菅沼 悠介

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/22 09:24
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
菅沼 悠介
 
スガヌマ ユウスケ
通称等の別名
suganuma.yusuke
URL
http://polaris.nipr.ac.jp/~suganuma/
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系・地圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

プロフィール

新生代以降における古環境変動を詳細に復元し,そのメカニズムの理解と将来予測に役立てることを研究目的とします.この目的に従って,特に古環境変動記録の乏しい南極大陸および周辺海域を対象として,以下の研究を遂行または計画中です.1)南極内陸山地における地形調査と宇宙線照射年代法に基づく氷床高度変動史の復元,2)海底堆積物を用いた南大洋における古海洋・環境変動の復元,3)古地磁気記録および宇宙線生成核種フラックスを用いた海底・湖底堆積物の年代決定法の開発.また,大学院教育では,野外調査から各種データ取得までの基本を習得した上で,上記の研究テーマのみならず,広く古環境変動復元に関わる研究を遂行できるように指導します.

学位審査歴 2009.9 杉崎彩子(総研大課程博士)副査

自己アピール
地形・地質学をベースとしながら,古地磁気・岩石磁気・宇宙線生成核種分析を駆使して,古環境復元から,地磁気変動復元,海底堆積物の年代対比手法の開発まで広く興味を持って研究しています.
そして,海陸問わずに世界中のフィールドに出かけます.

第51次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊)
第53次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊リーダー)
第55次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊リーダー)
第57次日本南極地域観測隊隊員(中央ドロンイングモードランド地学調査隊リーダー)
富士登山競争時間内完走

研究分野

 
 

経歴

 
2016年11月
 - 
現在
国立極地研究所 准教授
 
2009年4月
 - 
2016年11月
国立極地研究所 助教
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 学術振興会特別研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任助手
 
2006年2月
 - 
2006年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任研究員
 
2005年4月
 - 
2006年1月
(独) 産業技術総合研究所 地質情報部門 1号契約職員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星専攻
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日本地球掘削科学コンソーシアム 陸上掘削部会執行部  副部会長
 
2016年7月
 - 
現在
SCAR  Scientific Organising Committee for the PAIS Research Programme Conference
 
2016年5月
 - 
現在
Quaternary International.  Editorial board
 
2015年11月
 - 
現在
Antarctic Science (Cambridge Journals)  "Editorial Advisory Board"
 
2015年10月
 - 
現在
INQUA Commission on Stratigraphy and Chronology (INQUA-SACCOM)  "Advisory Board"
 
2016年10月
 - 
2017年3月
J-DESC  J-DESC成果報告会WG
 
2015年10月
 - 
2016年8月
SCAR2016  co-convener of session S05
 
2014年11月
 - 
2015年8月
INQUA2015  Lead convener of session P14
 
2014年8月
 - 
現在
The Scientific Committee on Antarctic Research  Past Antarctic Ice Sheet Dynamics (PAIS) "Steering Committee"
 
2013年10月
 - 
2017年2月
日本地球掘削科学コンソーシアム  陸上掘削部会執行部委員
 
2013年
 - 
現在
Antarctic Geological Drilling (ANDRILL)program  Japanese representative
 
2015年1月
 - 
2015年7月
ISAES2015  co-convener of session S18
 
2010年
 - 
2011年
第19回INQUA大会日本招致準備委員会  委員
 
2006年
 - 
2009年
地球システム・地球進化ニューイヤースクール  実行委員
 

受賞

 
2016年
日本地質学会 小藤文次郎賞
受賞者: 菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路,竹原真美,木村純一,羽田裕貴,風岡修
 
2016年
文部科学省 平成28年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2014年
日本地質学会 小澤儀明賞
 
