日髙 平

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 17:24
 
アバター
研究者氏名
日髙 平
 
ヒダカ タイラ
所属
京都大学
学位
修士(工学)(京都大学), 京都大学博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年11月
 - 
2015年3月
独立行政法人土木研究所 主任研究員
 
 
   
 
京都大学 大学院工学研究科 都市環境工学専攻 工学研究科 都市環境工学専攻 助教,助教
 
2002年
   
 
- 京都大学大学院工学研究科 助手(助教)
 

学歴

 
 
 - 
1999年
京都大学 工学研究科 環境工学
 
 
 - 
2002年
京都大学 工学研究科 環境工学専攻
 
 
 - 
1997年
京都大学 工学部 衛生工学科
 

受賞

 
2002年
土木学会論文奨励賞
 
2004年
前田工学賞・山田一宇賞
 
2004年
下水道協会誌奨励賞論文賞
 
2004年
京都大学環境衛生工学研究会優秀プロジェクト賞
 

論文

 
Taira Hidaka, Yugo Takabe, Jun Tsumori, Mizuhiko Minamiyama
Biomass and Bioenergy   99 139-146   2017年4月
© 2017The present study reveals characteristics of microalgae cultivated in continuous laboratory-scale experiments combined with anaerobic co-digestion of sewage sludge and microalgae for as long as 10 months. Filtrate from dewatering of anaerobi...
Taira Hidaka, Taira Hidaka, Feng Wang, Feng Wang, Kensuke Sakurai, Jun Tsumori, Jun Tsumori, Mizuhiko Minamiyama
Water Environment Research   88(11) 2070-2081   2016年11月
© 2016, Water Environment Federation. All rights reserved.Grass is drawing attention for its high potential for biogas production. Anaerobic digesters in wastewater treatment plants can be used for producing biogas by processing grass without havi...
Takabe Y, Hidaka T, Tsumori J, Minamiyama M
Bioresource technology   207 399-408   2016年5月   [査読有り]
日高 平, 佐野 修司, 西村 文武, 藤原 雅人
土木学会論文集G(環境)   72(7) III_135-III_144   2016年
 小規模下水処理場での簡易運転型集約嫌気性消化導入を想定して,オキシデーションディッチ法からの脱水汚泥および模擬生ごみ試料を対象とした連続式および回分式嫌気性消化実験を行った.その結果,脱水汚泥では0.1~0.2 NL/gVS-投入程度の,模擬生ごみでは0.7NL/gVS-投入程度のバイオガス転換率が得られた.脱水汚泥および模擬生ごみを混合消化することで,単独の場合よりもバイオガス生成量が増加する相乗効果が確認された.脱水汚泥を投入することで消化汚泥の粘度は高まるものの,汚泥引き抜きや撹拌...
水野 忠雄, 菊池 保宏, 津野 洋, 日高 平, 西村 文武
土木学会論文集G(環境)   72(7) III_125-III_133   2016年
 濃縮余剰汚泥のメタン転換率や嫌気性消化効率の向上を目的として,亜臨界水処理を組み込んだ超高温・高温二段式嫌気性消化法の適用について検討した.まず回分式実験を行い,180℃,1MPaによる60分間の亜臨界水処理により,濃縮余剰汚泥のCODCr可溶化率が50%に達し,タンパク質は60から70%,全糖も70%が溶解することがわかった.可溶化と酸生成が促進された結果,続くメタン発酵プロセスにおいても初期段階におけるガス生成ピーク時の生成量も増加することを明らかにした.この結...
Hidaka T, Wang F, Tsumori J
Waste management (New York, N.Y.)   43 144-151   2015年9月   [査読有り]
日高 平, 高部 祐剛, 津森 ジュン, 池本 良子, 戸苅 丈仁
日本エネルギー学会誌   94(7) 705-714   2015年7月
In this review, current situation of sewage sludge recycling as energy sources and technologies of highsolids anaerobic co-digestion for small scale wastewater treatment plants (WWTPs) are introduced. To promote sewage sludge recycling as energy s...
日高 平, 津森 ジュン
下水道協会誌 = Journal of Japan Sewage Works Association   52(627) 107-113   2015年1月
