井上 康介

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/03 03:08
 
アバター
研究者氏名
井上 康介
 
イノウエ コウスケ
URL
http://biorobot2.ise.ibaraki.ac.jp/~inoue/
所属
茨城大学
部署
工学部 知能システム工学科
職名
講師
学位
修士(工学)(東京大学), 博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2002年
:東京大学 人工物工学研究センター 研究期間研究員
 
2002年
 - 
2007年
:茨城大学 工学部 システム工学科・助手
 
2007年
   
 
-:茨城大学 工学部 知能システム工学科・助教
 

学歴

 
 
 - 
2002年
東京大学 工学系研究科 精密機械工学専攻
 

委員歴

 
2002年1月
   
 
計測自動制御学会  
 
1997年4月
   
 
日本ロボット学会  
 

受賞

 
2000年
平成12 年度 IMS (Intelligent Manufacturing Systems) 論文賞
 

Misc

 
Iterative Transportation by Multiple Mobile Robots Considering Unknown Obstacles
Kousuke INOUE, Jun OTA, Tamio ARAI
Journal of Robotics and Mechatronics   21(2)    2009年
部分観測環境における複数タスクに対する行動獲得
井上康介, 太田順, 新井民夫
計測自動制御学会論文集   38(7) 641-648   2002年
CPG-based Control of a Simulated Snake-like Robot Adaptable to Changing Ground Friction
Kousuke INOUE, Takaaki SUMI, Shugen MA
Proc. IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2007)   1957-1962   2007年
Neural Oscillator Network-Based Controller for Meandering Locomotion of Snake-Like Robots
Kousuke INOUE, Shugen MA, Chenghua JIN
Proceedings of 2004 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2004)   5064-5069   2004年
Acceleration of Reinforcement Learning by a Mobile Robot using Generalized Rules
Kousuke INOUE, Jun OTA, Tomohiko KATAYAMA, Tamio ARAI
Proceedings of 2000 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2000)   885-890   2010年

書籍等出版物

 
知の創成-身体性認知科学への招待- (原著: R. Pfeifer, C. Scheier: Understanding Intelligence, MIT Press, (1999))
共立出版   2001年   
昆虫ミメティックス ハンドブック
NTS出版   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
複数移動ロボットの協調的繰り返し搬送の制御
研究期間: 1996年   
応用面で重要な基礎的作業の一つである繰り返し搬送を未知・動的環境において複数ロボットにより協調的に実現するための制御手法を提案する.
部分観測環境における移動ロボットの行動獲得
研究期間: 1998年   
部分観測Markov決定過程としてモデル化される,知覚の限定された状況においてロボットが行動を獲得するための手法を提案する.
ロボットの個体発生論的発達のための汎化知識の獲得
研究期間: 1999年   
学習を繰り返しながら,汎化された知識をルールとして蓄積することにより,以後の学習を加速する枠組みを提案する.
CPGに基づくヘビ型ロボットの適応的蛇行運動制御
研究期間: 2003年   
生物のリズム運動制御を司るCPGのモデルに基づいて,環境への適応能力を有したヘビ型ロボットの自律分散制御系を実現する.
粘弾性を有した身体を持つヘビ型ロボットの開発
研究期間: 2005年   
空気圧アクチュエータを人工筋肉として利用することにより,生物と類似した身体ダイナミクスを有するヘビ型ロボットを開発する.