高山 範理

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/21 20:29
 
アバター
研究者氏名
高山 範理
 
タカヤマ ノリマサ
通称等の別名
Norimasa,TAKAYAMA
eメール
hanriffpri.affrc.go.jp
URL
http://www.ffpri.affrc.go.jp/
所属
国立研究開発法人森林総合研究所
部署
森林管理研究領域 環境計画研究室
職名
主任研究員
学位
博士(農学)(東京大学大学院), 博士(心身健康科学)(人間総合科学大学大学院), 修士(農学)(東京大学大学院)
その他の所属
東京大学大学院東京大学女子美術大学大正大学筑波大学内閣府認定NPO法人 ジャパン・フォレスト・フォーラム
Twitter ID
hanrit

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大正大学 Ⅰ類 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
国立研究開発法人森林総合研究所 森林管理研究領域 主任研究員
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学 農学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
内閣府認定 NPO法人 ジャパン・フォレスト・フォーラム 理事
 
2013年4月
 - 
現在
女子美術大学 芸術学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
現在
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人森林総合研究所 森林管理研究領域 主任研究員
 
2016年5月
 - 
2016年9月
筑波大学 理工学群社会工学類 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2008年3月
独立行政法人森林総合研究所 環境計画研究室 研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 心身健康科学専攻(博士課程)
 
1998年4月
 - 
2002年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 森林科学専攻(修士課程‐博士課程)
 
1993年4月
 - 
1998年3月
宇都宮大学 農学部 森林科学専攻(学士課程)
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
森林整備センター 出雲大社近くの分収造林に関する検討会  委員(景観担当)
 
2016年4月
 - 
現在
(一社)日本森林学会 日林誌編集委員会  委員(風致担当)
 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人森林総合研究所研究報告 編集委員会  委員(経営担当)
 
2015年4月
 - 
現在
(一社)環境情報科学センター 審議員会議  審議員
 
2014年9月
 - 
現在
日本心身健康科学会  理事
 
2013年4月
 - 
現在
(一社)環境情報科学センター  学会誌編集委員
 
2015年9月
 - 
2016年3月
つくば市みどりの基本計画策定委員会  委員
 
2014年10月
 - 
2015年5月
(公財)日本造園学会 学術大会運営委員会(東大)  委員(懇親会)
 
2011年5月
 - 
2013年5月
(公財)日本造園学会  論文集委員(幹事)
 
2011年5月
 - 
2013年5月
(公財)日本造園学会  校閲委員(幹事)
 