日高 平, 對馬 育夫, 津森 ジュン, 南山 瑞彦
土木学会論文集G(環境)   71(7) III_27-III_37   2015年
 下水汚泥の有効利用方策として脱水汚泥を含む集約型混合嫌気性消化を想定し,設計・操作因子の検討に資する基礎的知見の収集を目的に,異なる下水処理場の各種下水汚泥を対象とした嫌気性消化実験を行った.標準活性汚泥法(循環式硝化脱窒法等の場合も含めて)の混合汚泥および脱水汚泥については0.4~0.5NL/gVS-投入程度の,オキシデーションディッチ法の脱水汚泥については 0.1~0.2NL/gVS-投入程度のバイオガス転換率が得られた.投入汚泥の高濃度化で懸念されるアンモニア阻害や撹拌影響に対して...
Wang F, Hidaka T, Tsumori J
Bioresource technology   169 299-306   2014年10月   [査読有り]
Hidaka T, Inoue K, Suzuki Y, Tsumori J
Bioresource technology   170 83-89   2014年10月   [査読有り]
日高 平, 津森 ジュン
土木学会論文集G(環境)   70(7) III_433-III_440   2014年
 小規模下水処理場でも,下水汚泥や生ごみなどの有機性廃棄物を集約して嫌気性消化することで効率的なエネルギー回収が期待でき,その際の下水汚泥運搬には脱水汚泥が有利である.脱水汚泥の中温嫌気性消化について,投入基質濃度が消化特性や消化液性状に及ぼす影響を調査することを目的として,無希釈(TS 20%程度)からTS 5%程度の濃度範囲の脱水汚泥を基質とした連続式実験を行った.投入基質TSが10%以下の場合,安定した中温嫌気性消化が可能であり,投入VSあたりのメタン転換率は0.47NL/gVS程度...
戸苅 丈仁, 池本 良子, 古 婷婷, 小野 紘, 日高 平, 津森 ジュン, 柳井 敦, 木野下 裕茂, 清水 浩之
土木学会論文集G(環境)   70(7) III_425-III_432   2014年
 小規模な市町村で発生する様々な有機性廃棄物を混合処理し,バイオマス資源を地域内で循環させることを目的として,小規模下水処理場に容積1m3のメタン発酵装置を設置し,高濃度混合嫌気性消化実験を行った.オキシデーションディッチ法から発生する汚泥(OD汚泥)と廃油揚げ(生タイプと乾燥タイプ)を主体とし,し尿,浄化槽汚泥,接触酸化汚泥,および給食残渣からなる混合基質(TS8.8%)を連続投入した結果,平均有機物負荷2.5kg-VS/m3/dの条件下で,投...
日高 平
下水道協会誌   49(602) 8-10   2012年12月
Feng Wang, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno, Jun Tsubota
BIORESOURCE TECHNOLOGY   112 67-74   2012年5月   [査読有り]
Wang F, Hidaka T, Sakurai K, Tsumori J
Bioresource technology   166 318-325   2014年8月   [査読有り]
Wang F, Hidaka T, Uchida T, Tsumori J
Water science and technology : a journal of the International Association on Water Pollution Research   69(9) 1949-1955   2014年   [査読有り]
Behavior of trace organic contaminants in soil aquifer treatment (SAT) process for reuse of secondary sewage effluent
F. Nishimura, N. Kurita, Y. Takabe, T. Mizuno, T. Hidaka, S. Itoh
PROGRESS IN SLOW SAND AND ALTERNATIVE BIOFILTRATION PROCESSES: FURTHER DEVELOPMENTS AND APPLICATIONS      2014年   [査読有り]
Hidaka T, Wang F, Togari T, Uchida T, Suzuki Y
Bioresource technology   149 177-183   2013年12月   [査読有り]
高部 祐剛, 津野 洋, 西村 文武, 日高 平, 丸野 紘史, 谷井 信夫, 鶴川 正寛, 松村 千里
土木学会論文集G(環境)   69(3)    2013年9月   [査読有り]
Hidaka T, Arai S, Okamoto S, Uchida T
Bioresource technology   130 667-672   2013年2月   [査読有り]
Scott D, Hidaka T, Campo P, Kleiner E, Suidan MT, Venosa AD
Chemosphere   90(4) 1412-1418   2013年1月   [査読有り]
生物活性炭嫌気性反応装置による食品工場廃水の処理に関する研究
津野 洋, 河村 正純, 西村 文武, 日高 平, 本間 康弘, 蒲池 一将, 渡部 紀一
環境技術   41(4)    2012年   [査読有り]
西村 文武, 岡田 由希子, 増田 理子, 中川 佑子, 日高 平, 藤原 拓, 津野 洋
