葛原 隆

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/19 11:25
 
アバター
研究者氏名
葛原 隆
 
クズハラ タカシ
URL
http://p.bunri-u.ac.jp
所属
徳島文理大学
部署
薬学部 薬学科 生化学
職名
教授
学位
博士

研究分野

 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
徳島文理大学 薬学部 教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
徳島文理大学 薬学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
徳島文理大学 薬学部 助教授
 
1993年10月
 - 
2005年3月
東京大学 分子細胞生物学研究所 助手
 
1992年1月
 - 
1993年9月
日本学術振興会・特別研究員(DC1)
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1987年3月
東京大学 理科二類 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 薬学部 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 薬学系研究科生命薬学専攻 修士課程
 
1991年4月
 - 
1993年9月
東京大学大学院 薬学系研究科生命薬学専攻 博士課程
 

論文

 
Hatakeyama D, Shoji M, Yamayoshi S, Hirota T, Nagae M, Yanagisawa S, Nakano M, Ohmi N, Noda T, Kawaoka Y, Kuzuhara T
The Journal of Biological Chemistry   289 24980-24994   2014年9月   [査読有り]
Miki Hiasa, Megumi Kurokawa, Hiroshi Akita, Masatomo Harada, Kengo Niki, Kana Ohta, Masaki Shoji, Noriko Echigo, Takashi Kuzuhara
Journal of Functional Foods   8 188-192   2014年   [査読有り]
Hiasa M, Isoda Y, Kishimoto Y, Saitoh K, Kimura Y, Kanai M, Shibasaki M, Hatakeyama D, Kirino Y, Kuzuhara T
British Journal of Pharmacology   169 115-129   2013年5月   [査読有り]
Shoji M, Takahashi E, Hatakeyama D, Iwai Y, Morita Y, Shirayama R, Echigo N, Kido H, Nakamura S, Mashino T, Okutani T, Kuzuhara T
PloS one   8 e66337   2013年   [査読有り]
Miki Hiasaa, Megumi Kurokawaa, Kana Ohtaa, Tomoyuki Esumib, Hiroshi Akita, Kengo Niki, Yasuyuki Yagi, Noriko Echigo, Dai Hatakeyama, Takashi Kuzuhara
Food Research International   54(1) 72-80   2013年   [査読有り]
Tsurumura T, Qiu H, Yoshida T, Tsumori Y, Hatakeyama D, Kuzuhara T, Tsuge H
PloS one   8 e82020   2013年   [査読有り]
[The tertiary structures of the domains of influenza RNA polymerase].
Kuzuhara T, Tsuge H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84 780-785   2012年9月   [査読有り]
Ludwiczuk A, Saha A, Kuzuhara T, Asakawa Y
Phytomedicine   18 491-498   2011年4月   [査読有り]
Iwai Y, Murakami K, Gomi Y, Hashimoto T, Asakawa Y, Okuno Y, Ishikawa T, Hatakeyama D, Echigo N, Kuzuhara T.
PLoS One   6(5) e19825   2011年   [査読有り]
Saha A, Kuzuhara T, Echigo N, Suganuma M, Fujiki H
Cancer Prevention Research   3 953-962   2010年8月   [査読有り]
Iwai Y, Takahashi H, Hatakeyama D, Motoshima K, Ishikawa M, Sugita K, Hashimoto Y, Harada Y, Itamura S, Odagiri T, Tashiro M, Sei Y, Yamaguchi K, Kuzuhara T
Bioorganic & Medicinal Chemistry   18 5379-5390   2010年7月   [査読有り]
Design and Synthesis of Resin-Conjugated Tamiflu Analogs for Affinity Chromatography
Yasuaki Kimura, Kenzo Yamatsugu, Motomu Kanai, Noriko Echigo, Takashi Kuzuhara, and Masakatsu Shibasaki
Bulletin of the Korean Chemical Society   31(3) 588-594   2010年   [査読有り]
Saha A, Kuzuhara T, Echigo N, Fujii A, Suganuma M, Fujiki H
Biological & pharmaceutical bulletin   33(8) 1291-1299   2010年   [査読有り]
The expression of "growth arrest and DNA damage inducible genes 45 and 153" is related to apoptotic induction of cells. GADD45 is an effector gene of the tumor suppressor p53, and GADD153 is associated with cellular function of cancer prevention. ...
Green tea catechins inhibit the endonuclease activity of influenza A virus RNA polymerase.
Kuzuhara T, Iwai Y, Takahashi H, Hatakeyama D, Echigo N
PLoS currents   1 RRN1052   2009年10月   [査読有り]
Kuzuhara T, Kise D, Yoshida H, Horita T, Murazaki Y, Utsunomiya H, Tsuge H
Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications   65 144-146   2009年2月   [査読有り]
Kuzuhara T, Kise D, Yoshida H, Horita T, Murazaki Y, Nishimura A, Echigo N, Utsunomiya H, Tsuge H.
J. Biol. Chem.   284(11) 6855-6860   2009年
Kimura Y, Yamatsugu K, Kanai M, Echigo N, Kuzuhara T, Shibasaki M.
Tetrahedron Lett.   50(26) 3205-3208   2009年
Tsuge H, Tsurumura T, Utsunomiya H, Kise D, Kuzuhara T, Watanabe T, Fujiki H, Suganuma M.
Biochem Biophys Res Commun.   388(2) 193-198   2009年
Suganuma M, Yamaguchi K, Ono Y, Matsumoto H, Hayashi T, Ogawa T, Imai K, Kuzuhara T, Nishizono A, Fujiki H
International Journal of Cancer   123 117-122   2008年7月   [査読有り]
KUZUHARA Takashi, KISE Daisuke, SHIRAKAWA Yayoi, SASADA Kinuko, SUGANUMA Masami, FUJIKI Hirota
