山本 眞由美

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/19 14:02
 
アバター
研究者氏名
山本 眞由美
 
ヤマモト マユミ
所属
岐阜大学
部署
保健管理センター
職名
教授
学位
医学博士(岐阜大学), 経営学修士(南フロリダ大学(米国合衆国))
その他の所属
岐阜大学

プロフィール

研究テーマ:
糖尿病ならびに糖尿病予備軍の正確な有病率や病態の実態調査研究(Gifu Diabetes Study)
大学生の健康増進、健康管理に関する研究(食事実態調査、肥満と生活習慣病など)

日本糖尿病学会専門指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医

研究分野

 
 

経歴

 
2012年9月
 - 
現在
柳戸地区事業場 産業医
 
2012年4月
 - 
現在
岐阜大学保健管理センター センター長
 
2007年
 - 
現在
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学 専攻教授
 
2004年
 - 
現在
岐阜大学保健管理センター 教授
 
2004年
 - 
現在
岐阜大学医学部附属病院糖尿病代謝内科 併任教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学 専攻長
 
2003年
 - 
2004年
岐阜大学医学部附属病院 講師
 
1998年7月
 - 
2003年
岐阜大学医学部内分泌代謝病態学 助手
 
1995年7月
 - 
1998年6月
南フロリダ大学医学部生化学・内科 ポスドクフェロー
 
1993年6月
 - 
1995年6月
岐阜大学医学部附属病院病院第三内科 医員
 

学歴

 
1996年6月
 - 
1998年5月
南フロリダ大学大学院 医療経営学修士 
 
 
 - 
1995年
岐阜大学  医学博士
 
1981年4月
 - 
1987年3月
岐阜大学 医学部 医学科卒
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
現在
日本糖尿病情報学会  評議員
 
2014年6月
 - 
現在
岐阜県国民健康保険団体連合会保健事業支援・評価委員会  評価委員
 
2014年
 - 
現在
東海学校保健学会  第57回東海学校保健学会総会会長
 
2013年9月
 - 
現在
東海学校保健学会  理事
 
2013年
 - 
現在
全国大学保健管理協会  国際連携委員会委員長
 
2012年6月
 - 
現在
全国大学保健管理協会  理事
 
2012年4月
 - 
現在
岐阜県食育推進会議  委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本内分泌学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
岐阜県医師会  代議員
 