2013年
地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
 
2012年
日本堆積学会2012年大会 最優秀講演賞
 
2007年
第四紀学会論文賞
 

論文

 
Paleomagnetic direction and paleointensity variations during the Matuyama-Brunhes polarity transition from a marine succession in the Chiba composite section of the Boso Peninsula, central Japan
Okada, M., Suganuma Y., Haneda, Y., Kazaoka, O.,
Earth, Planets and Space   66(45)    2017年3月   [査読有り]
南極における無人航空機(UAV)を用いた高解像度地形情報取得の試み
菅沼悠介,川又基人,白水薫,小山拓志,土井浩一郎,金田平太郎,青山雄一,早河秀章,小花和宏之
地学雑誌, 126, 1-24      2017年3月   [査読有り]
中央ドロンイングモードランド地学調査隊報告2015-2016(JARE-57)
菅沼悠介,金田平太郎,小山拓志,外田智千,赤田幸久
南極資料   60 73-116   2016年10月   [査読有り]
REFINING CHRONOLOGY FOR THE BRUNHES-MATUYAMA GEOMAGNATIC BOUNDARY
Yusuke Suganuma
Geographical reports of Tokyo Metropolitan University   51 61-70   2016年3月   [査読有り]
Volcanic ash in bare ice south of Sør Rondane Mountains, Antarctica: Geochemistry, rock magnetism and nondestructive magnetic detection with SQUID gradiometer
Oda, H., Miyagi, I., Kawai, J., Suganuma, Y., Funaki, M., Imae, N., Mikouchi, T., Matsuzaki T., Yamamoto Y.,
Earth, Planets and Space   68 DOI 10.1186/s40623-016-0415-3   2016年   [査読有り]
Age of Matuyama–Brunhes boundary constrained by U-Pb zircon dating of a widespread tephra
Yusuke Suganuma, Makoto Okada, Kenji Horie, Hiroshi Kaiden, Mami Takehara, Ryoko Senda, Jun-Ichi Kimura, Kenji Kawamura, Yuki Haneda, Osamu Kazaoka, Martin J. Head
Geology   43 491-494   2015年6月   [査読有り]
Sedimentary processes and depositional environments of a continuous marine succession across the LowereMiddle Pleistocene boundary: Kokumoto Formation, Kazusa Group, central Japan
Nishida N., Kazaoka O., Izumi K., Suganuma Y., Okada M., Yoshida T., Ogitsu I., Nakazato H., Kameyama S., Kagawa A., Morisaki M., Nirei N.,
Quaternary International      2015年   [査読有り]
東ドロイングモードランド,セール・ロンダーネ山地調査隊報告2013
菅沼悠介,福田洋一,青山雄一,岡田雅樹
58(3) 309-340   2014年   [査読有り]
Stratigraphy of the Kazusa Group, Boso Peninsula: an expanded and highly-resolved marine sedimentary record from the Lower and Middle Pleistocene of Central Japan
Kazaoka, O., Suganuma, Y., Okada, M., Kameo, K., Head, M.J., Yoshida, T., Sugaya, N., Kameyama, S., Ogitsu, I., Nirei, H., Aida, N., Kumai, H.,
Quaternary International   383 116-135   2015年   [査読有り]
East Antarctic deglaciation and the link to global cooling during the Quaternary: Evidence from glacial geomorphology and Be-10 surface exposure dating of the Sør Rondane Mountains, Dronning Maud Land
Suganuma Y., Miura H., Zondervan A., Okuno J.
Quaternary Science Reviews   97 102-120   2014年   [査読有り]
Sediment waves on the Conrad Rise, Southern Indian Ocean: implications for the migration history of the Antarctic Circumpolar Current
Oiwane H., Ikehara M., Suganuma Y., Miura H., Nakamura Y., Sato T., Nogi Y., Yamane M., Yokoyama Y.
Marine Geology   348 27-36   2014年   [査読有り]
地球磁場極性逆転年代の高精度化
菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路
月刊地球号外   63 122-129   2014年
ANDRILL Coulman High計画:ロス棚氷上からの地質掘削で取り組む高CO2世界の南極氷床復元化
菅沼悠介,野木義史,池原実
月刊地球   2 87-94   2014年
東ドロンイングモードランド,セール・ロンダーネ山地地学調査隊報告2011-2012(JARE-53)
菅沼悠介,金丸龍夫,大岩根尚,齋田宏明,赤田幸久
南極資料   56 381-433   2013年   [査読有り]
東ドロンイングモードランド、セール・ロンダーネ山地 地学調査隊報告 2009-2010 (JARE-51)
土屋範芳,石川正弘,Satish Kumar,河上哲生,小島秀康,海田博司,三浦英樹,菅沼悠介,阿部幹雄,佐々木大輔,千葉政範,岡田 豊
南極資料   56 295-379   2013年   [査読有り]
Drastic shrinking of the Hadley circulation during the mid-Cretaceous supergreenhouse
Hasegawa H., Tada R., Jiang X., Suganuma Y., Imsamut S., Charusiri P., Ichinnorov N., Khand Y.,
Climate of the Past   7 119-151   2013年   [査読有り]
A new sampling technique for surface exposure dating using a portable electric rock cutter
