児玉 幸子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/09 02:54
 
アバター
研究者氏名
児玉 幸子
 
コダマ サチコ
eメール
kodamainf.uec.ac.jp
URL
http://www.kodama.hc.uec.ac.jp/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
准教授
学位
博士(芸術学) (筑波大学)
科研費研究者番号
10323883

研究分野

 
 

経歴

 
2006年8月
   
 
電気通信大学 助教授
 
2007年4月
   
 
電気通信大学 准教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1989年3月
静岡県立清水東高等学校 理数科 
 
 
 - 
1993年3月
北海道大学 理学部 物理学科
 
 
 - 
1995年3月
筑波大学 芸術研究科 デザイン専攻
 
 
 - 
2000年3月
筑波大学 芸術学研究科 芸術学専攻
 

受賞

 
2008年9月
日本バーチャルリアリティ学会 日本バーチャルリアリティ学会論文賞
 
2006年7月
Accepted for SIGGRAPH 2006 Art Gallery
 
2005年7月
Accepted for the Ninth Annual MadCat Women's International Film Festival USA
 
2005年5月
Accepted for VIDEOEX2005 International Experimentalfilm & Video Festival Switzerland
 
2002年10月
平成14年度情報文化学会芸術賞 Japan
 

論文

 
A Practical Ball Sports Platform Combining Dynamic Body Action with Real-time Computer Graphics during Ball Play
Sachiko Kodama, Shuzo Matsuno, Ryutaro Ogawa, Kenji Inokuchi, Toshio Sato,Takahiro Shida, Taiki Takeno, Eitetsu Komiyama
Proceedings of ACM SIGGRAPH Asia 2015   1 1   2015年11月   [査読有り]
Ferrofluid Sculpture as Biological Aesthetics
Sachiko Kodama, Toshino Iguchi
2015 IASDR Conference: Interplay   1099-1114   2015年11月   [査読有り]
テクノロジーを用いる表現の著作性 -Webを漂流する磁性流体の映像とデザイン資源
児玉幸子、向多美子
日本デザイン学会誌 デザイン学研究特集号   22(2) 46-51   2015年3月   [査読有り][招待有り]
デバイスアートと遊び
児玉幸子
日本バーチャルリアリティ学会誌   19(1) 20-23   2014年3月   [査読有り][招待有り]
"Development of and Experimentation on Deformable Three-Dimensional Figures by the Use of Polystyrene Beads, a Pressure Sensor, and an Air Pump"
Kadri Rebane, Azusa Hakamatsuka, Sachiko Kodama, Yasushi Matoba, Toshiki Sato, Hideki Koike
Smart Material Interfaces: “A Material Step to the Future” ACM ICMI2012 workshop, accepted as full paper,(2012,10)   5   2012年10月   [査読有り]

Misc

 
脈動する磁性流体アート
児玉幸子
別冊日経サイエンス「アートする科学」採録   (211) 6-17   2016年2月   [査読有り][依頼有り]
「私」から生まれる人間
児玉幸子
財形福祉   33(7) 4   2007年7月
脈動する磁性流体アート
児玉幸子
日経サイエンス   (2007-3) 表紙, 30-41   2007年1月
インタラクティブアート論 (最終回)
児玉幸子
『DiVA』芸術科学会編,夏目書房   (9) 93-97   2005年
インタラクティブアート論 (3)
児玉幸子
『DiVA』芸術科学会編,夏目書房   (8) 88-91   2004年

書籍等出版物

 
Playful User Interfaces
Sachiko Kodama, Toshiki Sato, Hideki Koike (担当:共著, 範囲:Smart Ball and a New Dynamic Form of Entertainment)
Springer   2014年3月   ISBN:978-981-4560-96-2
Souls & Machines :Digital Art & New Media
Montxo Algora, Jose Luis de Vicente (eds) (担当:共著, 範囲:Protrude, Flow Breathing CHaos Sculpture Garden)
Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia   2008年   
Matter in the Floating World: Conversations with Leading Japanese Architects and Designers
Blaine Brownell, Sachiko Kodama, et al. (担当:分担執筆, 範囲:Liquid Architecture)
Princeton Architectural Press   2011年3月   
『科学の横道』
佐倉統、児玉幸子、他 (担当:共著, 範囲:科学とアートが一人のなかに共存するわけ)
中公新書   2011年3月   
JAGDA教科書vol.5 コンピュータとデザイン,(分筆:児玉幸子「磁性流体を用いた立体表示のダイナミクス-現象とCGの接点」)
芝山信広他編 (担当:共著)
六耀社   2002年   

講演・口頭発表等

 
E-picture book using multi-directional scrolling and illustrations with visual guidance
Kaghazchi Negar、Kodama Sachiko、Kaneko Masakatsu
第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集   2016年9月14日   
デジタルボールの操作でインタラクティブにサウンドとグラフィックを生成するアプリケーション
永田誠、小宮山瑛鉄、松浦悠、児玉幸子
第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集   2016年9月14日   
「ディスプレイコースター」おもてなしの心を伝えるインタラクティブなコースターの研究
鹿島 千尋、児玉 幸子
Designシンポジウム2014(東京大学)   2014年11月11日   
圧力センサを使った「ディスプレイコースター」のデザイン及び開発
鹿島千尋、児玉幸子
第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2014年9月)   2014年9月17日   
ボール遊びと連動するスマートフォンアプリケーション『InSphire』の開発
田口裕美、児玉幸子
情報処理学会インタラクション2015論文集 5   2014年2月26日   

Works

 
文化庁メディア芸術祭20周年企画展 変える力(アーツ千代田3331)「突き出す、流れる」(映像)、「リボーム」展示
芸術活動   2016年10月 - 2016年11月
「児玉幸子 ―― 磁性流体彫刻とメディアアートのデザイン」展(調布市文化会館たづくり)
芸術活動   2016年8月 - 2016年9月
たづくりアートフェスティバルにおける展示(調布市文化会館たづくり)
芸術活動   2016年3月
研究室で開発したデジタルボールで遊びながら映像・サウンドを連動させるコンテンツ3点を展示した。(協力:プロトタイプ、株式会社ミカサ)
LIVE: Work from the Collections #5, MA Curating and Collections 2014-2015(Chelsea Space, Chelsea College of Arts)
芸術活動   2015年9月 - 2015年9月
Planet No.2, Galerie da-End (Paris), "Ankoku. Matières Noires" Exhibition
芸術活動   2014年11月 - 2014年12月

特許

 
特許第4158146号 : 立体形状表示装置
室村(児玉)幸子、竹野美奈子
特許第5464144号 : ボール及びエンターテインメントシステム
児玉幸子、出田修、小池英樹
United States Patent 8,864,609 : Ball and entertainment system
特許第4765070号 : キャラクタ情報処理方法及びキャラクタ情報処理装置