椿 光太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/16 15:44
 
アバター
研究者氏名
椿 光太郎
 
ツバキ コウタロウ
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~tsubaki-k/index.htm
所属
東洋大学
部署
総合情報学部 総合情報学科
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学)
科研費研究者番号
10360166

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
東洋大学  総合情報学部 教授
 
1978年4月
 - 
2002年9月
日本電信電話株式会社 物性科学基礎研究所
 
2002年10月
 - 
2009年3月
東洋大学 工学部  教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京大学 理学系研究科 物理学専攻
 
 
 - 
1976年
東京大学 理学部 物理学
 

書籍等出版物

 
ネットワークと社会
椿 光太郎
社団法人日本機械学会   2008年4月   
「メカトロニクス・ロボット分野のモジュール製品製造現場における中核人材育成事業」では、メカトロニクス分野でモジュール製品の現場技術者に対して、広範な要素部品を統合する能力を涵養し、現場の中核としてマネージメント力を備え、製品ライフサイクルに対する適応能力の高い “潰し”の利く人材を育成する。多様な要素技術課題解決のために広範な要素部品を統合する能力の一つである「ネットワーク・情報」の知識・能力を涵養するために執筆し、ネットワークを利用する技術者を対象とした

講演・口頭発表等

 
Measurements of fine-particle-size using the image processing of laser diffraction image
椿 光太郎
20th Microoptics Conference   2015年10月25日   
微粒子レーザー回折像の画像処理による粒径測定
椿 光太郎
第62回応用物理学会春季学術講演会   2015年3月11日   
イメージセンサーを使用したレーザー回折法による微粒子粒径測定システム
椿 光太郎
第61回応用物理学会春季学術講演会   2014年3月17日   
エレクトライドC12A7の常温強磁性
椿 光太郎
2014年3月3日   
エレクトライドC12A7の常温強磁性
椿 光太郎
第74回応用物理学学術講演会   2013年9月16日   

競争的資金等の研究課題

 
組込み型超小型微粒子粒径測定システムの開発
科学技術振興機構: マッチングプランナープログラム
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 椿 光太郎
GaN2次元電子ガスの輸送現象の研究
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 1998年 - 2005年
量子電子物性制御の研究
その他の研究制度
研究期間: 1995年 - 2003年
カーボンナノチューブの電子物性
経常研究
研究期間: 2003年   
半導体ナノサイエンス
特別研究

特許

 
特願2013-156632 : 粒径測定装置および粒径測定方法
椿 光太郎、荒井 政彦
特願2005-033877 : 局所的巨大磁場発生装置
椿 光太郎
特願2004-000564 : 電圧発生方法および電圧発生装置
椿 光太郎
特願2003-384114 : モノリシック集積回路用コイルの作製方法およびモノリシック集積回路
椿 光太郎
液相エピタキシャル成長法
1396420
電界効果トランジスター
1465558
半導体スィッチング装置
2544476

社会貢献活動

 
民生用カメラを使用した携帯型微粒子粒径計測装置
【司会】  Japan Science and Technology Agency  Inovation Japan 2015  2015年8月27日 - 2015年8月28日

その他

 
2006年
産学協同教育センター社会人講座
講義「ネットワーク」
2005年
私立大学等研究設備整備費等補助金選定委員
2005年
局所的巨大磁場発生装置(特許)
2005-033877
2004年
日本学術振興会外国人招聘研究者
テーマ「カ-ボンナノチュ―ブおよび関連化合物における近藤効果」
2004年
電圧発生方法および電圧発生装置(特許)
2004-564