2011年11月
 - 
現在
国立大学法人保健管理施設協議会  国際交流特別委員会委員長
 

受賞

 
1996年6月
米国内分泌学会Travel Award
 
1998年5月
南フロリダ大学リサーチデイSuperior Presentation Award
 
2009年6月
岐阜大学 平成21年度岐阜大学職員表彰
 
2013年8月
世界女医会 第29回世界女医会 優秀発表
 
2015年6月
岐阜大学 優秀教員表彰
 

論文

 
スキルアップグループセミナーの実践
堀田亮、西尾彰泰、船越高樹、石垣倫子、岩田英孝、加藤典子、服部美和子、山本眞由美
岐阜大学教育推進・学生支援機構年報   (2) 156-167   2016年11月
南フロリダ大学の学生支援:学生相談室・障害学生支援室の視察報告
堀田亮、西尾彰泰、佐渡忠洋、中川克、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   53(2) 175-180   2016年5月   [査読有り]
米国大学保健管理協会 年次学術集会(2015年)における成果報告 -国際連携委員会より-
山本眞由美、西尾彰泰、守山敏樹、高橋裕子、中川克
CAMPUS HEALTH   53(2) 169-174   2016年5月   [査読有り]
大学生の基礎学力と体重・運動・読書習慣の関連-2年間の追跡調査を用いて-
堀田亮、西尾彰泰、磯村有希、宮地幸雄、加納亜紀、高井郁恵、邦千富、野邑真子、堀田容子、山口美紀、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   53(2) 151-156   2016年5月   [査読有り]
大学生の食生活に関する実態調査
磯村有希、西尾彰泰、堀田亮、大島由美子、高井郁恵、邦千富、野邑真子、堀田容子、山口美紀、加納亜紀、宮地幸雄、山本眞由美、公益社団法人岐阜県栄養士会
CAMPUS HEALTH   53(2) 97-102   2016年5月   [査読有り]
学生健康管理システム構築の経験より -保健管理業務に求められるマネジメント機能 -
山本眞由美、西尾彰泰
CAMPUS HEALTH   53(2) 21-26   2016年5月   [査読有り]
高校生・大学生の妊娠・出産に関する知識量とDVD教材視聴による教育効果の検討
西尾彰泰、堀田亮、吉川弘明、松浦賢長、林芙美、猪飼周平、佐渡忠洋、加納亜紀、磯村有希、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   53(1) 211-213   2016年3月
全学生を対象とした栄養個人指導の実施経験
山本眞由美、磯村有希、堀田亮、高井郁恵、邦千冨、野邑真子、堀田容子、山口美紀、加納亜紀、西尾彰泰、公益社団法人岐阜県栄養士会
CAMPUS HEALTH   53(1) 196-198   2016年3月
Negative effect of a previous diagnosis of diabetes on quality of life in a Japanese population: The Gifu Diabetes Study.
Nonoyama Y, Yamamoto M, Oba S, Nagata C, Matsui K, Takeda J, Gifu Diabetes Study Group
Diabetol Int   7(2) 148-154   2016年
高校生を対象とした結婚、出産についての意識調査に関する検討
西尾彰泰、堀田亮、佐渡忠洋、吉川弘明、足立由美、松浦賢長、林芙美、山本眞由美
東海学校保健研究   39(1) 27-35   2015年9月
Prevalence of Mental Illness, Intellectual Disability, and Developmental Disability among Homeless People in Nagoya, Japan – A Case Series Study.
Nishio A, Yamamoto M, Ueki H, Watanabe T, Matsuura K, Tamura O, Uehara R, Shioiri T.
Psychiatry Clin Neurosci   69(9) 534-542   2015年9月
米国大学保健管理協会年次集会2014に参加して
山本眞由美、西尾彰泰、吉川弘明、中川克
CAMPUS HEALTH   52(2) 193-198   2015年5月   [査読有り]
K10とUPIの関連の検討 -より簡便なスクリーニングテスト実施のために-
堀田亮、西尾彰泰、佐渡忠洋、加納亜紀、磯村有希、宮地幸雄、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   52(2) 119-124   2015年5月   [査読有り]
国立大学法人保健管理施設協議会加盟校における食育の実施状況
吉川弘明、足立由美、宮田正和、山本眞由美、守山敏樹、高橋裕子、苗村郁郎
CAMPUS HEALTH   52(1) 476-478   2015年3月
留学生の健康管理に関する全国調査報告-国際連携委員会・国際交流委員会合同調査-
山本眞由美、岩崎泰正、大塚盛男、河邊博史、佐藤武、鈴木眞理、立身政信、富樫整、中川克、西尾彰泰、馬場久光、林多喜王、守山敏樹、吉川弘明
CAMPUS HEALTH   52(1) 467-469   2015年3月
大学生の障害者に関する意識と知識の実態調査
磯村有希、西尾彰泰、堀田亮、高井郁恵、邦千富、神野真子、山口美紀、堀田容子、加納亜紀、宮地幸雄、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   52(1) 455-457   2015年3月
K10とUPIの関連の検討-より有用なスクリーニングテスト実施のために-
堀田亮、西尾彰泰、加納亜紀、磯村有希、宮地幸雄、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   52(1) 382   2015年3月