Suganuma Y.,Miura H., Okuno J.,
Antarctic Record   56 85-90   2012年   [査読有り]
Brunhes-Matuyama境界年代値の再検討
菅沼悠介
第四紀研究   51 297-311   2012年   [査読有り]
Post-depositional remanent magnetization lock-in for marine sediments deduced from Be-10 and paleomagnetic records through the Matuyama-Brunhes boundary, Earth Planetary Science Letters
Suganuma Y., Okuno, J., Heslop, D., Roberts, A.P., Yamazaki, T., Yokoyama Y.
Earth Planetary Science Letters   311 39-52   2011年   [査読有り]
Geomorphological development of the Goto Submarine Canyon, northeastern East China Sea
Oiwane H, Tonai S., Kiyokawa S., Nakamura Y., Suganuma Y., Tokuyama H.,
Marine Geology   288 49-60   2011年   [査読有り]
総説:高精度年代ツールとしての古地磁気強度層序
菅沼悠介
地質学雑誌   117 1-13   2011年   [査読有り]
Differential timing of vertical-axis block rotations in the northern Ryukyu Arc: paleomagnetic evidence from the Koshikijima Islands, Japan
Tonai S., Suganuma Y., Ashi J., Itaya T., Oiwane H., Kiyokawa S
Tectonophysics   497 71-84   2011年   [査読有り]
Be-10 evidence for delayed acquisition of remanent magnetization in marine sediments: Implication for a new age for the Matuyama-Brunhes boundary
Suganuma Y., Yokoyama Y., Yamazaki T., Kawamura K., Horng C. S., Matsuzaki H.,
Earth Planetary Science Letters   296 443-450   2010年   [査読有り]
South Asian monsoon variability during the past 800 kyr revealed by rock magnetic proxies
Suganuma, Y., Yamazaki, T. and Kanamatsu, T
Quaternary Science Reviews   28 926-938   2009年   [査読有り]
Clues of Early life: Dixon Island _ Cleaverville Drilling Project (DXCL-dp) in the Pilbara Craton of Western Australia
Yamaguchi K., Kiyokawa S., Ito T., Ikehara M., Kitajima F., Suganuma Y.
Scientific Drilling   7 34-37   2009年   [査読有り]
Suganuma, Y., Yamazaki, T., Kanamatsu, T. and Hokanishi, N.,
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   9    2008年   [査読有り]
No extreme Eocene bipolar glaciation associated with transient calcite compensation shifts
K. M. Edgar, P. A. Wilson, P. F. Sexton, Y. Suganuma
Nature   448 908-911   2007年   [査読有り]
Paleomagnetism of the Marble Bar Chert Member, Western Australia: implication for an Apparent Polar Wander Path for Pilbara craton during Archean
Suganuma, Y., Hamano, Y., Niitsuma, S., Hoashi, M., Hisamitsu, T., Niitsuma, N., Kodama, K. and Nedachi, M.
Earth Planetary Science Letters   252 360-371   2006年   [査読有り]
Magnetostratigraphy of the Miocene Chiang Muan Formation, Northern Thailand: implication for revised chronology of the earliest Miocene hominoid in Southeast Asia
Suganuma Y., T. Hamada, S. Tanaka, M. Okada, H. Nakaya, Y. Kunimatsu, H. Saegusa, S. Nagaoka, B. Ratanasthien
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   239 75-86   2006年   [査読有り]
北西太平洋海底コアに記録される第四紀中・後期のテフラ層序:広域テフラとの対比と年代モデルの構築
菅沼悠介,青木かおり,金松敏也,山崎俊嗣
第四紀研究   45 435-450   2006年   [査読有り]
Campanian through Eocene Magnetostratigraphy of Sites 1257-1261, ODP Leg 207, Demerara Rise (Western Equatorial Atlantic)
Suganuma Y., Ogg J. G.
Scientific Results of the Proceedings of the Ocean Drilling Program   207 1-48   2006年   [査読有り]
海洋地質調査法と成果:京都府北方
辻野 匠,山本博文,片山 肇,村上文敏,荒井晃作,野田 篤,田村 亨,菅沼悠介
地質ニュース   615 54-59   2005年
An additional specimen of a large-bodied Miocene hominoid from Chiang Muan, northern Thailand,
Y. Kunimatsu, B. Ratanasthien, H. Nakaya, H. Saegusa, S. Nagaoka, Y. Suganuma, B. Udomkan
Primates   45 65-69   2004年   [査読有り]
長野県南部,伊那層群のテフラとその対比
菅沼悠介,鈴木毅彦,山崎晴雄,菊地隆男
第四紀研究   42 321-334   2003年   [査読有り]
タイ北部における哺乳類化石を含む第三系とテクトニクス
長岡信治,菅沼悠介
霊長類研究   18 159-164   2002年   [査読有り]
タイ北部Chiang Muan に分布する中新統堆積岩の古地磁気学的研究(予察)
菅沼悠介,長岡信治
霊長類研究   18 165-173   2002年   [査読有り]
伊那層群の古地磁気極性
菅沼悠介
伊那谷自然史論集   3 29-35   2001年