土木学会論文集G(環境)   68(7)    2012年12月   [査読有り]
Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno, Haruka Yagi, Yusuke Kosaka
BIOTECHNOLOGY AND BIOPROCESS ENGINEERING   17(2)    2012年4月   [査読有り]
F. Nishimura, T. Hidaka, A. Nakagawa, H. Yorozu, H. Tsuno
ENVIRONMENTAL TECHNOLOGY   33(13)    2012年2月   [査読有り]
Microcystis sp. 生成ミクロシスチン-LRと塩素処理副生成物前駆物質の浄水過程での除去特性に関する研究
津野 洋, 日高 平, 西村 文武, 篠田 祐介
水道協会雑誌   81(2)    2012年2月   [査読有り]
F. Wang, T. Hidaka, T. Oishi, S. Osumi, J. Tsubota, H. Tsuno
WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY   64(11)    2011年12月
Feng Wang, Hiroshi Tsuno, Taira Hidaka, Jun Tsubota
Bioresource Technology   102 9933-9941   2011年11月
The objective of this study was to evaluate the promotion effect of ammonia on the biodegradation of polylactide (PLA) under hyperthermophilic (80 °C) and thermophilic (55 °C) anaerobic condition. The results showed that PLA was transformed to lac...
Promotion of polylactide
Feng Wang, Hiroshi Tsuno, Taira Hidaka, Jun Tsubota
BIORESOURCE TECHNOLOGY   102(21)    2011年11月   [査読有り]
Joo H. Ha, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno
Environmental Toxicology   26 21-28   2011年2月
Chlorophyll-a concentration has been used as an indicator to estimate microcystin levels in water bodies. This study examined the microcystin to chlorophyll-a ratio in a fishpond in Japan. The ratio varied spatially and temporally during the six-m...
Pengzhe Sui, Fumitake Nishimura, Hideaki Nagare, Taira Hidaka, Yuko Nakagawa, Hiroshi Tsuno
WATER RESEARCH   45(5)    2011年2月   [査読有り]
Hui Yu, Hiroshi Tsuno, Taira Hidaka, Chunmeng Jiao
LIMNOLOGY   11(3)    2010年12月   [査読有り]
T. Hidaka, T. Asahira, H. Koshikawa, J. Cheon, Y. Park, H. Tsuno
ENZYME AND MICROBIAL TECHNOLOGY   47(4)    2010年9月   [査読有り]
T. Hidaka, T. Horie, S. Akao, H. Tsuno
WATER RESEARCH   44(8)    2010年4月   [査読有り]
阿部 眞, 日高 平, 津野 洋
廃棄物資源循環学会論文誌   21(3)    2010年1月   [査読有り]
Myungyeol Lee, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   108(5)    2009年11月   [査読有り]
Joo H. Ha, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno
ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   43(3)    2009年2月   [査読有り]
Myungyeol Lee, Taira Hidaka, Wataru Hagiwara, Hiroshi Tsuno
BIORESOURCE TECHNOLOGY   100(2)    2009年1月   [査読有り]
M. Y. Lee, J. H. Cheon, T. Hidaka, H. Tsuno
WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY   57(2)    2008年   [査読有り]
Myungyeol Lee, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno
BIORESOURCE TECHNOLOGY   99(15)    2008年10月   [査読有り]
