津田 直則

J-GLOBALへ         更新日: 13/10/11 17:18
 
アバター
研究者氏名
津田 直則
 
ツダ ナオノリ
所属
桃山学院大学
部署
経済学部 経済学科
職名
教授
学位
経済学修士(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
現在
桃山学院大学 教授
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本経済政策学会  理事
 
2003年
   
 
社会・経済システム学会  会長、理事、編集委員
 

論文

 
資本主義経済体制を超えて
津田 直則
にじ   (642) 73-82   2013年8月
労働者自主管理と連帯社会への展望
津田 直則
ロバート・オーエン協会年報   (37) 20-31   2013年   [査読有り]
競争社会から連帯社会へ-協同組合とNPOの役割-
津田 直則
ウオロ   (480) 13-15   2012年11月   [査読有り]
モンドラゴン協同組合-連帯が築くもう一つの経済体制-
津田 直則
世界   255-262   2012年11月   [査読有り]
イタリア協同組合-エミリア・ロマーニャ州と協同組合の首都イモラ-
津田 直則
協同の発見   (240) 66-75   2012年7月
『社会変革の協同組合と連帯システム』の方法論
津田 直則
にじ   (637) 67-75   2012年3月
社会変革の協同組合と連帯社会への展望
津田 直則
社会運動   (383) 7-13   2012年1月
イタリア協同組合から学ぶ-労働者協同組合の伝統-
津田 直則
にじ   (635) 39-49   2011年9月
非営利価値を基礎にした地域社会の再生・発展
津田 直則
にじ   (632) 81-89   2010年12月
生協の連帯組織を見る今日的視点
津田 直則
生活協同組合研究   (408) 5-11   2010年1月
新たな社会経済システムへの展望-協同組合を中心として-
津田 直則
国際公共研究   (21) 62-68   2010年   [査読有り]

Misc

 
ボルボ・ウッデバラとGM・サターン-共同決定と効率,人間的労働と効率
社会・経済システム   (17) 41-46   1998年
協同組合と支援機構
社会・経済システム   (15) 39-44   1996年
産業民主主義-参加,パートナーシップ,自主管理-
社会・経済システム   (13) 62-67   1994年
所有権と決定権-企業民主主義の効率性とシステム変革-
日本経済政策学会年報   (45) 81-84   1997年
企業における民主主義と効率
日本学術会議経済政策研究連絡委員会シンポジウム   73-87   1998年

書籍等出版物

 
社会変革の協同組合と連帯システム
津田 直則
晃洋書房   2012年8月   
誰も切らない、分けない経済
津田 直則 (担当:共著)
同時代社   2009年   
計画と市場(共著)
勁草書房   1981年   
現代経済体制と経済政策(共著)
晃洋書房   1991年   
スペイン・モンドラゴンの協同組合連動-民主主義と効率-
コープこうべ生協研究機構協同組合双書   1994年   

Works

 
コープこうべにおける生協総合評価の方法の開発
1993年
生協総合評価の方法の開発
1993年

競争的資金等の研究課題

 
参加の経済学
生協総合評価の方法の開発
研究期間: 1993年   
非営利価値を重視した南大阪の再生
研究期間: 2003年