Misc

 
(書評)地球全史スーパー年表
菅沼 悠介
日本地質学会News   17(6) 3-4   2014年6月
極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性: 地球温暖化で南極の氷は融けるのか?
菅沼 悠介
日刊工業新聞「地球環境」 特集 ―グリーンイノベーション実現に向けて―      2014年2月
ANDRILL Coulman High計画
菅沼悠介,須藤 斎,池原実,野木義史
日本地球掘削科学コンソーシアウムニュースレター   (7) 14   2014年
Drilling Probes Past Carbon Cycle Perturbations on the Demerara Rise
J. Erbacher, D. Moser and ODP Leg 207 Shipboard Scientific Party
EOS. Trans. AGU,   85 57-68   2004年
ODP, Leg207参加報告
菅沼悠介
日本地質学会News   6(9) 15-16   2003年
Leg 207;航海報告
菅沼悠介,西 弘嗣,近藤朋美
ODP news letter      2003年

書籍等出版物

 
STRATI 2013
SUGANUMA Yuusuke (担当:分担執筆, 範囲:A Reassessment of the Matuyama–Brunhes Boundary Age Based on the Post-depositional Remanent Magnetization (PDRM) Lock-In Effect for Marine Sediments)
Springer   2014年5月   
フィールドワーカーシリーズ第11巻(分担執筆)
菅沼 悠介 (担当:分担執筆, 範囲:南極におけるフィールドワークの生活技術)
古今書院   2014年   
Preliminary report on the Dixon Island – Cleaverville Drilling Project, Pilbara Craton, Western Australia
Kiyokawa, S., Koge, S., Ito, T., Ikehara, M., Kitajima, F., Kamaguchi, K., Suganuma, Y., (担当:共著)
Geological Survey of Western Australia, Record   2012年   