JiHoon Cheon, Taira Hidaka, Shuichi Mori, Hiromoto Koshikawa, Hiroshi Tsuno
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   106(2)    2008年8月   [査読有り]
Yong-Jin Park, Hiroshi Tsuno, Taira Hidaka, Ji-Hoon Cheon
JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT   10(1)    2008年3月   [査読有り]
YongJin Park, Feng Hong, JiHoon Cheon, Taira Hidaka, Hiroshi Tsuno
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   105(1)    2008年1月   [査読有り]
Jihoon Cheon, F. Hong, T. Hidaka, H. Koshikawa, H. Tsuno
Water Science and Technology   55 175-182   2007年6月
The diversity of microbial communities in three full-scale thermophilic anaerobic digesters which treated garbage, sewage sludge and livestock wastes (hereafter called TGD, TSD and TLD, respectively) was investigated using 16S rDNA clone libraries...
鄭 晋宇, 日高 平, 津野 洋
水環境学会誌   28(9) 581-588   2005年
The mathematical model of biofiltration which was developed for the treatment of precoagulated sewage from a grid chamber is applied to explain the experimental performance of a biofilter used for tertiary treatment of secondary effluent. Its appl...
T. Mizuno, N. S. Park, H. Tsuno, T. Hidaka
Water Science and Technology: Water Supply   4 277-288   2004年12月
An ozone reaction model combined with CFD (Computational Fluid Dynamics) technique was Pdeveloped in this research. In the simulation of ozonation, hydrodynamic behavior caused by bubbling of ozone contacting-gas is important as well as reaction k...
H. Tsuno, H. Tsuno, T. Hidaka, T. Hidaka, M. Nakamoto
Water Science and Technology: Water Supply   4 13-22   2004年3月
A pre-coagulation and bio-filtration process for advanced treatment of sewage is developed and experimentally discussed with a pilot plant. The bio-filtration unit consists of a denitrification filter, a nitrification filter with side stream to th...
T Hidaka, H Tsuno
WATER RESEARCH   38(2)    2004年1月
T Hidaka, H Tsuno, N Kishimoto
WATER RESEARCH   37(17)    2003年10月
Effect of dissolved oxygen conditions on nitrogen removal in continuously fed intermittent-aeration process with two tanks
T Hidaka, H Yamada, M Kawamura, H Tsuno
WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY   45(12)    2002年
H Tsuno, T Hidaka, F Nishimura
WATER RESEARCH   36(4)    2002年2月
日高 平, 津野 洋, 岸本 直之, 中本 正明
土木学会論文集   685(685) 147-156   2001年8月
Advanced treatment of sewage by pre-coagulation and biofilm process
H Tsuno, I Somiya, Y Kanjo, T Hidaka
WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY   43(1)    2001年