大学生の夢見に関する調査研究(第二報)-夢見頻度と生活習慣との関連-
佐渡忠洋、西尾彰泰、磯村有希、堀田亮、加納亜紀、高井郁恵、邦千富、神野真子、堀田容子、山口美紀、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   52(1) 338-340   2015年3月
「AIDS HANDBOOK 2014」の有用性に関する他施設共同調査
岸川秀樹、中野功、馬場久光、今関文夫、潤間励子、鎌野寛、木谷誠一、羽賀將衛、山本和彦、宮川八平、阿部博友、三宅仁、上田孝典、山本眞由美、山本祐二、宮田正和
CAMPUS HEALTH   52(1) 238-240   2015年3月
大学生における結婚、出産についての意識調査-大学の健康教育で何を教えるべきか?
西尾彰泰、堀田亮、佐渡忠洋、吉川弘明、足立由美、松浦賢長、猪飼周平、高田昌代、林芙美、加納亜紀、磯村有希、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   52(1) 154-156   2015年3月
日本で制作されたインクブロット図版の歴史的検討
佐渡忠洋、西尾彰泰、伊藤宗親、山本眞由美
ロールシャッハ法研究   19 37-47   2015年
Relationship between mental illness of intellectual disability and homeless life.
Nishio A, Horita R, Sado T, Ueki H, Mizutani S, Watanabe T, Matsuura K, Tamura O, Uehara R, Yamamoto M.
International Federation of Environmental Health   147-151   2015年
Prevalence of Mental Illness, Intellectual Disability, and Developmental Disability among Homeless in Nagoya City, Japan.
Nishio A, Horita R, Sado T, Ueki H, Mizutani S, Watanabe T, Matsuura K, Tamura O, Uehara R, Yamamoto M.
Asia-Pacific Psychiatry   7 3-5   2015年
名古屋市におけるホームレスのメンタルヘルス実態調査 -精神・知的障害がホームレスに至った原因や抜け出せない理由に与える影響-
西尾彰泰、堀田亮、佐渡忠洋、水谷聖子、渡邊貴博、松浦健伸、田村修、植原亮介、山本眞由美
社会医学研究   32(2) 103-110   2015年
岐阜大学におけるスモークフリーキャンパス実現への取り組み
山本眞由美
岐阜大学教育推進・学生支援機構年報   (1) 127-135   2015年
Prevalence of mental illness, cognitive disability, and their overlap among the homeless in Nagoya, Japan.
Nishio A, Yamamoto M, Horita R, Sado T, Ueki H, Watanabe T, Uehara R, Shioiri T.
PLOS ONE   1-11   2015年   [査読有り]
2013年米国大学保健管理協会年次集会に参加して
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(2) 233-238   2014年5月
生活習慣病・メタボリック症候群
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(2) 27-32   2014年5月
全国大学保健管理協会(JUHA)と米国大学保健管理協会(ACHA)の交流経過報告
山本眞由美、西尾彰泰、吉川弘明、中川克、林多喜王、佐藤武、河邊博史、守山敏樹、鈴木眞理、馬場久光、鎌野寛、大塚盛男、冨樫整、立身政信
CAMPUS HEALTH   51(1) 584-586   2014年3月
教員による障害学生支援のニーズ実態調査の報告
磯村有希、西尾彰泰、佐渡忠洋、臼井るり子、高井郁恵、邦千富、堀田容子、松永美紀、加納亜紀、宮地幸雄、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(1) 578-580   2014年3月
大学生の夢見に関する調査研究 -夢見頻度と質問紙との関連-
佐渡忠洋、西尾彰泰、磯村有希、加納亜紀、宮地幸雄、高井郁恵、松永美紀、邦千富、堀田容子、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(1) 572-574   2014年3月
岐阜県下大学生のSOC(Sence of Coherence)に関する実態調査
西尾彰泰、佐渡忠洋、加納亜紀、磯村有希、臼井るり子、高井郁恵、邦千富、堀田容子、松永美紀、浅野千保、加藤義弘、安藤和子、河田紀子、齋藤さおり、田中浩子、塩内美香、片岡祐美、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(1) 527-529   2014年3月
大学教職員における感染症4種抗体価の検討
加納亜紀、松永美紀、西尾彰泰、臼井るり子、高井郁恵、邦千富、堀田容子、佐渡忠洋、磯村有希、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   51(1) 256-258   2014年3月
禁煙のためのポピュレーションアプローチ
山本眞由美
呼吸   33(3) 248-251   2014年3月
Active and passive exposure to tobacco smoke in relation to insulin sensitivity and pancreatic b-cell function in Japanese subjects.