Biological & Pharmaceutical Bulletin   31(5) 816-819   2008年5月
Green tea is an acknowledged cancer preventive in Japan, and the main constituent of green tea catechins is (-)-epigallocatechin gallate (EGCG). To investigate the bioavailability of EGCG in humans, we generated a monoclonal antibody against EGCG ...
Kuzuhara T, Suganuma M, Fujiki H
Cancer letters   261 12-20   2008年3月   [査読有り]
Kuzuhara T, Tanabe A, Sei Y, Yamaguchi K, Suganuma M, Fujiki H
Molecular carcinogenesis   46 640-645   2007年8月   [査読有り]
Kuzuhara T, Suganuma M, Kurusu M, Fujiki H
Journal of cancer research and clinical oncology   133 287-296   2007年5月   [査読有り]
Kuzuhara T, Suganuma M, Oka K, Fujiki H.
Biochem Biophys Res Commun.   362(4) 805-810   2007年
Carcinogenic role of tumor necrosis factor-alpha inducing protein of Helicobacter pylori in human stomach.
Suganuma M, Kuzuhara T, Yamaguchi K, Fujiki H
Journal of Biochemistry and Molecular Biology   39 1-8   2006年1月   [査読有り]
Kuzuhara T, Sei Y, Yamaguchi K, Suganuma M, Fujiki H.
J. Biol. Chem.   281(25) 17446-17456   2006年
KUZUHARA Takashi, SUGANUMA Masami, TSUGE Hideaki, FUJIKI Hirota
Biological & Pharmaceutical Bulletin   28(11) 2133-2137   2005年11月
Here we report a primary structure conserved between Helicobacter pylori (H. pylori)-tumor necrosis factorα inducing protein (Tipα) and bacterial penicillin-binding proteins. H. pylori is a Gram-negative bacterium which plays a key part in carcino...
[Mechanisms of gene regulation centered on peptidyl prolyl cis-trans isomerase].
Horikoshi M, Himukai R, Kuzuhara T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49 1195-1203   2004年6月   [査読有り]
Padmanabhan B, Kuzuhara T, Adachi N, Horikoshi M
The Journal of Biological Chemistry   279 9615-9624   2004年3月   [査読有り]
Kuzuhara T, Horikoshi M
Nature Structural & Molecular Biology   11 275-283   2004年3月   [査読有り]
Chimura T, Kuzuhara T, Horikoshi M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   99 9334-9339   2002年7月   [査読有り]
Purification, crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of human CCG1-interacting factor B.
Padmanabhan B, Kuzuhara T, Mizuno H, Horikoshi M
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   56 1479-1481   2000年11月   [査読有り]
Functional interaction of general transcription initiation factor TFIIE with general chromatin factor SPT16/CDC68.
Kang SW, Kuzuhara T, Horikoshi M
Genes to Cells   5 251-263   2000年4月   [査読有り]
A human homologue of yeast anti-silencing factor has histone chaperone activity.
Munakata T, Adachi N, Yokoyama N, Kuzuhara T, Horikoshi M
Genes to Cells   5 221-233   2000年3月   [査読有り]
Himukai R, Kuzuhara T, Horikoshi M
Journal of Biochemistry   126(5) 879-888   1999年11月   [査読有り]
Kuzuhara T, Horikoshi M
Biological & Pharmaceutical Bulletin   19(1) 122-126   1996年1月   [査読有り]
A cDNA encoding human TFIID subunit p30β (hp30β) was isolated and sequenced. Comparison of the deduced 211 amino acid (aa) sequence with that of Drosophila melanogaster p30β (dp30β) showed 45% identity in overall length, and subunits with highly c...
The sequence of a Xenopus laevis TFIID subunit reveals remarkable conservation among vertebrates.
Hasegawa S, Kuzuhara T, Horikoshi M
Gene   164 369-370   1995年10月   [査読有り]
Kanai A, Kuzuhara T, Sekimizu K, Natori S
Journal of Biochemistry   109(5) 674-677   1991年5月   [査読有り]
Two new cDNA clones for S-II-related proteins were isolated from a mouse liver cDNA library. Analyses of these clones suggested that S-II proteins are a family of proteins with relatively conserved C-terminal regions but variable N-terminal region...
1H nuclear magnetic resonance study of the solution conformation of an antibacterial protein, sapecin.
Hanzawa H, Shimada I, Kuzuhara T, Komano H, Kohda D, Inagaki F, Natori S, Arata Y
FEBS letters   269 413-420   1990年9月   [査読有り]
Kuzuhara T, Nakajima Y, Matsuyama K, Natori S
Journal of Biochemistry   107(4) 514-518   1990年4月   [査読有り]
Sapecin is a 40-residue peptide containing 6 half-cystine residues. The disulfide structure of sapecin was determined by sequencing cystine-containing peptides obtained by digesting sapecin with thermolysin. Results showed that sapecin has a vorti...