講演・口頭発表等

 
(招待講演)海底堆積物表層における堆積残留磁化の獲得メカニズム
菅沼 悠介
日本地質学会第123年学術大会 鹿児島大会   2016年9月12日   
(座長)Antarctic ice sheet variability and Southern Ocean dynamics
菅沼 悠介
INQUA2015   2015年8月2日   
(招待講演)Lithology and chronostratigraphy of the marine sequence at the Chiba section, central Japan: a well exposed Lower-Middle Pleistocene boundary succession [招待有り]
Suganuma, Y., Okada, M., Kazaoka, O., Kameo, K., Head, M.J., Nishida N., Yoshida, T., Ogitsu, I., Kameyama, S., Nirei, H., Kumai, H.,
INQUA2015   2015年8月1日   
(座長)Paleoenviromental changes in Antarctica and Southern Oceans since the last Glacial Maximum
菅沼 悠介
ISAES2015   2015年7月13日   
(招待講演)堆積残留磁化獲得メカニズムと 地球磁場極性逆転年代の高精度決定 [招待有り]
菅沼 悠介
日本地質学会第121年学術大会 (鹿児島大会)   2014年9月15日   
(招待講演)タイ北部,中新統Chiang Muan層の古地磁気層序
菅沼 悠介
長岡信治記念シンポジウム   2013年6月   
(招待講演)地磁気強度を用いた海底堆積物とアイスコアの高精度年代対比手法の確立
菅沼 悠介
日本地球惑星科学連合大会   2011年5月   
(招待講演)太古代の地磁気
菅沼 悠介
地磁気・古地磁気・岩石磁気 夏の学校   2006年   
(招待講演)
菅沼 悠介
専修大学自然科学研究所・市民公開講座   2005年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
過去300万年間における東南極氷床高度の定量的復元とその変動メカニズムの解明
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(海外B))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 菅沼 悠介
東南極氷床の融解機構と生態系への影響
東レ科学財団: 東レ科学技術研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 菅沼 悠介
『弥生の海退』は存在したのか
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 奥野淳一(分担 菅沼悠介)
松山-ブルン地磁気逆転境界年代の決定と地質年代の総合的キャリブレーション
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡田誠(分担 菅沼悠介)
地球史海洋底断面復元プロジェクト:太古代から原生代への環境大変動解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A)): 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 清川昌一(分担 菅沼悠介)
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 菅沼 悠介
SQUIDグラジオメータによる氷床コア中の火山灰の非破壊検
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 小田 啓邦(分担 菅沼悠介)
南極寒冷圏変動史の解読:第四紀の全球気候システムにおける南大洋の役割を評価する
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A)): 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 池原 実(分担 菅沼悠介)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 菅沼 悠介
本研究では,東南極内陸山地での地形・地質学調査を実施し,1)氷床変動の痕跡(氷河地形)の認定と,2)表面露出年代に基づき詳細な氷床高度変動史の復元を行う.そして,3)第四紀における氷床高度低下の時期,空間分布,原因,そして地球気候システム変動への影響を解明することを目的とする.当該年度は,第53次南極観測隊に参加し,セール・ロンダーネ山地西・中部で詳細な地形データ(氷河地形・GPS測量)の取得を行った.当調査では,特に第51次での調査で網羅できなかった地域や,特に重要と考えられる最終氷期以...
研究者海外派遣基金助成金: 優秀若手研究者海外派遣事業
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 菅沼 悠介

社会貢献活動

 
地層に残る地球の歴史
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  いまどきサイエンス  2017年2月23日
「新しい科学の世界」
【講師】  かわさき市民アカデミー  2017年1月31日
千葉時代誕生か?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  科学  2017年1月16日
地質年代命名争い:「千葉時代」に暗雲
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  2017年1月9日
千葉時代誕生なるか?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  高校生新聞  2016年10月1日
地球の歴史に新しい時代!!
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  中日新聞  子供ウィークリー  2016年7月16日
千葉時代について
【出演】  BayFM  NEC presents ザ・フリントストーン  2016年6月11日
チバニアン命名なるか?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  電気新聞  2016年5月31日
国際認定目指す地質年代「千葉時代」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  信濃毎日新聞  2016年5月24日
チバニアン命名なるか?
【取材協力, 助言・指導】  読売新聞  サイエンスVeiw  2016年5月22日
地球の歴史に千葉の名が?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  おやこ新聞  2016年5月8日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞「天声人語」  2016年4月15日
地質年代表に「千葉」有力
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  2016年4月14日
「千葉時代」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞朝刊  2016年4月13日
千葉時代について
【出演】  NHK 首都圏ネットワーク, ニュース7,ニュース9  2016年3月28日
千葉時代誕生か?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日学生新聞  2016年3月12日
地球史に「千葉時代」期待
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞  2016年3月6日
千葉時代へ国も支援
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  千葉日報  2016年3月6日
地球史に千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  2016年3月6日
チバニアン命名へ期待感
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞  2016年3月6日
地層「千葉時代」認定目指せ
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  2016年3月6日
地質学の「千葉時代」申請へ
【取材協力】  読売新聞茨城県版  2016年2月23日
「地球の歴史に「千葉」の名が? 地質学者ら学会に申請へ」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞  2015年12月2日
地球の歴史に「千葉」が
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日小学生新聞  2015年11月10日
地球史に千葉時代を
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  東京新聞  2015年10月16日
たちかわ市民公開講座「地球最後の磁場逆転」講演会
【講師】  極地研  2015年10月14日
地球の歴史に「千葉期」命名?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞朝刊  2015年8月10日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  NHK  おはよう日本  2015年8月7日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  TBS  Nスタ  2015年8月4日
地磁気逆転 1万年のずれ
【取材協力】  朝日新聞  2015年5月28日
ひらめきときめきサイエンス 南極紹介
【取材協力】  高知新聞  2014年8月9日
温暖化で南極の氷は融けるのか?  極限フィールドワークから探る東南極氷床の安定性
【講師】  特定非営利活動法人 科学工学技術委員会  2014年4月13日
温暖化で南極の氷は融けるのか?  極限フィールドワークから探る東南極氷床の安定性
【講師】  NPO日本地質汚染審査機構事務局  第160回地質汚染イブニングセミナー  2014年3月28日
温暖化で南極の氷は融けるのか?  極限フィールドワークから探る東南極氷床の安定性
【講師】  たちかわ市民公開講座  「南極・北極から見た地球の歴史」  2014年3月5日
極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性: 地球温暖化で南極の氷は融けるのか? 
【寄稿】  日刊工業新聞「地球環境」特集  ―グリーンイノベーション実現に向けて―  2014年2月28日
温暖化で南極の氷は融けるのか?  極限フィールドワークから探る東南極氷床の安定性
【講師, 運営参加・支援】  国立極地研究所  40周年記念市民講演会  2013年9月28日
南極大陸に秘密の楽園 VTR出演
【出演】  NHK  サイエンスゼロ  2013年5月
フリーズドライ
【取材協力, 情報提供】  共同通信  キッズウェブジャパン  2013年2月
南極大陸が融ける? VTR出演
【出演】  NHK  クローズアップ現代  2013年1月
地磁気の逆転 77万年前か?
【取材協力】  朝日新聞  朝刊  2012年11月