Oba S, Suzuki E, Yamamoto M, Horikawa Y, Nagata C, Takeda J.
DIABETES&METABOLISM      2014年
生涯健康の基礎を築く学校保健活動
山本眞由美
東海学校保健研究   38(1) 1-2   2014年
メトホルミン塩酸塩による下痢発現のリスク要因の解析と下痢予防のための対策立案
岡安伸二、堀聡納、北市清幸、諏訪哲也、堀川幸男、山本眞由美、武田純、伊藤善規
医療ジャーナル   49(6) 1533-1540   2013年6月
BMIと自我強度尺度およびUPIとの関連についての検討
佐渡忠洋、田中生雅、西尾彰泰、磯村有希、加納亜紀、臼井るり子、松永美紀、榊原愛、邦千富、堀田容子、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   50(1) 513-515   2013年3月
岐阜大学女性研究者支援「メンター制度」取組と課題
田中生雅、三宅恵子、松井真一、松藤淑美、佐渡忠洋、磯村有希、加納亜紀、林正子、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   50(1) 397-399   2013年3月
大学生の喫煙と飲酒に関する知識と認識の実態調査
磯村有希、田中生雅、西尾彰泰、佐渡忠洋、臼井るり子、邦千富、榊原愛、堀田容子、松永美紀、加納亜紀、宮地幸雄、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   50(1) 383-385   2013年3月
唾液中コルチゾール濃度測定を用いた大学女性職員のストレス調査の試み
加納亜紀、松永美紀、田中生雅、西尾彰泰、佐渡忠洋、磯村有希、臼井るり子、邦千富、榊原愛、堀田容子、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   50(1) 289-291   2013年3月
Hidden Markov model for analyzing time-series health checkup data.
Kawamoto R, Nazir A, Kameyama A, Ichiomiya T, Yamamoto K, Tamura S, Yamamoto M, Hayamizu S, Kinosada Y.
Stud Health Technol Inform   192 491-495   2013年
英国大学保健管理協会(Student Health Association) 第64回年次集会に参加して
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   50(2) 231-235   2013年
Fecal carriage of CTX-M -lactamase-producing Enterobacteriaceae in nursing homes in the Kinki region of Japan.
Ulzii-Orshikh L, Hirai I, Niki M, Nakata A, Yoshinaga A, Yamamoto A, Yamamoto M, Toyoshima H, Kawakami F, Matsuura N, Yamamoto Y.
Infection and Drug Resistance   6 67-70   2013年
Optical screening of diabetes mellitus using non-invasive Fourier-transform infrared spectroscopy technique for human lip.
Yoshida S, Yoshida M, Yamamoto M, Takeda J.
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis   76 169-176   2013年
The Evaluation or Risk Factors Associated with Adverse Drug Reactions by Metformin in Type 2 Diabetes Mellitus.
Okayasu S, Kitaichi K,Hori A, Suwa T, Horikawa Y, Yamamoto M, Takeda J, Itoh Y.
Biol. Pharm. Bull.   35(6) 933-937   2012年6月
留学生の健康管理支援について
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   49(1) 49-52   2012年2月
大学生のAIDS/HIVに関する知識の実態調査
磯村有希、鶴見広美、田中生雅、佐渡忠洋、臼井るり子、高井郁恵、加納亜紀、宮地幸雄、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   49(1) 408-410   2012年2月
回答方法の変化がUPI得点に与える影響についての検討
佐渡忠洋、田中生雅、磯村有希、宮地幸雄、臼井るり子、高井郁恵、加納亜紀、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   49(1) 268-270   2012年2月
大学生の健康への取り組みとQOL
田中生雅、佐渡忠洋、磯村有希、加納亜紀、臼井るり子、高井郁恵、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   49(1) 258-260   2012年2月
大学でのメンタルヘルスに係るトラブルとリスク管理上の課題
田中生雅、佐渡忠洋、山本眞由美
愛知教育大学保健環境センター紀要   11 35-39   2012年
本邦におけるロールシャッハ法に関する文献一覧 -1959年までの黎明期-
