佐藤 輝

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/06 13:25
 
アバター
研究者氏名
佐藤 輝
 
サトウ アキラ
eメール
satoteruferris.ac.jp
URL
http://www.ferris.ac.jp/information/summary/eco.html
所属
フェリス女学院大学
部署
国際交流学部 国際交流学科
職名
教授
学位
農学博士(東京農工大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2001年3月
 通商産業省・生命工学工業技術研究所 博士研究員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
 独立行政法人・産業技術総合研究所 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2002年9月
 メルシャン株式会社・生物資源研究所 嘱託社員
 
2002年10月
 - 
2004年3月
 独立行政法人・製品評価技術基盤機構 博士研究員
 
2004年4月
 - 
2013年3月
 フェリス女学院大学国際交流学部 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
 フェリス女学院大学 国際交流学部 教授
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
東京農工大学 農学部 環境・資源学科
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京農工大学 農学研究科 資源・環境学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京農工大学 連合農学研究科 資源・環境学専攻
 

委員歴

 
2013年7月
 - 
現在
日本環境学会  編集長
 
2012年4月
 - 
現在
横浜市資源循環公社  評議員
 
2011年6月
 - 
2013年6月
日本環境学会  副編集長
 
2008年4月
 - 
現在
私立大学環境保全協議会  理事
 
2010年4月
 - 
2011年3月
私立大学連盟・地球温暖化対策プロジェクト委員
 
2004年4月
 - 
2010年3月
横浜市環境活動推進委員会  委員
 
2009年
 - 
2010年
横浜市環境創造審議会  生物多様性地域戦略検討部会専門委員
 
2009年
 - 
2010年
横浜市戸塚区  行政課題に応じた協働提案事業委員会委員
 
2007年
 - 
2010年
 日本環境学会幹事
 

論文

 
キリバス共和国とツバルにおける家庭用太陽熱調理器の設計と利用の試み
佐藤 輝
人間と環境(日本環境学会誌)   40(3) 37-45   2014年10月   [査読有り]
飲料容器のリユースを推進する大学内でのマイボトルの普及と効果検証
佐藤輝・島田涼花・室井美優・永見靖・齋藤雅哉
人間と環境(日本環境学会誌)   39(1) 2-6   2013年2月   [査読有り]
大学の「エコキャンパス化」による学生への環境教育効果
佐藤輝・濱田倫子・横田樹広・那須守・高木史人・本間慎
人間と環境(日本環境学会誌)   34(2) 96-103   2008年   [査読有り]
クール/ヒートチューブ等による体育館の空調負荷の低減効果
佐藤輝・木下絵美子・野崎健次・川島実・高木史人・本間慎
人間と環境(日本環境学会誌)   34(3)    2008年   [査読有り]
資源原産国(主に発展途上国)との公正な利益配分を実現させるために―生物資源の利用をめぐるケース・スタディーと国際動向―
佐藤輝
フェリス女学院大学国際交流学部紀要   7 57-86   2005年
Akira Sato et al.
World Journal of Microbiology and Biotechnology   19(4) 439-441   2003年   [査読有り]
Akira Sato et al.
World Journal of Microbiology and Biotechnology   19(7) 763-766   2003年   [査読有り]
微生物によるダイオキシン類の生分解
佐藤輝・渡辺吉雄
人間と環境(日本環境学会誌)   29 188-198   2003年   [査読有り]
Akira Sato et al.
FEMS Microbiology Letter   213(2) 213-217   2002年   [査読有り]
M. Tarao, Y. Yamashita, A. Sato and M. Seto
Microbes and Environments   17(3) 128-133   2002年   [査読有り]

Misc

 
フェリス女学院大学のエコキャンパス化における成立条件と成果
佐藤 輝
私立大学連盟「地球温暖化対策に関するプロジェクト報告書」      2011年3月
学生との連携・協働で取り組むエコキャンパス活動
佐藤 輝
グローバル ネット   (243号) 6-7   2011年2月   [依頼有り]
フェリスのエコキャンパス化の効果検証と学生の環境活動の深化
佐藤 輝
私立大学環境保全協議会・会誌   12 46-49   2010年12月   [依頼有り]
里山の保全から始まったフェリス女学院大学のエコキャンパス化の試み
佐藤 輝
都市緑化(財団法人都市緑化技術開発機構)   79 26-27   2010年11月   [依頼有り]
(書評)持続社会への環境論~「入会地の悲劇」を超えて ~ (瀬戸昌之著)
佐藤 輝
人間と環境(日本環境学会誌)   36(3) 109   2010年3月
大学のエコキャンパス化における生物多様性の保全の試み
佐藤輝
新都市   22(9) 53-56   2010年   [依頼有り]
How to make a box solar cooker (Manual for Pacific Island Countries)
Akira Sato et al.
SOPAC Miscellaneous Report   683    2010年
ニュージーランドにおける市民連携による希少鳥類の保護活動
永井絵理・佐藤輝
人間と環境(日本環境学会誌)   36 170-176   2010年
現代GP 成果報告書「地球温暖化抑制に向けた地域の環境教育拠点の形成」
佐藤 輝
フェリス女学院大学   1-84   2008年3月
微生物の遺伝子解析による同定技術
佐藤輝
研究機関能力向上支援(新エネルギー・産業技術総合開発機構、海外貿易開発協会)   112-126   2007年

