285   2002年
Rhodium-Catalyzed Silylative Cycilzation of 1,6-Heptadiyne Derivatives: A Versatile Route for the Synthesis of a 1,2-Dialkylidenecyclopentane Skeleton
MURAOKA TAKAKO / ISAMU MATSUDA / KENJI ITOH
Organometallics   21(17) 3650-3660   2002年
Reactions of a Gallium-Bridged Diiron Complex with Alkyl Lithium, HCl, and Phosphines
Takako Muraoka, Hideaki Motohashi, Masakazu Hirotsu, and Keiji Ueno
Organometallics   27 3918-3923   2008年
Rhodium-Mediated Silylative Cyclization of 1,6-Heptadiynes
MURAOKA TAKAKO
Tetraherdon Letters   39, 40, 7325-7328    1998年

書籍等出版物

 
化学と工業
日本化学会   2006年   
ケイ素化学協会 協会誌
ケイ素化学協会   2007年   
桐生タイムス
桐生タイムス社   2007年   
日経BPムック「変革する大学」シリーズ, 群馬大学
日経BP出版センター   2007年   
HiKaLo(Highland Kanto Liaison Organaization) 技術情報誌
特定非営利活動法人 北関東産官学研究会   2009年   

講演・口頭発表等

 
ビスサリチルアルジミン配位子を有する環状二核白金錯体の合成とその分子集合挙動
第55回錯体化学討論会   2005年   
ガリウム架橋鉄二核錯体とRLiおよびPR3との反応
日本化学会第86春季年会   2006年   
ガランマンガン錯体の合成と構造
日本化学会第86春季年会   2006年   
二核白金およびパラジウム錯体の混合系における有機流体のゲル化
日本化学会第86春季年会   2006年   
ビスサリチルアルジミン配位子を有する環状二核白金錯体の合成とその分子集合挙動
日本化学会第85春季年会   2005年