佐渡忠洋、田口多恵、伊藤宗親、田中生雅、山本眞由美
岐阜大学カリキュラム開発研究   29(1) 24-38   2012年
日本におけるロールシャッハ法黎明期の研究の特徴
佐渡忠洋、伊藤宗親、田中生雅、山本眞由美
岐阜大学カリキュラム開発研究   29(1) 39-45   2012年
バウムの描画プロセスに関する研究:バウムはどこから描かれ、幹はどのように構成されるのか
佐渡忠洋、鈴木壯、田中生雅、山本眞由美
臨床心理身体運動学研究   14(1) 59-68   2012年
モバイルコミュニケーションシステムを利用した大学におけるインフルエンザ予防
福重八恵、三浦徹志、前田利之、山本眞由美、安藤憂紀、淺田孝幸
シンポジウム「モバイル11」      2011年3月
南フロリダ大学のStudent Health Service(保健管理センター)とThe Counseling Center(カウンセリングセンター)を視察して
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   48(2) 231-236   2011年3月
American College Health Association (米国大学保健管理協会)の紹介
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   48(2) 228-230   2011年3月
モバイルコミュニケーションシステムを利用した大学生の体重コントロール指導
山本眞由美、福重八恵、仲村渠砂絵子、安藤憂紀、淺田孝幸、前田利之
CAMPUS HEALTH   48(2) 97-101   2011年3月
岐阜大学1年生における肥満度と血液検査および生活習慣の関連
小藪博史、春日晃章、山本眞由美、福富恵介、窪田泰三、佐渡忠洋、山脇恭二
岐阜大学教育学部研究報告=自然科学=   35 153-159   2011年3月
大学生の体力における生活習慣の複合的関連
窪田泰三、春日晃章、長屋和将、山本眞由美、佐渡忠洋、福富恵介、小藪博史
岐阜大学教育学部研究報告=自然科学=   35 141-146   2011年3月
大学学部新入生のUPI結果と体格指数(BMI)の関係についての検討
佐渡忠洋、田中生雅、磯村有希、加納亜紀、宮地幸雄、臼井るり子、野口佳代、大森弘美、稲垣都亘子、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   48(1) 458-460   2011年2月
流行性ウイルス感染症調査票による自主的予防接種実施勧奨効果について
臼井るり子、野口佳代、野田智子、稲垣都亘子、高井郁恵、大森弘美、佐渡忠洋、浅田修市、加納亜紀、田中生雅、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   48(1) 237-238   2011年2月
事後指導で抽出し、生活指導のみで正常化した若年境界型糖尿病の一例
山本眞由美、飯塚勝美、田中生雅、加納亜紀、臼井るり子、野口佳代、岩田美知絵、大森弘美、高井郁恵、佐渡忠洋、浅田修市、清水克時、武田純
CAMPUS HEALTH   48(1) 223-225   2011年2月
大学における子宮頸がん予防教育の普及に関する連携研究の試み
高橋裕子、守山敏樹、藤本繁雄、山本眞由美、川村孝、小西郁生
CAMPUS HEALTH   48(1) 160-162   2011年2月
大学生の健康に対する取り組みと効果に関する検討
田中生雅、佐渡忠洋、磯村有希、宮地幸雄、臼井るり子、加納亜紀、大森弘美、野口佳代、山本眞由美、清水克時、
CAMPUS HEALTH   48(1) 141-143   2011年2月
大学生を対象とした健康啓発セミナーの経験と評価
磯村有希、佐渡忠洋、田中生雅、臼井るり子、高井郁恵、岩田美知絵、野口佳代、大森弘美、大島由美子、加納亜紀、浅田修市、宮地幸雄、清水克時、山本眞由美
CAMPUS HEALTH   48(1) 138-140   2011年2月
教育情報と健康情報の統合化に関する研究 -大学生の学業成績と定期健康診断の受診との関係に関する調査結果を中心として-
福重八恵、佐藤希代巳、樽見智美、山本眞由美
教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集   22-23   2011年
ソンディ・テストの本邦における文献一覧表(1950-2009年)
佐渡忠洋、田中生雅、山本眞由美、緒賀郷志
岐阜大学教育学部研究報告=人文科学=   59(1) 147-158   2010年10月
個別法と集団法で行ったバウムテスト結果の印象の相違-マッチング法と印象評定、検査者体験から-
佐渡忠洋、坂本佳織、田中生雅、山本眞由美、緒賀郷志
岐阜大学教育学部研究報告=人文科学=   59(1) 139-146   2010年10月
糖尿病にみられる味覚・食欲異常
山本眞由美
栄養 -評価と治療   27 29-32   2010年8月
大学生の肥満に関する実態調査~将来の健康生涯を防ぐための青年期の健康サポートはどうあるべきか~
山本眞由美
岐阜県医師会医学雑誌   23 67-73   2010年6月
大学の禁煙推進の取り組みと学生の喫煙率変化 -10年の取り組みを経過して-
山本眞由美、田中生雅、佐渡忠洋、清水克時
学校保健研究   52(1) 71-74   2010年4月
大学生の健康に対する取り組みと生活環境に関する検討
田中生雅、佐渡忠洋、磯村有希、宮地幸雄、臼井るり子、田中優司、塩入俊樹、山本眞由美、清水克時
CAMPUS HEALTH   47(2) 97-102   2010年3月
内部障害をかかえる学生の支援
山本眞由美
CAMPUS HEALTH   47(2) 36-41   2010年3月
回答方法がUPI結果へ与える影響 -自己記入式とWeb回答との比較
佐渡忠洋、田中生雅、宮地幸雄、磯村有希、臼井るり子、高井郁恵、端元加奈子、岩田美知絵、野口佳代、野田智子、山本眞由美、清水克時
CAMPUS HEALTH   47(1) 340-342   2010年2月

