坂本 穣

J-GLOBALへ         更新日: 05/12/01 00:00
 
アバター
研究者氏名
坂本 穣
 
サカモト ミノル
所属
山梨大学
部署
大学院医学工学総合研究部 山梨大学 大学院医学工学総合研究部
職名
講師
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2000年3月
   
 
山梨医科大学助手(内科学第1)
 
2002年10月
   
 
山梨大学助手(内科学講座第1教室)
 
2006年4月
   
 
山梨大学講師(肝疾患地域先端医療システム学講座)
 

学歴

 
 
 - 
1994年
山梨医科大学大学院  
 
 
 - 
1990年
山梨医科大学  
 

委員歴

 
2001年1月
 - 
2003年3月
山梨県成人病検診管理指導協議会(肝がん部会) 委員
 
2001年1月
 - 
2003年3月
ICD制度審議会 インフェクションコントロールドクター
 
2007年1月
   
 
日本消化器病学会  甲信越支部評議員
 
2007年1月
   
 
日本肝臓学会 東部会評議員
 
2007年2月
   
 
慢性疾患診療支援システム研究会 理事
 

受賞

 
1994年
ウイルス肝炎研究財団 研究奨励賞
 

Misc

 
インターフェロン治療の著効後に小肝細胞癌が発見されたC型慢性肝炎の1例
松田政徳,藤井秀樹,河野 寛,牧 章,浅川真巳,河口賀彦,國友和善,松本由朗,北村敬利,坂本 穣,赤羽 賢浩
Liver Cancer   6(2) 92-96   2000年
HCVと他の肝炎ウイルスの重感染
坂本 穣,赤羽 賢浩
肝胆膵   43(5) 863-868   2001年
肝疾患におけるインターフェロン治療の新たな展開.肝硬変
坂本 穣,赤羽 賢浩
肝胆膵   45(6) 1027-1032   2002年
膵胆管合流異常に併存しpenetrating型浸潤を伴った胆嚢癌の1症例
板倉 淳,柴 修吾,萩原 英之,藤井 秀樹,深澤 光晴,坂本 穣,柏原 賢治
肝胆膵   931-939   2003年
C型慢性肝炎に対するIFN+ribavirin併用48週投与の有用性
雨宮 史武,岡田 俊一,澤田 威生,北村 敬利,俵 章夫,齊藤 晴久,坂本 穣,榎本 信幸
山梨医学   32 167-169   2004年

書籍等出版物

 
巻頭トピックス 8 C型肝炎ウイルス変異と治療反応性
南江堂   2009年   
薬の選び方・使い方のエッセンス C型慢性肝炎
南山堂   2009年   
ルコール性肝障害 第4章 アルコール性肝障害の診断と治療
最新医学社   2009年   
戸田剛太郎、税所宏光、寺野 彰、幕内雅敏 編集 Annual Review 消化器2000
中外医学社   2000年   
犬山シンポジウム記録刊行会編 高度進行肝細胞癌、生体肝部分移植、B型・C型慢性肝炎治療
中外医学社   2000年   

講演・口頭発表等

 
HBV genotypeとB型慢性肝炎の病態
第86回日本消化器病学会総会   2000年   
小肝細胞癌初回治療時の臨床的特徴と予後の検討ー今後の治療への指針
第86回日本消化器病学会総会   2000年   
最新高速MR画像による小肝細胞癌の画像的特徴ムどの撮像法が適当か?
第86回日本消化器病学会総会   2000年   
唾液中のTTV DNAの検出:新たな感染経路と増殖部位の可能性.(パラレルシンポジウム)
第36回日本肝臓学会総会   2000年   
TTV genotype 1aに対するIFNの抗ウイルス効果と超可変領域の多様性.(パラレルシンポジウム)
第36回日本肝臓学会総会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
臨床肝臓病学,ウイルス肝炎と肝細胞癌(診断,病態解析,治療,予防)
Clinical hepatology; viral hepatitis and hepatocellular carcinoma (diagnosis, biology, treatment, prevention)