陳 峻雯

J-GLOBALへ         更新日: 13/01/07 13:12
 
アバター
研究者氏名
陳 峻雯
 
チン シュンブン
URL
http://www.junwen-chen.biz/
学位
博士(人間科学)(早稲田大学), 修士(人間科学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東海学院大学 人間関係学部 心理学科 准教授
 
2002年4月
 - 
2004年3月
 早稲田大学人間科学部 助手
 
2004年4月
 - 
2007年3月
東海女子大学人間関係学部 講師
 
2004年4月
 - 
現在
 創価大学大学院文学研究科 臨床心理学専修 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2006年3月
名古屋市立大学医学部精神医学講座 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
早稲田大学 人間科学研究科 健康科学
 

委員歴

 
2004年
 - 
2008年
日本行動療法学会  学会誌「行動療法研究」編集委員
 
2003年
   
 
日本うつ病学会  評議員
 
2005年
 - 
2007年
日本心身医学会  学会誌「心身医学」拡大編集委員
 
2006年
 - 
現在
日本心身医学会  代議員
 
2007年
 - 
2009年
日本認知療法学会  幹事
 

受賞

 
2002年
日本行動療法学会賞 内山記念賞
 
2007年
日本行動療法学会賞 内山記念賞 受賞
 

Misc

 
集団療法と認知行動療法の活用:社会不安障害の治療
陳 峻雯・坂野雄二・笹川智子・村岡理子・金井嘉宏・貝谷久宣
精神療法   30(6) 646-654   2004年
パニック障害の認知行動療法
陳 峻雯
日本心療内科学会誌   8(2) 52-57   2004年
広場恐怖を伴うパニック障害患者における一般性セルフ・エフィカシー尺度の特徴に関する検討
陳 峻雯・形岡美穂子・鈴木伸一・川村由美子・熊野宏昭・貝谷久宣・坂野雄二
心身医学(日本心身医学学会誌)   43(12) 821-828   2003年
広場恐怖を伴うパニック障害に対する集団認知行動療法:地域の心理相談室における検討
陳 峻雯・坂野雄二・貝谷久宣・野村 忍
行動療法研究   28(1) 1-13   2002年
広場恐怖を伴うパニック障害患者を対象としたエクスポージャーに及ぼす患者教育の効果
陳 峻雯・貝谷久宣・坂野雄二
行動療法研究   26(2) 57-68   2000年

書籍等出版物

 
パニック障害に対する集団認知行動療法
風間書房   2003年   
不安障害の臨床心理学
東京大学出版会   2006年   
高齢期の心理と臨床心理学
培風館   2007年   
認知行動療法:理論から実践的活用まで
金剛出版   2007年   
パニック障害症例集
日本評論社   2001年   

講演・口頭発表等

 
Effects of Cognitive Behavioral Group Therapy for Agoraphobia
World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004   2004年   
The Characteristics of Social Anxiety Disorder in Japan
the 28th Annual Convention of International Congress of Psychology   2004年   
The effects of video feedback on the self-evaluation of anxiety and performance in patients with social anxiety disorder
1st Asian Cognitive Behaviour Therapy Conference: Evidence-based Assessment, Theory & Treatment   2006年   
Differences of FNE and LSAS among social phobia, social interaction anxiety and Taijin Kyofusho
the 17th World Congress on Psycho- somatic Medicine.   2003年   
The Structure of Social Anxiety Disorder in Japanese Nonclinical Samples.
37th Annual Convention of Association for Advancement of Behavior Therapy   2003年   

Works

 
日豪、日中における社会不安障害に関する研究
2004年 - 2005年
パニック障害患者におけるAnger Attackに関する検討
2002年
パニック障害の治療法の最適化と治療ガイドラインの策定
平成17-18年度
高齢者うつ病の認知・行動的特徴の検討
2006年
中学生の反社会的行動に及ぼす特性不安と攻撃性,認知的要因の影響
2007年

競争的資金等の研究課題

 
社会不安障害に対する集団認知行動療法プログラムの効果
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年
高齢者うつ病に対する問題解決療法プログラムの開発とその効果の検討
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
高齢者うつ病に対する問題解決療法プログラムの作成とその効果の検討
社会不安障害,パニック障害の疫学研究
国際共同研究
研究期間: 2005年   
異文化による社会不安障害の有病率および症状の特徴の比較,および,パニック障害のサブタイプに関する疫学研究
Please check the latest information on mywebsite