西館 有沙

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/05 18:07
 
アバター
研究者氏名
西館 有沙
 
ニシダテ アリサ
所属
富山大学
部署
人間発達科学部
職名
准教授
学位
修士(教育学)(筑波大学), 修士(ヒューマン・ケア科学)(筑波大学), 博士(学術)(筑波大学)
その他の所属
筑波大学大学院人間総合科学研究科

研究分野

 
 
  • 社会学 / 社会学 / 障害社会学、児童福祉学、子ども支援学

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
富山市社会福祉審議会児童福祉専門分科会  委員
 
2009年4月
 - 
現在
北陸信越運輸局総合事業第三者評価委員会  委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
北陸信越地方交通審議会政策推進部会  委員
 

受賞

 
2015年6月
日本交通心理学会 優秀論文発表賞
 
2002年2月
アジア障害社会学会 優秀発表賞
 

論文

 
地域で実施されている福祉体験講座の問題点と改善策の提案-視覚障害歩行体験と車いす体験に焦点をあてて-
西館 有沙
障害理解研究   17 1-16   2016年6月   [査読有り]
Runners Who Are Becoming a New Barrier to Pedestrians: Focusing on the Waterfront
NISHIDATE Arisa, TOKUDA Katsumi, MIZUNO Tomomi
The Asian Journal of Disable Sociology   15 11-23   2016年4月   [査読有り]
小・中学校の教員は発達障害理解指導のどこにむずかしさを感じているか-子どもの学年によって教員が感じるむずかしさは異なるか-
西館有沙・水野智美・徳田克己
障害理解研究   16 11-19   2015年6月   [査読有り]
小学校における発達障害理解指導の現状と課題-教員は子どもたちに発達障害児のことをどのように伝えようとしているか-
西館有沙・徳田克己・水野智美
障害理解研究   16 1-10   2015年6月   [査読有り]
震災後の幼稚園及び保育所における防災教育の変化と課題-東日本大震災前後の教育の実施状況と子どもの恐怖反応の有無に関する調査をもとに-
西館有沙,徳田克己,安心院朗子,水野智美
富山大学人間発達科学部紀要   9(1) 165-176   2014年10月   [査読有り]

Misc

 
アジアの主要な鉄道駅におけるバリアフリー状況
心身障害学研究   26 193-212   2002年
障害者用駐車スペースの利用状況に及ぼす不正利用対策の効果
実践人間学   6 23-32   2003年
韓国における障害者用駐車スペース不正利用の防止に効果的な説明表示―日本における調査結果と比較して―
アジア障害障害社会学研究   3 17-24   2003年
障害者用駐車スペースの不正利用を防止するための表示内容の検討
障害理解研究   6 5-12   2004年

書籍等出版物

 
はじめよう!障害理解教育
西館 有沙 (担当:分担執筆)
2016年7月   
具体的な対応がわかる気になる子の保護者への支援
西館 有沙 (担当:分担執筆)
2015年7月   
心理学辞典
西館 有沙 (担当:分担執筆, 範囲:児童福祉施設)
2014年9月   
気になる子の偏食
西館 有沙 (担当:分担執筆, 範囲:偏食への対応の具体的方法)
2014年7月   
「うちの子ちょっとへん?」発達障害・気になる子どもを上手に育てる17章-親が変われば、子どもが変わる-
西館 有沙 (担当:分担執筆, 範囲:2章、6章、11章、13章)
2014年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
交通バリアフリー教育の内容の選定