星 洋二

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/25 11:23
 
アバター
研究者氏名
星 洋二
 
ホシ ヨウジ
所属
東京音楽大学
部署
音楽学部
職名
専任講師
学位
芸術学修士(東京芸術大学(日本))

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東京芸術大学大学院 オペラ科 
 
 
 - 
1984年
東京芸術大学 音楽学部 声楽科
 
 
 - 
1992年
スクオーラ ディ カント アルド・プロッティ(留学) 声楽 オペラ
 
 
   
 
文化庁派遣芸術家研修(留学)フランコ・コレルリ 声楽 オペラ
 

受賞

 
1993年
第21回 ジローオペラ賞 新人賞
 

論文

 
プッチーニの「マノン・レスコー」ーその成り立ちについてー
東京藝術大学大学院音楽研究科学位「修士論文」      1986年2月   [査読有り]
プッチーニ独特のオペラ作曲技法と劇的効果を分析した。

Misc

 
全国童謡歌唱コンク−ルグランプリ大会
   2008年11月
BS朝日出演。08/5/31の童謡ふれあいコンサ−トin福島の様子がグランプリ大会放映時に紹介された。
童謡ふれあいコンサ−トin福島
   2008年6月
KFB福島放送出演。08/5/31に福島で開催された全国童謡歌唱コンク−ルのためのプレコンサ−トの模様が特別番組となって放送された。
「罪と罰」を終えて
   1999年9月
二期会会報。二期会公演「罪と罰」のロージャを演じ終えた感想を綴った。
「タンホイザー」に向けて
   1998年10月
二期会通信。二期会公演「タンホイザー」のタイトルロールへの抱負を綴った。
私の研修時代
   1998年2月
在研通信。文化庁芸術家在外研修についての思い出をを綴った。

書籍等出版物

 
ベ−ト−ヴェン  「第九交響曲」
星洋二(テノール) 指揮:尾高忠明
東芝EMI   2002年12月   
札幌交響楽団、札幌コンサートホールKitara ライヴ録音
この演奏はNHKでも放映された。
ブラームス:ジプシーの歌/愛の歌
星洋二(テノール) 指揮:畑中良輔
ビクターエンターテインメント(株)   2002年12月   
畑中先生の指揮により、ウィーンのブラームス・ザールにおいての録音・ダヴルカルテットによる演奏。テノールのソロパートも担当した。

Works

 
啓声会コンサート 魅惑の宵 テノールの饗宴
星洋二(テノール独唱・重唱) 共演 安保克則 倉石真 馬場崇 渡辺大 ナビゲーター 高橋啓三 ピアノ 森島英子   芸術活動   2012年11月
第9回 ステッレヌオーヴェ門下生発表会
星洋二(指導、監督、出演) ソプラノ:寺田千絵美   芸術活動   2012年8月
31名の出演者の指導・評価を行い、プログラムの最期に、卒業後
プロとして演奏活動を開始している門下生2名と重唱を演奏した。
プッチーニ「ラ・ボエーム」〜麗しい乙女よ ソプラノ:島田瑛子 
クアラントット作曲 君と旅立とう ソプラノ:寺田千絵美
第4回 声楽教員によるコンサート
星洋二(テノール独唱・重唱) 野田ヒロ子(ソプラノ)   芸術活動   2012年6月
グノー「ファウスト」〜この清らかな住まい チマーラ 海の詩
ディ・カプア 私の太陽 のほか、ヴェルディ「トロヴァトーレ」〜
二重唱 ソプラノ:野田ヒロ子
マスネ 「エロディアード」
星洋二(預言者ジャン) 指揮:飯坂 純 演出:八木清市 東京オペラ・フィルハーモニック 管弦楽団 エロディアード:福田玲子 サロメ:鈴木慶江 ほか   芸術活動   2012年6月
マスネ没後100周年記念公演で同オペラの日本初演の主役を務め、朝日新聞や音楽の友誌上において、高く評価される。
指揮:飯坂 純 演出:八木清市 東京オペラ・フィルハーモニック
管弦楽団 エロディアード:福田玲子 サロメ:鈴木慶江 ほか
第2回 ステッレエテルネ 門下生発表会
星洋二(指導、監督、出演)   芸術活動   2012年4月
一般の門下生を中心にした発表会を行い、その後に模範演奏を
行った。 海の幻影 帰れソレントへ 君と旅立とう ほか 

競争的資金等の研究課題

 
在外研修
文化庁: 
研究期間: 1996年   
イタリアのミラノに留学、世界的テノールのフランコ。コレルリ氏に
師事、イタリアオペラの伝統的歌唱法・発声法を学んだ。
オペラ歌唱法
研究期間: 1991年   
歌唱における発語法・発声法
研究期間: 1991年   

社会貢献活動

 
西安音楽院/テノール独唱・重唱・公開レッスン
【その他】  2010年11月10日
東京音楽大学・西安音楽院 友好交流演奏会。中国の西安音楽院において、交流演奏会に出演、独唱やオペラの重唱を披露し、満席の学生と先生方より絶賛を受けた。翌日は音楽院の学生(テノール3名・バリトン1名・バス1名)にレッスンを行った。
日興コーディアル証券/テノール
【その他】  2010年9月15日
25周年特別企画スペシャルコンサート。イタリア歌曲やカンツォーネナポリターナ、イタリア・オペラについての講演と演奏、簡単な歌唱指導も行った。
ロータリークラブ/講演・テノール独唱
【その他】  2010年4月30日
柏のロータリークラブの会合において、イタリア歌曲やカンツォーネナポリターナ、イタリア・オペラについての講演と演奏、簡単な歌唱指導も行った。
啓声会/運営委員・副委員長
【その他】  2007年
高橋啓三先生を会長とする音楽家の会。定期公演以外にも、ア−トカフエ(恵比寿)においてサロンコンサ−トを開催するほか、各種の勉強会や公開レッスン等を行っている。
二期会/テノール・会員
【その他】  1992年
オペラ振興会。オペラを中心に公演やコンサートに多数出演

その他

 
2010年11月   中国西安市交流演奏会
2010/11/8より11/12、中国の西安音楽院において、交流演奏会に出演、独唱やオペラの重唱を披露し、満席の学生と先生方より絶賛を受けた。翌日は音楽院の学生(テノール3名・バリトン1名・バス1名)にレッスンを行った。
1996年12月   イタリア留学 H18年度文化庁在外派遣芸術家として
1996年12月より1年間、世界的大テノール、コレルリ氏のもとで、テノール独特の発声、歌唱技術を学ぶとともに、当時リッカルド・ムーティのもとでスカラ座のコレペティトーレであったマッツォーラ氏よりオペラ歌唱法を学んだ
1991年1月   イタリア留学
1991年1月より1年間、世界的大歌手プロッティ氏のもとで、ヴェルディ(リゴレット、椿姫等)の歌唱法と、ベルカント・オペラの発声法を学んだ