Misc

 
伊藤禎彦, 浅見真理, 大河内由美子, 西村文武, 越後信哉, 平山修久, 小坂浩司, 日高平, 高部祐剛, 浅田安廣, PHATTARAPATTAMAWONG Songkeart, RAHMAWATI Suphia
環境工学研究フォーラム講演集   53rd 1   2016年12月
藤原雅人, 日高平, 水野忠雄, 楠田育成, 西村文武
環境工学研究フォーラム講演集   53rd 13   2016年12月
西村文武, DU Ziang, 日高平, YU Xiaolong, 水野忠雄, 楠田育成
日本水環境学会シンポジウム講演集   19th 6   2016年9月
日高平, 西村文武, 佐野修司
日本水環境学会シンポジウム講演集   19th 13   2016年9月
佐野修司, 日高平
園芸学研究 別冊   15(2) 385   2016年9月
日高平, 西村文武, 福嶋俊貴, 水野忠雄, 松村千里, 吉識亮介
環境衛生工学研究   30(3) 68‐71   2016年7月
YU Xiaolong, HIDAKA Taira, NISHIMURA Fumitake, YOSHIKI Ryosuke, MATSUMURA Chisato
下水道研究発表会講演集   53rd 4‐6   2016年7月
日高平, 藤原雅人, 西村文武, 佐野修司
下水道研究発表会講演集   53rd 1127‐1129   2016年7月
Transformation of organic matters in A2O effluent during soil aquifer treatment process for sewage reuse as urban water resources
F. Nishimura, R. Suzuki, Y. Takabe, T. Mizuno, T. Hidaka, S. Itoh
Proceeding of The 24th Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering      2015年
日高 平, 津森 ジュン
下水道協会誌 = Journal of Japan Sewage Works Association   51(626) 17-19   2014年12月
西村文武, 村角浩平, 菅健太, 日高平, 水野忠雄
下水道研究発表会講演集   53rd 971‐973   2016年7月
日髙 平, 對馬 育夫, 津森 ジュン
下水道研究発表会講演集   52 983-985   2015年
澤原 大道, 日高 平, 津森 ジュン
EICA : journal of EICA : 環境システム計測制御学会誌   19(2) 75-78   2014年
日髙 平, 王 峰, 津森 ジュン
下水道研究発表会講演集   51 925-927   2014年
澤原 大道, 日高 平
下水道研究発表会講演集   51 922-924   2014年
日高 平
環境衛生工学研究 : 京都大学環境衛生工学研究会機関誌   26(2) 8-10   2012年6月
西村 文武, 林 佳史, 高木 明寛, 日高 平, 津野 洋
環境衛生工学研究   25(3) 70-73   2011年7月
小林 拓朗, 日高 平, 小野寺 崇
水環境学会誌   36(12) 422-429   2013年12月
萬 泰一, 日高 平, 西村 文武, 津野 洋
環境衛生工学研究   25(3) 66-69   2011年7月
萬 泰一, 日高 平, 西村 文武
下水道研究発表会講演集   48 770-772   2011年
王 峰, 日髙 平, 内田 勉
下水道研究発表会講演集   50 241-243   2013年
日高 平, 河 周賢, 楠田 育成
下水道研究発表会講演集   46 413-415   2009年
篠田 祐介, 河 周賢, 日高 平
下水道研究発表会講演集   44 427-429   2007年
竹島 大祐, 鄭 晋宇, 日高 平
下水道研究発表会講演集   40 832-834   2003年
西村 文武, 寺杣 優一, 日高 平
下水道研究発表会講演集   46 733-735   2009年
都築 良太, 日高 平, 西村 文武
下水道研究発表会講演集   46 230-232   2009年
日高 平, 津野 洋, 千 智勲
下水道協会誌   43(530) 142-155   2006年12月
嶋田 真至, 高橋 典利, 井上 梅夫, 日高 平, 津野 洋
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   43(519) 102-113   2006年1月
日高 平, 津野 洋, 岸本 直之, 中本 正明
土木学会誌論文集   713(713) 159-170   2002年8月
余 輝, 焦 春萌, 岸本 直之, 日高 平, 津野 洋
土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   (804) 23-32   2005年11月
本研究では, 水温分布を利用した成層期における湖湾と主湖盆の水交換フラックスの計算に適用できる方法として等温面法を提案した. さらに, 琵琶湖北湖と塩津湾の汚濁移流機構の解明の例として, 夏の4回の48時間連続総合調査を行い, 水温, 流れ, 栄養塩の空間分布・時間変化のデータを得た. 等温面法で当該湾と主湖盆との水交換フラックス, 栄養塩の拡散を計算した. その等温面法による水交換の計算結果をADCP実測結果と比較し, 本法の妥当性を検証した. また, 本法の適用範囲は湖沼表水層の成層安...
