清水 唯一朗

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
清水 唯一朗
 
シミズ ユイチロウ
eメール
yuichirosfc.keio.ac.jp
URL
http://web.sfc.keio.ac.jp/~yuichiro/
所属
慶應義塾大学
部署
総合政策学部総合政策学科
職名
教授
学位
博士(法学)(慶應義塾大学大学院), 修士(法学)(慶應義塾大学大学院)
その他の所属
慶應義塾大学慶應義塾大学

プロフィール

1999年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業(政治学科開設100周年記念論文、最優秀)。
2001年、同法学研究科政治学専攻前期博士課程修了(修士(法学))。
2003年、同後期博士課程単位取得、退学。同年、東京大学先端科学技術研究センター特任助手(~2007年)。2005年、博士(法学、慶應義塾大学)。
2007年、慶應義塾大学総合政策学部専任講師。
2010年、同准教授(~2017年)、大学院政策・メディア研究科委員(~現在)。
2014年、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(米国、~2015年)。
2015年、国立政治大学国際事務学院日本研究学位学程客座副教授(台湾、~2016年)。
2017年、慶應義塾大学総合政策学部教授。
専門は日本政治外交、政官関係論、官僚制、オーラルヒストリー。主著に『政党と官僚の近代』(藤原書店、2007年)、『近代日本の官僚』(中央公論新社、2013年)、『憲法判例からみる日本』(共編著、日本評論社、2016年)。

研究分野

 
 

経歴

 
2002年1月
 - 
2003年3月
政策研究大学院大学 オーラル・政策情報プロジェクト リサーチアシスタント
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 先端科学技術研究センター 特任助手
 
2006年10月
 - 
2008年3月
放送大学 教養学部 講師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
慶應義塾大学 総合政策学部 専任講師(有期)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学 法学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年3月
慶應義塾大学 法学部 政治学科
 
 
 - 
2003年3月
慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻
 

委員歴

 
2016年10月
   
 
日韓次世代学術フォーラム  運営委員(政治・法律分野)
 
