安井 行雄

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/29 02:44
 
アバター
研究者氏名
安井 行雄
 
ヤスイ ユキオ
所属
香川大学
部署
農学部 生物資源生産学
職名
准教授
学位
農学修士(京都府立大学), 農学士(京都府立大学農学部農学科), 博士(農学)(北海道大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1996年
 日本学術振興会, 特別研究員
 
1993年
 - 
1997年
 北海道東海大学国際文化学部, 非常勤講師
 
1996年
 - 
1997年
 札幌大学法学部, 非常勤講師
 
1997年
 - 
1998年
 京都大学生態学研究センター, COE特別研究員
 
1999年
 - 
2000年
 科学技術振興事業団, 科学技術特別研究員(受け入れ研究機関:環境庁国立環境研究所)
 

学歴

 
 
 - 
1993年
北海道大学 農学研究科 農業生物学
 
 
 - 
1989年
京都府立大学 農学研究科 農学
 
 
 - 
1987年
京都府立大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2011年1月
 - 
2013年12月
 Springer Verlag, 日本動物行動学会, 国際学術雑誌Journal of Ethology (Springer Verlag) 編集長, 編集長
 
2011年
 - 
2013年
日本動物行動学会  Journal of Ethology編集長
 

受賞

 
2000年
日本生態学会宮地賞
 

Misc

 
Sperm competition of Macrocheles muscaedomesticae (Scopoli) (Acarina: Mesostigmata: Macrochelidae), with special reference to precopulatory mate guarding behavior
安井 行雄
Journal of Ethology   6 83-90   1988年
Males of a mite, Macrocheles muscaedomesticae, estimate females value on the basis of her age and reproductive experience
安井 行雄
Journal of Insect Behavior   9 517-524   1996年
A "good-sperm" model can explain the evolution of costly multiple mating by females
安井 行雄
The American Naturalist   149 573-584   1997年
Sperm competition and the significance of female multiple mating in the predatory mite, Parasitus fimetorum
安井 行雄
Experimental & Applied Acarology   21 651-664   1997年
The "genetic benefits" of female multiple mating reconsidered
安井 行雄
Trends in Ecology and Evolution   13 246-250   1998年

書籍等出版物

 
生物学辞典
東京化学同人   2010年   ISBN:9784807907359
生態学事典
共立出版   2003年   
ダニの生物学
東京大学出版会   2001年   
日本動物大百科 8 昆虫I
平凡社   1996年   

講演・口頭発表等

 
An empirical test of polyandry as a bet-hedging strategy
The 13th Congress of the European Society for Evolutionary Biology (ESEB2011)   2011年   
オーストラリアの自然と昆虫
第50回日本昆虫学会四国支部大会   2011年   
The evolution of female multiple mating as a life-history strategy
The 13th International Behavioral Ecology Congress   2010年   
クヌギジュエキダニ(Hericia sanukiensis Fashing and Okabe)の飼育方法
第47回日本昆虫学会四国支部大会   2008年   

Works

 
Evolution of polyandry (female multiple mating)
2010年

競争的資金等の研究課題

 
動物における性選択・配偶行動の進化
研究期間: 1985年   
農業生態系における人為的環境変動に対する生物の進化的応答
研究期間: 1998年 - 2002年
雌の多回交尾の進化
研究期間: 1987年   
精子競争と配偶システムの進化
研究期間: 1987年