津野 洋, 千 智勲, 日高 平, 朴 賛祐, 朴 〓珍
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   42(514) 143-152   2005年8月
洪 鋒, 津野 洋, 日高 平, 千 智勲
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   15(5) 381-388   2004年9月
本研究では, 生ごみを処理し, エネルギー源であるメタンガスを生産するために, 55℃の条件での高温メタン発酵を適用した。人工生ごみを基質として完全混合型リアクターを用いて, 1日1回給餌方式で連続実験を行った。安定なメタン発酵の状態である時には, pHは7.5~8.0の間に維持された。無希釈生ごみを処理対象として, 有機物負荷率が16.2kgCOD/ (m3・d) という高負荷条件下で高温メタン発酵を実現できた。有機物負荷率変動が1.7倍以下であれば, 系は良好に応...
日高 平, 岸本 直之, 津野 洋, 織田 稔幸, 鄭 普宇
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   40(487) 103-116   2003年5月
朴 〔ヨウ〕珍, 日高 平, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   42 193-195   2005年
貫上 佳則, 宗宮 功, 津野 洋, 加賀山 守, 木下 巌, 今城 宗久, 日高 平
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   37(454) 131-145   2000年8月
日高 平, 鄭 晋宇, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   42 834-836   2005年
日高 平, 千 智勲, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   43 827-829   2006年
菊池 保宏, 都築 良太, 日高 平
下水道研究発表会講演集   47 251-253   2010年1月
朴 〔ヨウ〕珍, 千 智勲, 日高 平
下水道研究発表会講演集   41 197-199   2004年
焦 春萌, 余 輝, 日高 平
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター試験研究報告書   2005(2) 67-77,5〜6   2005年
日高 平, 洪 鋒, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   44 118-120   2007年
日高 平, 李 名烈, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   45 130-132   2008年
鄭 晋宇, 日高 平, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   41 834-836   2004年
日高 平, 鄭 晋宇, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   41 837-839   2004年
日高 平, 千 智勲, 津野 洋
下水道研究発表会講演集   40 237-239   2003年
津野 洋, 山田 春美, 日高 平
環境衛生工学研究   17(4) 69-74   2003年11月
焦 春萌, 余 輝, 日高 平
試験研究報告   2004 57-66,6   2004年
朴 〔ヨウ〕珍, 津野 洋, 日高 平
下水道研究発表会講演集   40 1036-1038   2003年
津野 洋, 日高 平
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   25(3) 138-141   2002年3月
日高 平
環境衛生工学研究   16(4) 13-24   2002年11月
日高 平, 津野 洋, 岸本 直之
下水道研究発表会講演集   39 605-607   2002年
嶋田 真至, 高橋 典利, 柴田 聡, 井上 梅夫, 津野 洋, 日高 平
下水道協会誌論文集   Vol.43, No.519, pp.114-122(519) 114-122   2006年1月
日高 平, 津野 洋
水処理技術   Vol.47, No.10, pp.455-460(10) 455-460   2006年10月
津野 洋, 永禮 英明, 日高 平
計測と制御   Vol.45, No.10, pp.851-856(10) 851-856   2006年10月
日高 平, 津野 洋, 宗宮 功, 貫上 佳則, 中本 正明
土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   643 71-80   2000年2月
都市下水を対象として, 好気性ろ床を組み込んだ前凝集・生物膜プロセスの処理特性および設計操作因子の検討を, パイロットプラント規模実験により試みた. 水温20℃を下回る低水温期においても生物反応器の水理学的滞留時間8hで, 流出SS濃度は5mg/L以下を, 流出のT-ATU-BOD濃度は5mg/L以下を, 流出T-N濃度は3mgN/L以下を, そして流出T-P濃度は1mgP/L以下を安定して保つことができた. 生物処理の最終部に組み込んだ好気性ろ床は, 目的とした残存有機物およびSS成分の...
