前村 佳幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/01 22:18
 
アバター
研究者氏名
前村 佳幸
 
マエムラ ヨシユキ
所属
琉球大学
部署
教育学部 学校教育教員養成課程 社会科教育専修
職名
准教授
学位
博士(歴史学)(名古屋大学文学研究科), 修士(史学地理学専攻)(名古屋大学文学研究科)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 
  • 史学 / 日本史 / 近世琉球の典籍文化
  • 史学 / 東洋史 / 宋代以降の地方統治と地域社会

経歴

 
2007年4月
   
 
- , 琉球大学 教育学部 社会科教育講座 准教授
 

論文

 
近世琉球の先王廟と宗廟における昭穆観念
前村 佳幸
琉球大学教育学部紀要   91 17-28   2017年9月
近世琉球の父系家統継承原理における“異例”の考察
前村 佳幸
琉球大学教育学部紀要   (90) 51-67   2017年2月
『遺老説伝』と慶世村恒任『宮古史伝』における類似説話
前村 佳幸
琉球大学教育学部紀要   (89) 1-13   2016年9月
沖縄県の小学校と地域の児童を対象とした紙漉き体験授業の実践
前村 佳幸,仲間 伸恵,岡本 牧子,福田 英昭,片岡  淳
琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要   (23) 1-17   2016年3月
清代における江西省東部広信府の人口について
前村 佳幸
琉球大学教育学部紀要   (88) 19-30   2016年2月

Misc

 
書評:現代中国の変容と〝社会科〟構築の模索:郭雯霞著『中日両国小学社会課的比較研究―一個社会認識教育論的視角』を読む
前村 佳幸
琉球大学教育学部紀要   72 285-295   2008年

書籍等出版物

 
『名公書判清明集』(官吏門)訳注稿〈下〉
前村 佳幸 (担当:共訳)
2010年9月   
宋代人の認識―相互性と日常空間―
宋代史研究会 (担当:共著, 範囲:烏青鎮の内部構造―宋代江南市鎮社会分析)
汲古書院   2001年   ISBN:4-7629-2658

講演・口頭発表等

 
沖縄県の学校教育における紙漉きと紙製品づくりの展望―基盤づくりと実践
前村 佳幸
日本教育情報学会第29回年会   2013年11月9日   
琉球史書における王統の記録と記憶 [招待有り]
前村 佳幸
東アジア地域世界における“実録”研究会   2011年12月   科研費基盤研究B「近代帝王記録の叙述」研究代表者 中見立夫
中国端午節小考―江南・宋代の視点から [招待有り]
前村 佳幸
2011年6月   中国民俗学会 嘉興市人民政府
「2011端午習俗国際学術検討会(嘉興)論文集」(プロシーディング)に中国語訳掲載(畢雪飛氏訳)。

競争的資金等の研究課題

 
「琉球王国評定所文書」及び近世先島地方公文書の料紙に関する基礎的研究
日本学術振興会: 平成25年度科学研究費助成事業 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 前村 佳幸
球陽外巻『遺老説伝』の総合的研究
日本学術振興会: 平成25年度科学研究費助成事業 基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 前村 佳幸
久米島町久米島における球陽写本の研究
公益信託宇流麻学術研究助成基金: その他の研究制度
研究期間: 2011年7月 - 2012年3月
『遺老説伝』が示す近世琉球の歴史的特色
財団法人福武学術文化振興財団: その他の研究制度
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 前村 佳幸
宋代の地方志
文部科学省: 研究拠点形成費等補助金
研究期間: 2003年2月 - 2007年3月    代表者: 佐藤 彰一
名古屋大学文学研究科21世紀COEプログラム「統合テクスト科学の構築」における課題研究とその発展研究。