Misc

 
葛原 隆, 津下 英明
生化學   84(9) 780-785   2012年9月
Hatakeyama Dai, Iwai Yuuma, Murakami Kouki, Gomi Yasuyuki, Okutani Takeshi, Hashimoto Toshihiro, Asakawa Yoshinori, Okuno Yoshinobu, Ishikawa Toyokazu, Echigo Noriko, Kuzuhara Takashi
生物物理   51(1)    2011年8月
Hatakeyama Dai, Iwai Yuma, Takahashi Hitoshi, Motoshima Kazunori, Ishikawa Minoru, Sugita Kazuyuki, Hashimoto Yuichi, Harada Yuichi, Itamura Shigeyuki, Odagiri Takato, Tashiro Masato, Sei Yoshihisa, Yamaguchi Kentaro, Kuzuhara Takashi
生物物理   50(2)    2010年8月
Tsuge Hideaki, Utsunomiya Hiroko, Kise Daisuke, Echigo Noriko, Kuzuhara Takashi
生物物理   49(1)    2009年9月
井口 美紀, 庄野 文章, 田中 正己, 鈴木 真也, 加来 裕人, 松永 洋一, 橋本 敏弘, 豊田 正夫, 葛原 隆, 梅山 明美, 八木 康行
日本医療薬学会年会講演要旨集   18    2008年9月
葛原 隆, 藤木 博太
ファルマシア   43(4) 321-326   2007年4月
葛原 隆, 藤木 博太
ファルマシア   43(4) 321-326   2007年4月
藤木 博太, 葛原 隆
シュネラー   (59) 18-25   2006年
堀越 正美, 日向 亮介, 葛原 隆
蛋白質核酸酵素   49(8) 1195-1203   2004年6月
葛原 隆, 堀越 正美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
日向 亮介, 葛原 隆, 堀越 正美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
安達 宣明, 小方 康至, 葛原 隆
蛋白質核酸酵素   43(3) 291-294   1998年3月
葛原 隆, 堀越 正美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19    1996年8月