Misc

 
女性医師専門医育成・再教育(JES We Can)便り−日本医師会 女性医師支援センター大学医学部・医学会女性医師支援担当者連絡会の報告
山本眞由美
日本内分泌学会雑誌   93 58-59   2017年4月
山本眞由美
女性研究者研究の「種」のほん   21   2017年3月
文部科学省科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)「清流の国 輝くギフジョ 支援プロジェクト」
寄贈図書一覧にて大学生の健康ナビ2016を紹介
山本眞由美
岐阜大学図書館報寸胴   (55) 4   2016年10月
ヘルスサポート事業 支援・評価委員も応援しています
山本眞由美
岐阜の国保   323 5   2016年10月
清流の国 輝くギフジョ支援プロジェクト通信   2 2   2016年6月

書籍等出版物

 
大学生の健康ナビ -キャンパスライフの健康管理-
岐阜新聞社   2009年   
Peptide Hormones in Pancreas
石塚達夫、山本眞由美、永島寿彦、梶田和男、伊藤康文、山田浩司、村井敏博、青山かおり、井上洋、武田則之、安田圭吾、三浦清. (担当:共著, 範囲:p196-200,脂肪細胞でのインスリンによるプロテインキナーゼC(PKC)活性化に関する検討 -nPKCの活性について-)
BIOMEDICAL RESEARCH FOUNDATION   1992年1月   
Peptide Hormones in Pancreas
永島寿彦、石塚達夫、梶田和男、山本眞由美、谷口治、安田圭吾. (担当:共著, 範囲:p194-198, 脂肪細胞、筋肉組織でのグルココルチコイドによるインスリン感受性低下機構に関する検討.)
BIOMEDICAL RESEARCH FOUNDATION   1993年1月   
ACTH Related Peptides
森田浩之、石塚達夫、山本眞由美、吉田尚司、遠藤順子、柴田敏朗、安田圭吾. (担当:共著, 範囲:p21-26, ACTH産生下垂体腺腫のACTH分泌機構:reserpine、bromocriptine前処置による検討)
1994年1月   
Pathogenesis and treatment of NIDDM and its related problems.
IshizukaT., Taniguchi O., YamamotoM., Kajita K., Nagashima T., Takeda N., Inoue H., Yasuda K. (担当:共著, 範囲:p427-432, Effect of treatment on thrombin-induced platelet aggregation, phosphoinositide metabolism and protein phosphorylation in diabetic patients.)
Elsevier Science B.V.   1994年1月   

