山内 知子

J-GLOBALへ         更新日: 13/12/09 16:34
 
アバター
研究者氏名
山内 知子
 
ヤマウチ トモコ
所属
名古屋女子大学
部署
家政学部 食物栄養学科
職名
教授
学位
博士生体情報(名古屋市立大学)
その他の所属
名古屋女子大学大学院

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
   
 
名古屋女子大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
2005年
名古屋市立大学 システム自然科学研究科 生体情報
 

委員歴

 
2006年
 - 
2010年
日本家政学会(2006-2010年度中部支部役員)
 

論文

 
食材への切り込み操作が高齢者の咀嚼回数と嗜好性に及ぼす影響
小出 あつみ,山内 知子,山本 淳子,松本 貴志子
日本調理科学会誌   45(1) 48-55   2012年2月   [査読有り]
煮熟条件が煮熟黒大豆の物性に与える影響
小出 あつみ,松本 貴志子,山内 知子
食生活研究会   31(6) 35-42   2011年6月   [査読有り]
米団子の物性が高齢者の嗜好性および咀嚼回数におよぼす影響
小出 あつみ,山内 知子
食生活研究   31(2) 46-54   2011年2月   [査読有り]
Relationship between Tooth Status and Preparation Methods for Difficult-to- Chew Food in Japanese Community- Dwelling Elderly
YAMAUCHI Tomoko, KOIDE Atsumi, YAMAMOTO Atsuko
Journal of Asian Regional Association for Home Economics   17(4) 121-129   2010年12月   [査読有り]
Effects of Bromelain Treatment on the Concentration of Free Amino Acids and Tenderization of Broiler Breast Meat
Atsumi Koide,Yûki Niwa, Tomoko Yamauchi, Kazuko Ôba and Mitsuaki Sano
Journals of Japanese Society of Food Chemistry   17(1) 41-46   2010年

書籍等出版物

 
時代とともに歩む「新しい調理学」
(株)学建書院   2009年   ISBN:978-4-7624-0876-2
「楽しい調理」-基礎と実習-(第4版)(共著)
医歯薬出版株式会社   2008年   ISBN:978-4-263-70517-9 C3
高齢者のヘルスプロモーション(共著)
メディカルレビュー社   2002年   
子どもと作って食べよう園でのおやつ(共著)
明治図書   2000年   
現代の高齢者問題と人間福祉(共著)
中央法規出版   1993年   

講演・口頭発表等

 
女子学生の食品摂取頻度に家族構成、欠食および嫌いな食品数が及ぼす影響
第59回日本栄養改善学会学術総会   2012年9月   
アナアオサ添加が食パンの組織構造に及ぼす影響
日本調理科学学会平成24年度大会   2012年8月   
アナアオサ添加量がパンの物性および嗜好性に及ぼす影響
日本調理科学学会平成24年度大会   2012年8月   
Trehalose as an excellent glycoside for improving the quality of vacuum- cooked foods
International Federation for Home Economics XXII World Congress   2012年7月   
Tooth status of Japanese community dwelling elderly and effect of cooking method omprovement on nutrition and food intakes
International Federation for Home Economics XXII World Congress   2012年7月   

Works

 
都心居住高齢者の生活問題とまちづくり
1998年 - 2000年
地域高齢者を対象とした運動による健康づくり
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
高齢者の咀嚼能力に対応した調理操作が健康維持に及ぼす効果
研究期間: 2005年   
健康づくりを目指した食生活と身体活動量
研究期間: 2004年 - 2009年
食育の観点からみた箸の持ち方と食事マナー
研究期間: 2007年