2016年10月
   
 
人事院  国家公務員採用総合職試験(大卒程度)(政策論文)(総合論文)試験専門委員
 
2015年6月
   
 
日本公共政策学会  年報委員
 
2015年6月
   
 
日本行政学会  理事監事候補者選考委員
 
2015年6月
   
 
戦前戦後・比較政治史研究フォーラム  代表世話人
 

受賞

 
2016年5月
日本選挙学会 日本選挙学会賞 優秀ポスター発表
 
「選挙区の線引きはどう行われたのか」に対して
2016年5月
日本選挙学会 日本選挙学会賞 優秀ポスター
 
2015年度学会報告「選挙区の線引きはどう行われたのか」に対して
2014年6月
日本公共政策学会 日本公共政策学会賞 奨励賞
 
『近代日本の官僚―維新官僚から学歴エリートへ』に対して
2014年6月
日本公共政策学会 日本公共政策学会賞 奨励賞
 
『近代日本の官僚―維新官僚から学歴エリートへ』(中央公論新社、2013年)に対して
2011年6月
公益財団法人大平正芳記念財団 第27回大平正芳記念賞 特別賞
 
小林道彦・中西寛編『歴史の桎梏を超えて』に対して

論文

 
「政治主導の完成か、官邸主導の確立か―第二・三次安倍内閣の政治運営」
清水 唯一朗
『日本與亜太研究季刊』   1(3) 137-155   2017年7月   [招待有り]
「日本の政治と学生―政治との隔絶、政策への接近―」
清水 唯一朗
『問題と研究』   45(4) 129-157   2016年12月   [査読有り][招待有り]
「日本の選挙区はどう作られたのか―空間的政治制度の始点を考える―」
清水 唯一朗
『年報政治学』   (2016-2) 13-36   2016年12月   [招待有り]
清水 唯一朗
九州史学   (175) 40-48   2016年11月   [招待有り]
「戦後70年目の日本研究―アメリカ、ヨーロッパ、日本」
清水 唯一朗
吉野作造研究   (12) 29-34   2016年4月   [招待有り]
清水 唯一朗諏訪 正樹
KEIO SFC JOURNAL   14(1) 108-132   2014年10月   [招待有り]
清水 唯一朗, 奈良岡 聰智
Social Science Research Network   1-38   2014年9月
「日本の選挙制度―その創始と経路」
清水 唯一朗
選挙研究   29(2) 5-19   2013年12月   [査読有り]
「議場の比較研究(1) 日本の国会議事堂と議場―民主主義を規定する枠組みとして―」
清水 唯一朗
SFC研究所日本研究プラットホーム ワーキングペーパーシリーズ   (5) 1-30   2013年7月   [査読有り]
「吉野作造と大正の公論空間―地域メディアでの口述筆記から―」
清水 唯一朗
近代日本研究   (29) 61-104   2013年2月
「日本政治史から見た課題」
清水 唯一朗
『政権交代時代の政府と政党のガバナンス』   74-100   2012年7月
「政治主導と官僚主導―その歴史的組成と構造変化」
清水 唯一朗
レヴァイアサン   (48) 8-37   2011年4月
「オーラル・ヒストリーの可能性 −仮説の発見と実証―」
清水 唯一朗
RPSPP Discussion Paper No.4   1-27   2009年4月
「明治日本の官僚リクルートメント―その制度、運用、実態―」
清水 唯一朗
法学研究   82(2) 193-219   2009年2月
「藩閥、政党、官僚―後藤新平の政治空間」
清水 唯一朗
環   (29) 185-190   2007年4月
「四條男爵家文書(二)」
清水 唯一朗
東京大学日本史学研究室紀要   (11) 297-372   2007年3月
「『政治制度としての陪審制』―原敬における司法権の意味」
清水 唯一朗
『三谷太一郎先生御退職記念書評会』   43-47   2006年2月
「護憲三派内閣における政党と官僚―政党・内閣・官僚関係の『確立』―」
清水 唯一朗
日本政治研究   3(1) 29-65   2006年1月   [査読有り]
「早すぎた政治家の遅すぎた評価」
清水 唯一朗
環   (24) 248-250   2006年1月

Misc

 
「二つの架橋―政治研究と行政研究、歴史研究と現代研究」
清水 唯一朗
レヴァイアサン   (58) 153-156   2016年4月   [依頼有り]
「書評 伏見岳人『近代日本の予算政治』小山俊樹『憲政常道と政党政治』」
清水 唯一朗
年報政治学   2014(1) 363-365   2014年6月   [依頼有り]
2010年学界展望 政治史(日本)
清水 唯一朗
年報政治学   2011(2) 242-244   2011年12月   [依頼有り]
書評 杉本仁『選挙の民族誌―日本的政治風土の基層―』
清水 唯一朗
選挙研究   26(1) 134-135   2010年6月
書評 副田義也『内務省の社会史』
清水 唯一朗
日本歴史   (721) 126-128   2008年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
清水唯一朗
中央公論新社   2013年4月   ISBN:978-4-12-102212-7
清水 唯一朗
藤原書店   2007年1月   ISBN:978-4894345539
明治維新から昭和の政党内閣期に至る時代、立憲政治の導入から定着に至る過程を政党と官僚の関係から捉えなおすことで、近代日本における統治構造の形成と展開を論じた。
清水 唯一朗 (担当:共編者, 範囲:67~91)
日本評論社   2016年9月   ISBN:978-4-535-52211-4
清水 唯一朗
慶應義塾大学出版会   2017年7月   ISBN:978-4-7664-2435-5
大森政輔オーラル・ヒストリー
清水唯一朗 (担当:共著, 範囲:1-297)
東京大学先端化学技術研究センター牧原出研究室   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
清水 唯一朗
International Workshop "The Great War seen from the 'Periphery', East Asia and Ibero-America"   2017年7月26日   アルゼンチン・アメリカ史研究所、ブエノスアイレス大学(アルゼンチン)
清水 唯一朗
國家政策與經濟發展―近代東亞政治經濟發展脈絡的再檢視   2017年6月16日   国立台北大学日本研究中心
清水 唯一朗
新時代的台日関係―社会科学領域的学術対話   2016年12月17日   政治大学国際事務学院日本研究学位学程
清水 唯一朗
第1回東アジア日本研究者協議会   2016年11月30日   東アジア日本研究者協議会
清水 唯一朗
國家政策與經濟發展―近代東亞政治經濟發展脈絡的再檢視   2016年6月16日   國立台北大學日本研究中心

担当経験のある科目

 

Works

 
「日本の若者と公共―その志向性から考える」
清水 唯一朗   その他   2017年7月
清水 唯一朗   その他   2017年7月
清水 唯一朗   その他   2017年6月
清水 唯一朗   その他   2017年6月

競争的資金等の研究課題

 
政治空間としての選挙区―区割りは何をもたらすのか
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
政治的リーダシップと政党ガバナンス
慶應義塾大学: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
Reformatting Elites in Modern Japan
村田学術振興財団研究者海外派遣援助: 
研究期間: 2015年6月 - 2015年6月    代表者: 清水唯一朗
政党支持概念の比較歴史分析―連続と断絶
慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
選挙区割と地域政治の基礎的研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月