石井 正好

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/22 10:05
 
アバター
研究者氏名
石井 正好
 
イシイ マサヨシ
所属
気象庁 気象研究所
部署
気象庁 気象研究所 気候研究部
職名
室長
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
気象研究所 気候研究部 室長
 
2009年4月
 - 
2017年3月
気象研究所 気候研究部 主任研究官
 
2004年4月
 - 
2009年3月
海洋研究開発機構 地球温暖化予測研究プログラム 主任研究員
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
気象大学校 - 
 

受賞

 
2010年10月
日本気象学会 堀内賞
 
1995年6月
気象庁 長官表彰 海洋4次元データ同化システムの開発
 

論文

 
Hirahara, S., M. Ishii, and Y. Fukuda
Journal of Climate   27 57-75   2014年   [査読有り]
Ishii, M. and M. Kimoto
Journal of Oceanography   65 287-299   2009年   [査読有り]
Ishii, M., M. Kimoto, K. Sakamoto, and S.-I. Iwasaki
Journal of Oceanography   62 155-170   2006年   [査読有り]
Ishii, M., A. Shouji, S. Sugimoto, and T. Matsumoto
Int. J. Climatol.   25 865-879   2005年   [査読有り]
Ishii, M. and M. Kimoto and M. Kachi
Mon. Wea. Rev.   131 51-73   2003年   [査読有り]
石井 正好, 金久 博忠
天気   36 291-302   1989年   [査読有り]

Misc

 
ENSOの予測
石井 正好
気象研究ノート「エルニーニョ・南方振動 (ENSO) 研究の現在」   (228) 65-88   2013年
海面水温ならびに海上気象要素の客観解析データベース: COBE
石井 正好, 小司 晶子, 杉本 悟史, 松本 隆則
月刊海洋 「神戸コレクション --- ディジタル化と研究の展望」   793-797   2003年
Poisson方程式の高速数値解法-PSOR法とマルチグリッド法の紹介-
天気   49(8) 597-606   2002年

競争的資金等の研究課題

 
歴史的海洋表層水温観測データの再整備とその気候学的評価
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2015年7月 - 2018年3月    代表者: 石井 正好