武曾 恵理

J-GLOBALへ         更新日: 09/10/08 00:00
 
アバター
研究者氏名
武曾 恵理
 
ムソウ エリ
所属
財団法人田附興風会医学研究所
部署
第三研究部(代謝・消化栄養・体液平衡障害研究部門)
職名
研究所副所長,腎臓内科部長,京都大学医学部臨床教授
学位
京都大学医学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都府立医科大学  
 

委員歴

 
 
   
 
日本内科学会 日本腎臓学会 日本透析医学会 日本高血圧学会 日本循環器学会 日本免疫学会 アメリカ腎臓学会 欧州腎臓学会 世界腎臓学会 世界高血圧学会   日本腎臓学会法人評議員
 

Misc

 
Interleukin-12 alters the physicochemical characteristics of serum and glomerular IgA and modifies glycosylation in a ddY mouse strain having high IgA levels.
Nephrol Dial Transplant. 2002 Dec;17(12):2108-16.   Dec:17(12)2108-16    2002年
Broad Antiproliferative Effects of Benidipine on Cultured Human Mesangial Cells in Cell Cycle Phases.
Am J Nephrol   22(5-6)581-586    2002年
Correlation between the severity of clinicopathological parameters and whole blood interferon alpha production acapacity in active phase IgA nephropathy patients.
Nephron   Jan90(1)24-30    2002年
経静脈的ガンマグロブリン療法(IVIg)が効果的であったANCA関連急速進行性腎炎の1症例
Pharma Medica   20(7)118-120    2002年
ネフローゼ(NS)患者における末梢全血のIL-12刺激によるIFN-γ産生能へのTGF-βと酸化LDLの関与の検討
Therapeutic Reseach   23(7)1353-1354    2002年

書籍等出版物

 
わかりやすい内科学 Ⅰ. 疾患編10.移植腎
文光堂   1999年   
1999.
高尿酸血症によるCKDの対応と管理 特集慢性腎臓病(CKD)診療
南山堂   2008年   
90(4)1474-1478、2008

競争的資金等の研究課題

 
慢性糸球体腎炎の発症と進展機構の解明
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
慢性糸球体腎炎の代表であるIgA腎症の病態解明
急速進行性腎炎血管炎における臨床的研究
腎疾患における骨・カルシウム代謝異常に関する研究
糖尿病性腎症の進行機序とその阻止に関する研究