水谷 正治

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/13 02:52
 
アバター
研究者氏名
水谷 正治
 
ミズタニ マサハル
URL
http://biofun.kuicr.kyoto-u.ac.jp/index-j.html
所属
神戸大学
部署
大学院農学研究科 生命機能科学専攻
職名
准教授
学位
修士(農学)(京都大学), 博士(農学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都大学 化学研究所 生体機能化学研究系 助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
京都大学 農学部 農芸化学
 
 
 - 
1991年3月
京都大学 農学研究科 農芸化学
 

論文

 
Identification of (Z)-3:(E)-2-hexenal isomerases essential to the production of the leaf aldehydes in plants,
Mikiko Kunishima, Yasuo Yamauchi, Masaharu Mizutani, Masaki Kuse, Hirosato Takikawa, Yukihiro Sugimoto
J. Biol. Chem   291 14023-14033   2016年7月   [査読有り]
Identification of furostanol glycoside 26-O-β-glucosidase involved in steroidal saponin biosynthesis from Dioscorea esculenta,
Nakayasu, M, Kawasaki, T, Lee, H.-J, Sugimoto, Y, Onjo, M, Muranaka, T, Mizutani, M
Plant Biotechnology   32 299-308   2015年12月
Regioselective and stereospecific hydroxylation of GR24 by Sorghum bicolor and evaluation of germination inducing activities of hydroxylated GR24 stereoisomers toward seeds of Striga species
Ueno, Ishiwa, Nakashima, Mizutani, M, Takikawa, H, Sugimoto, Y
Bioorganic & Medicinal Chemistry   23 6100-6110   2015年9月   [査読有り]
Yamauchi, Y., Kunishima, M, Mizutani, M, Sugimoto, Y
Scientific Reports      2015年   [査読有り]
Reactive short-chain leaf volatiles act as powerful inducers of abiotic stress-related gene expression.
Yamauchi Y, Kunishima M, 水谷 正治, Sugimoto Y
Nature Scientific reports      2015年   [査読有り]

Misc

 
Sterol C22-desaturase and its biological roles
Ohta D, Mizutani Masaharu
Isoprenoid Synthesis in Plants and Microorganisms   381-391   2013年   [査読有り]
Unusual P450 reactions in plant secondary metabolism
Masaharu Mizutani
Arch Biochem Biophys.   507:194-203    2011年   [査読有り]
Diversification of P450 genes during land plant evolution
Mizutani Masaharu, Ohta D
Annu Rev Plant Biol   61 291-315   2010年   [査読有り]
桂皮酸オルト位水酸化酵素の同定とクマリン生合成経路
清水文一, 甲斐光輔, 水谷 正治
化学と生物   46 518-520   2008年
アブシジン酸および植物ステロイドの代謝系に関わるシトクロムP450の酵素化学的研究
水谷 正治
植物の生長調節   42 260-268   2007年

書籍等出版物

 
第2章 植物栄養学を理解するために: 植物ホルモン
水谷 正治
文永堂植物栄養学(間藤徹、馬建鋒、藤原徹編)、   2010年   
第1章 植物ホルモン合成とシグナル分子受容の新発見:シトクロムP450の酵素化学から導き出された新規ブラシノステロイド生合成経路
大西利幸, 水谷 正治
共立出版植物のシグナル伝達(柿本辰男、高山誠司、福田裕穂、松岡信編)、   2010年   
配糖体や少糖に作用する酵素 β-プリメベロシダーゼ(EC 3.2.2.149)
水谷 正治, 坂田完三
廣川書店廣川タンパク質化学 第4巻 酵素 4.3P.232-240   2004年   

講演・口頭発表等

 
明所高温条件で誘導されるステート2によるPSII障害回避機構の解析
丸谷 曜子, 山内 靖雄, 東山 真理, 秋本 誠志, 井上 加奈子, 池田 健一, 水谷 正治, 杉本 幸裕
日本植物生理学会   2015年3月   
光・温度条件の変化により形成されるPSI-LHCII超複合体の解析
丸谷曜子, 山内 靖雄, 井上加奈子, 池田 健一, 水谷 正治, 杉本 幸裕
日本農芸化学会関西支部会   2014年9月   
コムギの光化学系における高温耐性機構の解析:ステート遷移の誘導と超高速励起型PSI-LHCII複合体の形成
丸谷 曜子, 山内 靖雄, 秋本 誠志, 井上 加奈子, 池田 健一, 水谷 正治, 杉本 幸裕
第5回日本光合成学会年会   2014年5月   
ソルガムにおける5-deoxystrigolからsorgomolへの変換反応 [招待有り]
上野琴巳, 本並宜子, 中嶌瞳, 水谷正治, 滝川浩郷, 杉本幸裕
日本農芸化学会大会2014年度東京大会   2014年3月   
高温ストレスを受けたコムギにおけるチラコイド膜の構造変化を伴う光化学系の再編成:熱放散とステート遷移の誘導
丸谷 曜子, 山内 靖雄, 秋本 誠志, 井上 加奈子, 池田 健一, 水谷 正治, 杉本 幸裕
第55回日本植物生理学会年会   2014年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2011年       代表者: 水谷 正治
科学研究費補助金/新学術領域研究
研究期間: 2011年       代表者: 水谷 正治
植物におけるクマリン類およびフラノクマリン類生合成の解明
研究期間: 2010年       代表者: 水谷 正治
植物の香気生成酵素β-プリメベロシダーゼに関する研究
植物ホルモン生合成に関与するチトクロムP450に関する研究