書籍等出版物

 
Springer   2013年7月   ISBN:4431543309
生物薬科学実験講座タンパク質
葛原 隆 (担当:分担執筆, 範囲:逆相クロマトグラフィー)
廣川書店   2008年   
薬学領域の生化学
葛原 隆 (担当:分担執筆)
廣川書店   2007年   
薬学のための分子生物学
葛原 隆 (担当:分担執筆)
廣川書店   2014年   

講演・口頭発表等

 
インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ
葛原 隆
第8回 HBS 公開シンポジウム   2011年11月19日   
New aspects of green tea catechins in relation to DNA and RNA molecules
葛原 隆
ICPH2007 -3rd International Conference on Polyphenols and Health   2007年11月26日   
DNA and RNA as New Biological Reservoirs of Green tea catechins
葛原 隆
The 8th Japan-Korea Joint Symposium on Cancer and Ageing Research   2007年8月10日   
DNA AND RNA AS NEW BINDING TARGETS OF GREEN TEA CATECHIN [招待有り]
葛原 隆
Seventh International Skin Carcinogenesis Conference   2006年11月9日   
緑茶成分カテキンはDNAやRNAと直接結合する。
葛原 隆
第1回食品薬学シンポジウム   2006年10月26日   
Ancestral and carcinogenic peptide proposed by a motif conserved between Helicobacter pylori TNF-α inducing protein (Tipα) and penicillin binding proteins [招待有り]
葛原 隆
THE 7th KOREA-JAPAN CANCER AND AGING SYMPOSIUM   2005年11月3日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 葛原 隆
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 葛原 隆
抗インフルエンザウイルス化合物を探すために、ウイルス株間で保存性の高い、インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼ内のエンドヌクレアーゼの阻害化合物の探索を行った。インフルエンザRNAポリメラーゼのエンドヌクレアーゼドメインタンパク質を精製し、サリドマイドアナログ化合物・コケ由来の天然物であるマルカンチン・緑茶カテキンがこのエンドヌクレアーゼ阻害活性を有し、抗インフルエンザ活性を有することを見いだした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 葛原 隆
緑茶成分であるカテキンが核酸と相互作用することを見出し、新規な作用機構を発表した。日本人がよく飲む緑茶に含まれるカテキン類には、強い抗酸化作用のほか、突然変異抑制作用やがん予防効果がある。発がんの原因の1つであるDNA酸化障害をカテキンが減少させることは明らかにされているが、緑茶を飲用する程度の量のカテキン類の摂取で、どのようにがん予防効果が見られるのかその機構は完全には解明されていない。私達の研究は、その機構をDNAのレベルから明らかにするという新規な研究を行った。これまでカテキンの標的...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A), 特定領域研究)
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 葛原 隆
クロマチン構造変換反応に関与する様々なタイプのクロマチン構造変換因子の構造解析を通して、クロマチンを介した機能変換反応の素過程を明らかにした。1)ヒストンシャベロン、ATPaseおよびHATのドメイン構造・機能活性相関の解析平成12年に立体構造を明らかにし、平成13年度にその立体構造情報を基にして構造・機能活性相関の解析を進めた新規クロマチン因子CIBについて、本年度はその他のクロマチン因子との機能的相互作用の解析を進めた。さらに他のクロマチン構造変換因子であるヒストンシャペロン、ATPa...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 葛原 隆
