田中 栄爾

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/13 14:13
 
アバター
研究者氏名
田中 栄爾
 
タナカ エイジ
所属
石川県立大学
部署
生物資源環境学部 環境科学科 微生物生態学
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2006年
 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2006年
   
 
-    石川県立大学
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2004年3月
京都大学 農学研究科 地域環境科学科
 
 
 - 
1996年
京都大学 農学部 農林生物学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本菌学会  評議員
 
2011年4月
 - 
現在
日本菌学会  幹事(広報担当)、編集委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本菌学会  理事(広報担当),編集委員
 

受賞

 
2007年
日本菌学会奨励賞
 

論文

 
E. Tanaka, T. Kumagawa, N. Ito, A. Nakanishi, Y. Ohta, E. Suzuki, N. Adachi, A. Hamada, T. Ashizawa, T. Ohara and M. Tsuda
Plant Pathology      2016年5月   [査読有り]
Bhushan Shrestha, Eiji Tanaka, Min Woo Hyun, Jae-Gu Han,3 Chang Sun Kim, Jong Won Jo, Sang-Kuk Han, Junsang Oh, and Gi-Ho Sung
Journal of Mycology   2016(Article ID 7648219) 1-14   2016年2月   [査読有り]
石川県におけるUromyces japonicusによるギョウジャニンニクさび病(新称)の発生記録
田中 栄爾
北陸病害虫研究会報   64 23-26   2015年   [査読有り]
田中 栄爾
JSM Mycotoxins   65(1) 39-43   2015年   [招待有り]
Chao Xu, Chunsheng Wang, Liangliang Ju, Rong Zhang, Alan R. Biggs, Eiji Tanaka, Bingzhi Li, Guangyu Sun
Fungal Diversity   71 215-231   2014年9月   [査読有り]
Bhushan Shrestha, Eiji Tanaka, Jae-Gu Han, Junsang Oh, Sang-Kuk Han, Kang-Hyo Lee, and Gi-Ho Sung
Mycobiology   42(2) 93-99   2014年6月   [査読有り]
Isheng J. Tsai,, Eiji Tanaka, Hayato Masuya, Ryusei Tanaka, Yuuri Hirooka, Rikiya Endoh, Norio Sahashi, and Taisei Kikuchi
Genome Biology and Evolution   6(4) 861-872   2014年3月   [査読有り]
イネいもち病菌が産生するオーキシンは感染に関与しているか
田中 栄爾
植物感染生理談話会論文集   48 77-86   2013年8月   [査読有り][招待有り]
Yoshitaka Kaitsu & Kiminori Shimizu & Eiji Tanaka & Satoshi Shimano & Shigeru Uchiyama & Chihiro Tanaka & Noriko Kinjo
Mycological Progress      2013年7月   [査読有り]
Christopher L. Schardl, Carolyn A. Young, Uljana Hesse, Stefan G. Amyotte, Kalina Andreeva, Patrick J. Calie, Damien J. Fleetwood, David C. Haws, Neil Moore, Birgitt Oeser, Daniel G. Panaccione, Kathryn K. Schweri, Christine R. Voisey, Mark L. Farman, Jerzy W. Jaromczyk, Bruce A. Roe , Donal M. O’Sullivan , Barry Scott , Paul Tudzynski , Zhiqiang An , Elissaveta G. Arnaoudova, Charles T. Bullock, Nikki D. Charlton, Li Chen, Murray Cox, Randy D. Dinkins, Simona Florea, Anthony E. Glenn, Anna Gordon, Ulrich Gu ̈ldener, Daniel R. Harris, Walter Hollin, Jolanta Jaromczyk, Richard D. Johnson, Anar K. Khan, Eckhard Leistner, Adrian Leuchtmann, Chunjie Li, JinGe Liu, Jinze Liu, Miao Liu, Wade Mace, Caroline Machado, Padmaja Nagabhyru, Juan Pan, Jan Schmid, Koya Sugawara, Ulrike Steiner, Johanna E. Takach, Eiji Tanaka, Jennifer S. Webb, Ella V. Wilson, Jennifer L. Wiseman, Ruriko Yoshida, Zheng Zeng.
9(2) e1003323   2013年   [査読有り]
Xu C, Wang C, Sun X, Zhang R, Gleason ML, Eiji T, Sun G
PloS one   8 e67808   2013年   [査読有り]
稲こうじ病の発生に及ぼす圃場要因と気象条件
田中栄爾、熊川剛、鈴木恵理、皆巳幸也、上田哲行
北陸病害虫研究会報   61 5-10   2012年   [査読有り]
Ryan M. Kepler • Yoshitaka Kaitsu • Eiji Tanaka • Satoshi Shimano • Joseph W. Spatafora
Mycoscience   52(1) 39-47   2011年
Eiji Tanaka, Tsuyoshi Kumagawa, Chihiro Tanaka and Hironori Koga
Mycoscience   52(5) 344-348   2011年   [査読有り]
Eiji Tanaka, Hironori Koga, Mari Mori and Masashi Mori
Journal of Phytopathology   159 522-530   2011年   [査読有り]
Eiji Tanaka
Plant Signaling & Behavior   5(4)    2010年   [査読有り]
Eiji Tanaka
Applied and Environmental Microbiology   75(14) 4829-4834   2009年   [査読有り]
日本国内におけるタケ・ササ類のてんぐ巣症状
田中 栄爾・田中 千尋・柴田 昌三
日本菌学会会報   50(2) 56-60   2009年

書籍等出版物

 
菌類の事典
田中 栄爾 (担当:共著, 範囲:菌寄生)
朝倉書店   2013年10月   ISBN:9784254171471

講演・口頭発表等

 
稲こうじ病菌の圃場中における感染生態
田中 栄爾
日本マイコトキシン学会   2014年9月   
子嚢菌Aciculosporium takeによって形成されるタケ類の"てんぐ巣病徴"  [招待有り]
田中 栄爾
北陸合同バイオシンポジウム   2013年11月   
イネいもち病菌が産生するオーキシンは感染に関与しているか [招待有り]
田中 栄爾
平成25年度植物感染生理談話会   2013年8月20日   
東アジア産植物寄生性バッカクキン科菌類の分類および生態に関する研究
田中 栄爾
日本菌学会大会   2007年5月   

Works

 
国立科学博物館 国内プロジェクト 皇居の生物層の調査研究(隊員・菌類)
1999年
国立科学博物館 海外プロジェクト 中国横断山脈の隠花植物の種多様性の解析(隊員・ネパールの菌類調査)E
1998年

競争的資金等の研究課題

 
昆虫から植物へーバッカクキン科菌類の進化過程解明と生物資源としての日本産菌株確立
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 田中 栄爾
植物病原糸状菌が産生するオーキシンのビオトロフィック状態での侵入菌糸伸展への役割
科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 田中 栄爾
植物病原系状菌の組織内伸展機構の解明-外生オーキシンの役割
特別研究員奨励費
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 田中 栄爾
稲こうじ病菌の感染生態
代表者: 田中 栄爾