岩野 祐介

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 03:47
 
アバター
研究者氏名
岩野 祐介
 
イワノ ユウスケ
所属
関西学院大学
部署
神学部
職名
教授
学位
学士(京都大学), 修士(文学)(京都大学), 博士(文学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
2016年3月
関西学院大学 神学部 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
関西学院大学 神学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
京都大学 文学研究科 キリスト教学専修
 

受賞

 
2013年9月
キリスト教史学会 キリスト教史学会学術奨励賞 無教会としての教会―内村鑑三における「個人・信仰共同体・社会」
 

論文

 
「内村鑑三の「近代批判」と再臨運動 ―社会から個人へ、そして再び社会へ―」
岩野 祐介
『基督教学研究 第二十四号』   ((京都大学基督教学会))    2004年12月
「内村鑑三における信仰と愛との関連―個人の信仰、隣人愛から社会性へ―」
岩野 祐介
『基督教学研究 第二十六号』   ((京都大学基督教学会))    2006年12月
「内村鑑三における、人間の自己と神の義の問題―エレミヤの召命物語解釈に基づく考察を中心に―」
岩野 祐介
特定非営利活動法人 今井館教友会   (内村鑑三研究懸賞論文集)    2008年6月   [査読有り]
「内村鑑三における万人救済論」
岩野 祐介
『神学研究』   (第56) 105-119   2009年3月
「内村鑑三における祈りの問題」
岩野 祐介
『内村鑑三研究』   (第四二) 68-94   2009年4月

Misc

 
「座古愛子のキリスト教理解と信徒伝道」
岩野 祐介
『アジア・キリスト教・多元性』, 第10号, 75-90      2012年3月
三浦永光著『現代に生きる内村鑑三―人間と自然の適正な関係を求めて―』
岩野 祐介
「キリスト教史学」   (第66)    2012年7月

書籍等出版物

 
『比較宗教学への招待 ―東アジアの視点から―』第五章 近代 ―「異文化との出会い」としてのキリスト教受容―(89頁~113頁)
岩野 祐介 (担当:共著)
晃洋書房   2006年4月   
『多元的世界における寛容と宗教性―東アジアの視点から―』 第Ⅱ部第2章 内村鑑三における隣人愛思想
岩野 祐介 (担当:共著)
晃洋書房   2007年3月   
項目執筆
『キリスト教平和学事典』 (担当:編者, 範囲:「内村鑑三」)
教文館   2009年9月   
『人間の光と闇 キリスト教の視点から』
「キリスト教的視点からの人間の尊厳と深淵研究センター」・向井考史編著 (担当:共著, 範囲:第9章, 「内村鑑三と宗教的寛容―信仰と偏狭さ」, 161-183)
関西学院大学出版会   2010年9月   
無教会としての教会
岩野 祐介
教文館   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
「内村鑑三における祈りの問題」 [招待有り]
岩野 祐介
「内村鑑三研究セミナー」   2008年6月   
「無教会としての教会 内村鑑三における『個人・信仰共同体・社会』」 [招待有り]
岩野 祐介
 キリスト教史学会第64回大会   2013年9月   キリスト教史学会
内村鑑三における「霊の体」 [招待有り]
岩野祐介
内村鑑三研究セミナー   2016年6月11日   『内村鑑三研究』編集委員会
国学者「松山高吉」のキリスト教受容と宗教理解 コメンテーター
岡田勇督,洪伊杓,金香花,長畑俊道,岩野祐介
日本宗教学会第75回学術大会   2016年9月11日   日本宗教学会