その他

 
調査歴
2014 ネパールての地形調査
2013 第55次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地球物理学調査
2012 ネパールての地形調査
2011 第53次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地形•地質学調査
2009 第51次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地形•地質学調査
2007 オーストラリア北西部,ピルバラ地塊の地質調査と陸上ボーリング
2007 イタリア中部,白亜紀スーパークロン地磁気様相復元のためのサンプリング
2007 白鳳丸航海(KH0604),ギリシャ(ピレウス)→ピレウス
2006 イタリア中部,白亜紀スーパークロン地磁気様相復元のためのサンプリング
2005 かいれい航海(KR0515) ,グアム→グアム
2005 みらい航海(MR0503) ,ダーウィン→パラオ
2004 淡青丸航海(KT04) ,東京→名古屋
2003 タイ北部での人類学・古生物学調査2
2003 ODP Leg207, バルバドス→リオ・デ・ジャネイロ
2002 白鳳丸航海(KH02-1 Leg3),「HOT-WATER」 沖縄→東京
2000 タイ北部での人類学、古生物学調査
記者発表
2015.5 国立極地研究所プレスリリース
地球最後の磁場逆転は従来説より1万年以上遅かった千葉県市原市の火山灰層の超微量・高精度分析により判明
アメリカ地質学会発行のGeology誌オンライン版に掲載
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150520.html

2014.7 国立極地研究所プレスリリース
温暖な地球では南極氷床の形が大きく変化する:氷河地形の年代から解明
Quaternary Science Reviews誌のオンライン版に掲載
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20140728.html

2014.5 日本地球惑星科学連合2014年大会ハイライト論文選出
菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路ほか「白尾テフラの単結晶ジルコンSHRIMP U-Pb年代を用いたB-M境界年代値の高精度決定」

2012.11 地球電磁気・地球惑星圏学会 記者発表論文
菅沼ほか「地磁気が逆転する時:そのタイミングと,地磁気強度減少および銀河宇宙線量増加に関する新たな証拠」
査読歴
Nature Communications, Earth and Planetary Science Letters, Geology, Quaternary Science Reviews,PEPS (Progress in Earth and Planetary Science), Earth, Planets and Space, Antarctic Science, Quaternary Research, Quaternary International, Journal of Asian Earth Sciences, Polar Science, Deep Sea Research Ⅱ, GSA books