クロマチン構造変換反応に関与する様々なタイプのクロマチン構造変換因子の構造解析を通して、クロマチンを介した機能変換反応の素過程を明らかにする。本萌芽的研究では、新規核内加水分解酵素の機能解析及び構造解析を進めた。TATAボックス結合因子TFIIDの相互作用因子として単離したCIB(CCG1 interacting factorB)の一次構造を基に進化的な比較検討を行ったところ、原核細胞に存在する様々なタイプの加水分解酵素群と極めて弱いながらも相同性を有する複数の領域が分断して現れることが明...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 葛原 隆
転写基本因子群が多様な転写調節因子群に相互作用し、転写調節反応に関わっていくためには、これらが特徴的な構造を有していることが必要である。そこで、転写基本因子群の機能の基盤になる分子構造を三次元レベルで解析するために、それらが有する特徴的な構造を一次構造から見い出し、転写調節における分子間相互作用の特異性を理解し、転写調節における転写基本因子群の機能的役割を明らかにすることを目的として解析を進めた。1)新しいタイプのクロマチン転写因子群の単離TATAボックス結合因子TFIIDや転写基本因子群...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 葛原 隆
数少ない転写基本因子群が多様な転写調節因子群に相互作用し、転写調節反応に関わっていくためには、これらが何らかの特徴的な構造を有していることが必要である。そこで、転写基本因子群の機能の基盤になる分子構造を三次元レベルで詳細に解析するために、それらの特徴的な構造を見い出し、転写調節における分子間相互作用の特異性を理解し、転写基本因子群の転写調節における機能的役割を明らかにすることを目的とする。1)新しいタイプの転写因子群の単離TATAボックス結合因子TFIIDや転写基本因子群と相互作用する新し...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 葛原 隆
数少ない転写基本因子群が多様な転写調節因子群に相互作用し、転写調節反応に関わっていくためには、これらが何らかの特徴的な構造を有していることが必要である。そこで、転写基本因子群の機能の基盤になる分子構造を三次元レベルで詳細に解析するために、それらの特徴的な構造を見い出し、転写調節における分子間相互作用の特異性を理解し、転写基本因子群の転写調節における機能的役割を明らかにすることを目的とする。1)新しいタイプの転写因子群の単離TATAボックス結合因子TFIIDや転写基本因子群と相互作用する新し...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 葛原 隆
細胞周期に関与する因子群については、cyclinやCDKなど様々な因子群が知られているが、転写因子として性格づけがなされているものは極めて少ない。そこで、本研究ではTATAボックス結合因子TFIIDのサブユニットのうち、細胞周期G1→S期に働くとされるCCG1サブユニットの細胞周期における役割を知る目的で、細胞周期関連因子であるSWI4と相同性を有するCCG1内の領域、及びその周辺領域に存在するDNA結合ドメインの一種として知られるHMGボックス様領域に注目して解析した。ただし、このHMG...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 葛原 隆
転写開始反応や転写調節反応においては、様々な転写因子による様々なDNAエレメントとの相互作用や他の転写因子との相互作用が必要である。DNA・転写因子、転写因子・転写因子間の様々な特異性を伴い相互作用し、それらが協同的に働き合うことによって、転写反応をダイナミックに動かしていると考えられる。そこで、この転写調節反応において働く多様な転写基本因子群の三次構造を知り、転写開始調節反応を様々な化学反応・相互作用の集積として捉えるという研究方針で解析を進めることにした。それらの三次構造を解析するため...

社会貢献活動

 
ひらめきときめきサイエンス
【講師, 実演】  2014年8月
インフルエンザ、その薬の副作用、阿波晚茶
【講師】  徳島県立総合教育センター  2014年10月26日
遺伝子と薬
【講師】  高知県中村高等学校  2013年11月12日
インフルエンザとタミフルと阿波晚茶
【講師】  徳島県高等学校教育研究会 理科学会総会・研究大会  2013年8月13日