占部 裕典

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/14 03:03
 
アバター
研究者氏名
占部 裕典
 
ウラベ ヒロノリ
所属
同志社大学
部署
司法研究科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(法学)(神戸大学), LL.M(エモリー大学), 法学修士(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
エモリー大学 School of Law 
 
 
 - 
1988年
神戸大学 法学研究科 
 
 
 - 
1985年
神戸大学 法学研究科 
 
 
 - 
1977年
神戸大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
 
   
 
信託法学会  理事
 
 
   
 
日本税法学会  理事
 
 
   
 
租税法学会  理事
 

受賞

 
2003年
日本公認会計士協会学術賞(『租税法の解釈と立法政策(I)(II)』に対して)
 
1995年
日本租税資料館賞(『イギリス信託・信託税制研究序説』に対して)
 
1991年
日税研究賞奨励賞(『国際租税法の研究』に対して)
 

Misc

 
『国際的企業課税法の研究』(単著)
占部 裕典
信山社      1998年
『租税債務確定手続』(単著)
占部 裕典
信山社      1998年
『信託課税法』(単著)
占部 裕典
清文社      2001年
『租税法の解釈と立法政策(I)』(単著)
占部 裕典
信山社      2002年
『租税法の解釈と立法政策(II)』(単著)
占部 裕典
信山社      2002年

書籍等出版物

 
『判例分析ファイル Ⅰ(所得税編)』
税務経理協会   2006年   
『判例分析ファイル Ⅱ(法人税編)』
税務経理協会   2006年   
『判例分析ファイル Ⅱ(消費税・相続税編)
税務経理協会   2006年   
『実務家のための税務相談(民法編)(2版)』
有斐閣   2006年   
新井誠編『高齢社会における信託と遺産承継』第2章所収「高齢化社会における信託税制・相続税制のあり方」(61頁~134頁)
日本評論社   

Works

 
納税協会連合会税制研究
1991年 - 2001年
「アジアにおける多国籍企業の国際取引と国際租税戦略」神戸学院大学共同研究
1995年 - 1996年
関西大学法学研究所(「金融と法」文部省学術フロンティア共同研究)国際課税班研究員
2000年
財団法人トラスト60「遺言信託」研究
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
租税法