山本 佳世子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
山本 佳世子
 
ヤマモト カヨコ
eメール
k-yamamotois.uec.ac.jp
URL
http://www.is.uec.ac.jp/staff/list/ss/yamamoto-kayoko.html
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
准教授
学位
学士(人文科学)(お茶の水女子大学), 修士(人文科学)(お茶の水女子大学), 博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
60311445

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2004年3月
滋賀県琵琶湖研究所 研究員
 
2004年4月
 - 
2006年9月
名古屋産業大学環境情報ビジネス学部 助教授
 
2014年11月
 - 
2014年12月
Middle East Technical University Guest Professor
 
2014年
   
 
日本学術会議 連携会員
 
2015年
 - 
2017年
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議事務局 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 上席科学技術政策フェロー
 

学歴

 
 
 - 
1999年3月
東京工業大学 理工学研究科 社会工学専攻
 

委員歴

 
2001年
 - 
2004年
滋賀県統合型GIS研究会  委員
 
2002年
 - 
2004年
愛知県一宮市環境基本計画策定審議会  委員
 
2002年
 - 
2004年
滋賀県野洲町統合型GIS検討委員会  委員
 
2003年
 - 
2004年
滋賀県大津市おおつ環境フォーラム活動評価  委員
 
2003年
 - 
2004年
NPO法人エコ村ネットワーキング  コーディネーター
 

受賞

 
1999年9月
日本社会情報学会学位論文賞
 
1999年11月
環境科学会論文賞
 
2001年9月
日本計画行政学会論文奨励賞
 
2005年10月
日本環境共生学会論文奨励賞
 
2006年9月
日本環境共生学会著述賞
 

論文

 
An Evaluation of Measures against the Urban Heat Island from the Viewpoint of Artificial Exhaust Heat of Road Traffic- An Evaluation Using GIS in the Tokyo 23-Ward Area-
Kohei IMAI and Kayoko YAMAMOTO
Journal of Socio-Informatics   8(1) 41-56   2016年   [査読有り][招待有り]
Development and Operation of Disaster Information Systems
Kayoko YAMAMOTO
Middle East Thecnical University, Seminer Paper   22P   2014年   [招待有り]
Development of Social Recommendation GIS for Tourist Spots
Tsukasa IKEDA and Kayoko YAMAMOTO
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   5(12) 8-21   2014年   [査読有り]
都市災害情報の蓄積を目的としたソーシャルメディアGISに関する研究-減災対策のための平常時の災害情報の蓄積-
大熊健裕・山本佳世子
社会情報学   2(2) 49-65   2013年   [査読有り]
Development of Social Media GIS to Support Information Utilization from Normal Times to Disaster Outbreak Times
Kayoko YAMAMOTO and Shun FUJITA
International Journal of Advanced Computer Science and Applications   6(9) 1-14   2015年   [査読有り]

Misc

 
ワークショップ5:計画理論研究からの大震災の復旧・復興への提言
山本佳世子・和泉潤・若井郁次郎・根本敏則
計画行政   36(1) 23   2013年
ワークショップ4:東日本大震災の復興まちづくり
山本佳世子・大西隆・梶秀樹・姥浦道生・高見公雄
計画行政   35(1) 28   2012年
ワークショップⅠ:水環境の計画理論
和泉潤・加賀屋誠一・山本佳世子・木村美智子・仁連孝昭・大西隆・廣松毅
計画行政   34(1) 25   2012年
シンポジウムⅡ:環境制約を乗り越えるために
原科幸彦・小林好宏・梅津一孝・古屋温美・山本佳世子・鈴木亨
計画行政   34(1) 22-24   2012年
社会情報学と空間情報科学の融合
山本佳世子
社会情報学   創刊号 89-96   2012年

書籍等出版物

 
Risk Assessment
Kayoko YAMAMOTO and Zhaoxin YANG (担当:共著)
INTECH   2017年10月   
City Networks - Planning for Health and Sustainability
Kayoko YAMAMOTO and Kuangtiao SHEN (担当:共著)
Springer   2017年10月   
高校地理の授業のためのGIS教材
地理情報システム学会教育委員会編
古今書院   2017年10月   
自然災害-減災・防災と復旧・復興への提言-
梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編 (担当:共編者)
技報堂出版   2017年9月   
Lecture Notes in Geoinformation and Cartography: Planning Support Science for Smarter Urban Futures
Kayoko YAMAMOTO and Shun FUJITA (担当:共著)
Springer   2017年7月   

担当経験のある科目

 

Works

 
調布市における介護福祉施設配置の評価
束原功哉・山本佳世子   Webサービス   2017年5月
GISを用いたバーチャル時空間情報システム
牧野隆平・山本佳世子   Webサービス   2017年5月
VISIT JAPAN in Central YOKOHAMA -観光回遊行動支援マップ-
Webサービス   2016年5月
GISが切り開く環境研究の未来 ~ダイオキシン沈着量マップ~
電気通信大学大学院情報理工学研究科山本佳世子研究室・環境研究チーム   Webサービス   2016年5月
GISが実現する観光立国 ~“VISIT JAPAN” in Central YOKOHAMA~
電気通信大学大学院情報システム学研究科山本佳世子研究室   Webサービス   2015年5月

競争的資金等の研究課題

 
大都市圏における密度指標としての公共緑地の配置計画の評価
研究期間: 2005年 - 2006年
琵琶湖集水域における流域管理の視点からみた土地利用規制の評価
(財)昭和シェル石油環境研究助成財団(萌芽的研究): 
研究期間: 2004年 - 2005年
広域都市圏における密度指標としての公共的緑地の充足度評価
研究期間: 2002年 - 2004年
琵琶湖集水域における水環境保全・管理の視点からみた土地利用計画の検討
(財)クリタ水・環境科学振興財団: 
研究期間: 2002年 - 2003年
地域協働に基づく「都市版環境マネジメントシステム」の構築に関する研究
研究期間: 2005年 - 2007年