書籍等出版物

 
大学生がえがく脱原発の未来マニュアル
佐藤 輝 (担当:共著)
東京新聞   2012年2月   ISBN:978-4808309572
ソーラークッカーを作ろう
佐藤 輝
パワー社   2011年10月   ISBN:9784827720730
100年先の暮らし? ~ ミクロの世界から環境問題が見えてくる ~
フェリス女学院大学   2009年   ISBN:978-4-901713-14-6
新データガイド 地球環境
青木書店   2008年   ISBN:978-4-250-20810-2
座談会―若者たちは立ち上がる―
新環境学がわかる(朝日新聞社)アエラムック   1999年   ISBN:4-02-274096-5

講演・口頭発表等

 
南太平洋のキリバス共和国における気候変動への適応策と発展途上国のための「気候基金」の国際動向
佐藤 輝
第40回 日本環境学会(東京農工大学)   2014年6月   
地域社会の環境教育拠点をめざすフェリス女学院大学のエコキャンパス活動の経緯と成果 [招待有り]
佐藤 輝
日本環境学会 公開シンポジウム   2013年6月   
南太平洋のキリバス共和国における環境フィールド実習の実施および参加した大学生の反応
佐藤 輝
第39回 日本環境学会(広島大学)   2013年6月   
大学内の飲料用マイボトルの普及の試みと効果検証
佐藤 輝, 島田涼花, 室井美優, 永見靖, 齋藤雅哉
第38回 日本環境学会(別府大学)   2012年6月   
実践的な環境教育活動を通した地域・国際社会への貢献 [招待有り]
佐藤 輝
日本服飾学会 第26回服飾社会学研究部会   2011年11月   
ツバルにおけるパラボラ型太陽熱調理器の普及に向けた課題
佐藤 輝, 中條祐一, 島田涼花, Nielu Meisake, Koin Etuati
第37回 日本環境学会(三重大学)   2011年6月   
マイボトル・キャンペーン実証実験の報告 [招待有り]
佐藤 輝
エコプロダクツ2010 大学の環境対策推進シンポジウム   2010年11月   
フェリス女学院大学の事例 ―環境教育面を中心にして― [招待有り]
佐藤 輝
法政大学市ヶ谷環境委員会シンポジウム   2010年10月   
ミクロの世界から環境問題が見えてくる [招待有り]
佐藤 輝
鎌倉ユネスコ協会 科学・環境委員会   2010年9月   
文系の大学生への環境教育とエコキャンパス・デザイン [招待有り]
佐藤 輝
日本LCA学会 第8回環境教育研究会   2010年6月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
キリバス共和国における持続可能な調理用エネルギーとしての太陽熱調理器の現地生産の追求
2008年 - 2012年
インドネシアで分離した微生物の遺伝子解析による同定技術指導(招待講師)
2007年
緑環境を守るみちしるべ(横浜市「泉区民にとって大切な緑を考える会」委員会)
2004年 - 2005年
インドネシアにおけるマイクロプレート法を用いた糸状菌の単離(招待講師)
2005年

競争的資金等の研究課題

 
フェリス女学院大学における森の楽校の開催
横浜市環境創造局: 森の恵塾事業「よこはま森の楽校」
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 佐藤 輝
キリバス共和国における持続可能な調理用エネルギーとしての太陽熱調理器の現地生産の追求
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2008年11月 - 2010年5月    代表者: 佐藤 輝
フィジー諸島共和国等における太陽熱調理器の実証プロジェクト
JICA横浜: 国際協力はじめの一歩プログラム
研究期間: 2008年2月 - 2008年3月    代表者: 佐藤 輝
現代GP 地球温暖化抑制に向けた地域の環境教育拠点の形成
文部科学省: 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 佐藤 輝
落葉広葉樹林の根圏における物質代謝に与える撹乱の影響
森林総合研究所: 農林水産系生体秩序の解明と最適制御に関する総合研究
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 瀬戸 昌之

特許

 
新規糸状菌の分離採取方法
特願2004-033868
ダイオキシン分解性担子菌を用いたダイオキシン分解方法、新規なダイオキシン分解性担子菌およびダイオキシン処理剤
特願2002-055681
白色腐朽菌との複合微生物系によるダイオキシン分解
特願2001-056232
アルカリ性放線菌の分離方法及びアルカリ性放線菌
特願2005-15674