牛山 素行

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/23 03:07
 
アバター
研究者氏名
牛山 素行
 
ウシヤマ モトユキ
eメール
omushiyipc.shizuoka.ac.jp
URL
http://disaster-i.net
所属
静岡大学
部署
防災総合センター
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学), 博士(農学)(岐阜大学(信州大学配置))
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年
信州大学 農学研究科 森林工学専攻
 
 
 - 
1996年
岐阜大学 連合農学研究科 生物環境科学専攻(信州大学配置)
 
 
 - 
1991年
信州大学 農学部 森林工学科
 

受賞

 
2006年2月
日本気象協会平成17年度気象に関する懸賞論文優秀賞 (課題名:豪雨防災情報に関わる課題の検出法に関する提案)
 
2003年9月
平成15年度日本自然災害学会 学術賞 (課題名:近年の豪雨災害の特徴およびインターネットによる災害情報に関する研究)
 
2009年10月
2009年度日本災害情報学会 廣井賞(学術的功績分野) (課題名:廣井賞(学術的功績分野))
 

論文

 
発生場所別に見た近年の豪雨災害による犠牲者の特徴
(vol)(11) 81-89   2013年4月   [査読有り]
1991年3月23日長野県中部で発生した雨氷現象の特徴
(vol)40((num)1) 47-54   1993年1月   [査読有り]
簡易雨量計の試作と比較観測
(vol)8((num)5) 492-498   1995年9月   [査読有り]
パソコン通信による双方向災害情報利用に関する提言 -台風9313号を事例として-
(vol)14((num)2) 147-159   1995年10月   [査読有り]
1997年鹿児島県出水市針原川土石流時の豪雨の特徴
(vol)50((num)4) 25-29   1997年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
地図に見る長野県の風土II
牛山 素行 (担当:共著)
信濃教育会出版   1999年5月   
身近な気象・気候調査の基礎
牛山 素行 (担当:編者)
古今書院   2000年2月   
長野県の自然と暮らし
牛山 素行 (担当:共著)
信濃毎日新聞社   2002年10月   
日本自然災害学会監修:防災事典
牛山 素行 (担当:共著)
築地書館   2002年2月   
砂防学会編:改訂 砂防用語集
牛山 素行 (担当:共著)
山海堂   2004年12月   

講演・口頭発表等

 
局地的降水現象の表現方法について -1988年8月27・28日の長野県伊那地区の降水を事例として-
牛山 素行
日本気象学会   1989年5月   
雨氷現象発生日の気象状況について -第一報 1989年2月25・26日長野県東信地区における事例解析-
牛山 素行
日本気象学会   1990年5月   
異常気象・災害記録に見るわが国の雨氷現象 -雨氷現象による森林災害の研究 第二報-
牛山 素行
日本気象学会   1991年5月   
雨氷現象による森林災害について -長野県地域での発生事例から-
牛山 素行
長野県地理学会   1991年8月   
1991年3月23日長野県に発生した雨氷現象 -雨氷現象による森林災害の研究 第三報-
牛山 素行
日本気象学会   1991年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
客観的根拠に基づく津波防災情報及び豪雨防災情報のあり方に関する研究」
基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月