徳樂 清孝

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/26 15:06
 
アバター
研究者氏名
徳樂 清孝
 
トクラク キヨタカ
URL
http://www3.muroran-it.ac.jp/tokuraku
所属
室蘭工業大学大学院工学研究科
部署
応用理化学系専攻
職名
准教授
学位
修士(バイオシステム)(筑波大学), 博士(情報工学)(九州工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年3月
 - 
現在
室蘭工業大学 工学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2007年4月
 - 
2011年2月
都城工業高等専門学校 物質工学科 准教授
 
2008年
 - 
2009年
(2008-2009) 国立高等専門学校機構在外研究員(University of Nebraska Medical Center)
 
2003年4月
 - 
2006年3月
都城工業高等専門学校 物質工学科 助教授
 
2000年4月
 - 
2003年3月
都城工業高等専門学校物質工学科 講師
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報科学
 
1994年4月
 - 
1996年3月
筑波大学大学院修士課程 バイオシステム研究科 
 
1992年4月
 - 
1994年3月
九州工業大学 情報工学部 生物化学システム工学
 

論文

 
Ishigaki Y, Tanaka H, Akama H, Ogara T, Uwai K, Tokuraku K
PloS one   8 e72992   2013年8月   [査読有り]
Umeki N, Nakajima J, Noguchi TQ, Tokuraku K, Nagasaki A, Ito K, Hirose K, Uyeda TQ
The Journal of biological chemistry   288 1739-1749   2013年1月   [査読有り]
Noguchi TQ, Komori T, Umeki N, Demizu N, Ito K, Iwane AH, Tokuraku K, Yanagida T, Uyeda TQ
The Journal of biological chemistry   287 24339-24345   2012年7月   [査読有り]
Matsushima K, Tokuraku K, Hasan MR, Kotani S
Journal of biochemistry   151 99-108   2012年1月   [査読有り]
Xu J, Tsutsumi K, Tokuraku K, Estes KA, Hisanaga S, Ikezu T
Journal of neurochemistry   116 192-204   2011年1月   [査読有り]

Misc

 
Taro Q.P. Noguchi, Ryo Toya, Hironori Uenoa, Kiyotaka Tokuraku, Taro Q.P. Uyeda
Biochemical and Biophysical Research Communications   396(4) 1006-1011   2010年
Kiyotaka Tokuraku, Meg Marquardt, Tsuneya Ikezu
PLoS One   4(12) e8492   2009年
Kiyotaka Tokuraku, Rika Kurogi, Ryo Toya, Taro Q P Uyeda
Journal of Molecular Biology   386(1) 149-162   2009年
An Alternatively Spliced Site in the Proline-rich Region of Microtubule associated Protein 4 Plays an Important Role in Microtubule Stabilization
Kiyotaka Tokuraku, Hatsune Moriyama, Kazuyuki Matsushima, and Susumu Kotani
Science Journal of Kanagawa University   19 7-11   2008年
高専 型実践教育の可能性
徳楽清孝
生物物理   (274) 397-401.   2007年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 徳樂 清孝
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 上田 太郎
われわれは、アクチンフィラメントが様々な異なった原子構造をとることにより異なったアクチン結合タンパク質と相互作用し、異なった機能を果たすことができるという仮説の検証を試みた。その結果、張力によりらせんピッチが伸びたアクチンフィラメントはミオシンIIと相互作用しやすいこと、および、ミオシンIIとコフィリンという異なるアクチン結合タンパク質をアクチンフィラメントと共存させると、結合部位が競合しないにもかかわらず、両者はそれぞれ相互排他的にアクチンフィラメントと結合することを見出した。これらはい...
生体分子モーターに関する研究
微小管結合タンパク質に関する研究
アミロイド蛋白質の凝集に関する研究
研究期間: 2008年   

特許

 
常温溶融塩を用いた電気泳動法による希土類およびアルカリ土類元素
特願2004-076644