講演・口頭発表等

 
「AIDS HANDBOOK 2014」の有用性に関する他施設共同調査
岸川秀樹、中野功、馬場久光、今関文夫、潤間励子、鎌野寛、木谷誠一、羽賀將衛、山本和彦、宮川八平、阿部博友、三宅仁、上田孝典、山本眞由美、山本祐二、宮田正和
第52回全国大学保健管理研究集会   2014年9月   公益社団法人全国大学保健管理協会、学校法人慶應義塾
「海外留学 健康の手引き」利用の勧め 国際連携委員会・国際交流特別委員会合同編集
中川克、佐藤武、西尾彰泰、林多喜王、守山敏樹、吉川弘明、岩崎泰正、鈴木眞理、富樫整、馬場久光、河邊博史、丸谷俊之、山本眞由美
第53回全国大学保健管理研究集会   2015年9月   公益社団法人全国大学保健管理協会、国立大学法人岩手大学
14-3-3 proteinを検討し得たマイコプラズマ感染が原因と思われた急性横断性脊髄炎の一例
三浦淳、山本眞由美、猿井宏、武田則之、安田圭吾、島田武
第185回日本内科学会東海地方会   2001年10月   
1型糖尿病とバセドウ病を合併した2例
舟口祝彦、吉野功二、小島敏弘、柴田敏朗、猿井宏、山本眞由美、武田則之、安田圭吾、森田浩之、石塚達夫
第10回臨床内分泌代謝;Update、   2000年3月   
1型糖尿病とバセドウ病を同時発症したと考えられた1例
舟口祝彦、小島敏弘、柴田敏朗、山本眞由美、武田則之、安田圭吾、森田浩之
第60回日本糖尿病学会中部地方会   1999年11月   

担当経験のある科目

 

Works

 
本邦健常人における薬剤耐性腸内細菌蔓延の実態解明
2010年 - 2011年
大学生のセルフメディケーション及び補完代替医療の利用実態とコストパフォーマンス
2010年 - 2012年
医療組織で携帯端末の活用による医療リスク防止のための研究
2009年
大学生の生涯健康指導必要性の科学的根拠を示す~肥満と将来の糖尿病発症の関係から~
2009年 - 2013年
循環器リスクと耐糖能障害の効率的な健診マーカーの探索
2008年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
「自己血糖測定値を電子カルテ上で運営するシステム開発」企画・運営・実施
岐阜大学: 岐阜大学産官学融合センター「技術交流研究会」活動支援
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 山本 眞由美
「地域における生活習慣病対策を考える会」企画・運営・実施
岐阜大学産官学融合センター「技術交流研究会」活動支援
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 山本 眞由美
ARIの乳癌細胞の増殖や薬剤耐性に与える影響
三和化学: 
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 山本 眞由美
MODY1-6の病態調査と識別的診断基準の策定
日本学術振興会: 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 武田純
MODY1-6の病態調査と識別的診断基準の策定
日本学術振興会: 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 武田純

その他

 
1987年   医師国家資格
日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医
2009年9月   日本内科学会研修指導医
2014年12月   難病指定医
2009年4月   日本病態栄養学会 NSTコーディネーター
2015年4月   国立大学法人岐阜大学シニア教授
日本医師会認定産業医
日本病態栄養学会専門医