宗宮 功, 津野 洋, 貫上 佳則, 長谷川 明巧, 木下 巌, 日高 平
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   36(436) 87-97   1999年2月
日高 平, 津野 洋
月刊「水」   Vol.51-2, pp.16-22(2) 16-22   2009年2月
津野 洋, 日高 平
電気誌   Vol.129, No.4, pp.245-248(4) 245-248   2009年4月
本記事に「抄録」はありません。
間欠曝気式治性汚泥法の窒素除去に及ぼす溶存酸素条件に関する研究
環境衛生工学研究   14(3) 184-189   2000年
高温メタン発酵の生ゴミ処理への適用に関する研究
環境衛生工学研究   Vol.15, No.3, pp.59-64    2001年
膨張床型GAC反応器によるテトラクロロエチレン含有廃水の嫌気性処理に関する研究
環境衛生工学研究   Vol.15, No.3, pp.227-232    2001年
生ごみからの資源の生成
バイオガス事業推進協議会会報   第5号, pp.1-14    2008年
都市廃水・廃棄物からのエネルギー回収システム
再生と利用   Vol.31, No.119, pp.6-19    2008年
超高温酸発酵処理を組み込んだ生ごみおよび下水汚泥の嫌気性処理技術の開発
環境工学研究論文集   Vol.45, pp.333-339    2008年
Effect of thermal pretreatment of sewage sludge on solubilization and thermophilic anaerobic biodegradability
Advances in Asian Environmental Engineering   Vol.4, No.1, pp.43-52    2005年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 西村 文武
本年度は、混合消化や超高温処理を導入することでのメタン発酵促進について実験を中心に検討を行った。まず、混合消化によるメタン発酵促進効果を検証することを目的として、PLAおよび生ごみを混合し、メタン発酵の基質として用いて実験を行った。その結果、混合消化を行うことによりPLAの生分解性の向上が見られた。消化日数60日においては、投入PLAの約半分がメタンに転換された。次に、超高温処理を行うことにより、PLAの生分解性は、混合消化を行った場合と比較してさらに向上した。PLAの大部分は超高温処理に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 津野 洋
オゾンは水に溶解して対象物と反応する。その溶解の程度を示す気液分配係数の値は、塩化物イオン濃度が海水レベルである20g/Lを超えると低下することが明らかとなった。これは、高塩分含有水のオゾン処理において有機物の分解の律速となることも明らかとなった。また、廃棄物最終処分地浸出水中の1.4ジオキサンの除去にオゾンと過酸化水素併用処理が効果があることが明らかとなった。海水レベルの塩化物イオン含有水では、フジツボの幼生の不活化効果があることや大腸菌の消毒効果も大きいことが明らかとされた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 西村 文武
活性汚泥処理プロセスに直接オゾン処理を行うことで汚泥の減容化が図れるが、処理プロセスを工夫することでリンの回収も可能となり、また微量有機汚染物質の除去も可能になる。一方、汚泥の引き抜き量を制限すると系内への物質の蓄積が懸念される。そこで本処理システムを評価する上で必要不可欠となる、システム内での元素の挙動や、システムにおける微量化学物質の挙動を実験を中心として調査し、定量的に評価することを目的とした。結果、生物学的リン除去プロセスにおいての溶存態濃度が減少するAl、Cr、Mn、Fe、Cu、...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 日高 平
実験室でのMicrocystis培養実験において、リアルタイムPCR法の適用性を検討した。対数増殖相以降ではmcyA遺伝子および16SrRNA遺伝子いずれの測定でも、顕微鏡観察と同程度の細胞数が算出できた。細胞数もしくはmcyA遺伝子の増加に従い、おおむねミクロシスチン濃度が増加した。現地調査では、mcyA遺伝子濃度とミクロシスチン濃度の両者が共に増加する傾向が見られた。リアルタイムPCR法によりミクロシスチン生成藍藻類を定量可能であり、現場での維持管理や藻類増速抑制に資する技術となること...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 津野 洋
生ごみを対象にした効率的な非滅菌条件下でのL-乳酸発酵技術を開発した。55℃の高温酸発酵ではpH 5~6の条件により、長期間にわたり安定して高光学純度のL-乳酸が生成できた。pH調整剤の検討を行い、55℃、pH5.5の培養条件下で、アンモニア、水酸化ナトリウム、水酸化カルシウムのいずれを用いても乳酸発酵を行えた。菌叢解析によりBacillus coagulansが独占して同定された。グルコースや乳酸による阻害影響を表す定数を算出し数理モデルを構築したところ、実験結果がおおむね再現された。