2011年5月
 - 
2013年5月
(公財)日本造園学会  総務委員
 
2009年5月
 - 
2011年5月
(公財)日本造園学会  日本造園学会日中韓国際論文集委員
 
2009年5月
 - 
2011年5月
(公財)日本造園学会  日本造園学会国際委員
 
2010年
   
 
(公財)日本造園学会  第12回日中韓国際ランドスケープ専門家会議・国際シンポジウム実行委員
 
2005年5月
 - 
2008年5月
(公財)日本造園学会   日本造園学会企画委員
 
2006年4月
 - 
2015年3月
(一社)環境情報科学センター  環境情報科学論文集編集委員
 
2004年10月
 - 
現在
(公財)日本造園学会  日本造園学会査読委員
 

受賞

 
2014年10月
関東森林学会 関東森林学会賞
 
2014年5月
日本造園学会 日本造園学会賞
 
2013年5月
環境情報科学センター 学術論文賞
 
2009年5月
環境情報科学センター 学術論文奨励賞
 
2007年11月
環境情報科学センター 学術委員長賞
 
2005年5月
日本造園学会 研究奨励賞
 

論文

 
Values, Concerns, and Attitudes Towards the Environment in Japan and Russia: Examination of the Differences and Causes
Norimasa Takayama, Elena Petrova, Hajime Matsuhima, Katsunori Furuya, Hirofumi Ueda, Yury Mironov, Anastasia Petorova, Yoji Aoki
Urban and Rural Planning Review   2(2015) 43-67   2015年7月   [査読有り]
Elena G Petrova, Yury V Mironov, Yoji Aoki, Hajime Matsushima, Satoshi Ebine, Katsunori Furuya, Anastasia Petrova, Norimasa Takayama and Hirofumi Ueda
Progress in Earth and Planetary Science   2(6)    2015年4月   [査読有り][招待有り]
Japan and Russia have deeply rooted cultural traditions regarding natural landscape appreciation, share a common
border, and have areas with similar natural environments. They differ, however, in cultural, historical, and economic
aspects. The pur...
Impact of Viewing vs. Not Viewing a Real Forest on Physiological and Psychological Responses in the Same Setting
Masahiro Horiuchi, Junko Endo, Norimasa Takayama, Kazutaka Murase, Norio Nishiyama, Haruo Saito, Akio Fujiwara
International Journal of Environmental Research and Public Health   11(10) 10883-10901   2014年10月   [査読有り]
Emotional, Restorative and Vitalizing Effects of Forest and Urban Environments at Four Sites in Japan
Norimasa Takayama, Kalevi Korpela, Juyoung Lee, Takeshi Morikawa, Yuko Tsunetsugu, Bum-Jin Park, Qing Li, Liisa Tyrväinen, Yoshifumi Miyazaki, Takahide Kagawa
International Journal of Environmental Research and Public Health   11(7) 7207-7230   2014年7月   [査読有り]
Lee J, Tsunetsugu Y, Takayama N, Park BJ, Li Q, Song C, Komatsu M, Ikei H, Tyrväinen L, Kagawa T, Miyazaki Y
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2014(2014) Article ID 834360   2014年2月   [査読有り]
Landscape image sketches of forests in Japan and Russia
Hirofumi Ueda Nakajima, Toshihiro Takayama, Norimasa Petrova, Elena Matsushima, Hajime Furuya, Katsunori Aoki, Yoji
Forest Policy and Economics   19 20-30   2012年   [査読有り]
Park, Bum Jin Furuya, Katsunori Kasetani, Tamami Takayama, Norimasa Kagawa, Takahide Miyazaki, Yoshifumi Norimasa, T.
Landscape and Urban Planning   102(1) 24-32   2011年   [査読有り]
The present study aimed to clarify the relationship between psychological responses to forest and urban environmental settings and the physical variables that characterize these environments, by examining the psychological responses of 168 subject...
A forest bathing trip increases human natural killer activity and expression of anti-cancer proteins in female subjects.
Li Q, Morimoto K, Kobayashi M, Inagaki H, Katsumata M, Hirata Y, Hirata K, Shimizu T, Li YJ, Wakayama Y, Kawada T, Ohira T, Takayama N, Kagawa T, Miyazaki Y
Journal of biological regulators and homeostatic agents   22 45-55   2008年1月   [査読有り]
Forest bathing enhances human natural killer activity and expression of anti-cancer proteins.
Li Q, Morimoto K, Nakadai A, Inagaki H, Katsumata M, Shimizu T, Hirata Y, Hirata K, Suzuki H, Miyazaki Y, Kagawa T, Koyama Y, Ohira T, Takayama N, Krensky AM, Kawada T
International journal of immunopathology and pharmacology   20 3-8   2007年4月   [査読有り]

Misc

 
都市近郊のオンサイト森林環境とオフサイド動画の心理的回復効果の比較
高山 範理
関東森林研究   67(1) 171-172   2016年3月
4泊5日の都市近郊林滞在におけるQOLと気分の啓示的変化
高山 範理、斎藤 肇
第127回日本森林学会大会学術講演集   100    2016年3月
日本語版活力感指標(SVS-J)の開発と検証
高山 範理
環境情報科学 学術研究論文集   29 33-36   2015年11月
Physiological and Psychological Effects of Walking and Sedentary Viewing of Landscapes Depicting Various Natural Environments on Humans
Takeshi Morikawa, Norimasa Takayama, Juyoung Lee, Takahide Kagawa
International Congress of Physiological Anthropology Abstract Book   -TN002620   2015年10月
都市近郊のオンサイト森林環境とオフサイド動画の心理的回復効果の比較
高山 範理
第5回関東森林学会大会講演要旨集   49   2015年10月
原発事故にともなう放射線物質の除染の現状と今後―特集を俯瞰して
小林 剛、伊藤 泰志、網林 厳、高山 範理、杉村 乾
環境情報科学   44(2) 50-53   2015年7月
高山 範理
UP   44(5) 26-32   2015年5月
The Effect of Slight Thinning of Managed Coniferous Forest on Landscape Appreciation and Psychological Restoration
Norimasa Takayama, Haruo Saito, Akio Fujiwara, Masahiro Horiuchi
Japan Geoscience Union Meeting 2015 Abstract   -TN002620   2015年5月
Rescent trend of psychological evaluation of landscape from view point of survey paper
Yoji Aoki, Christoph Rupprecht, Norimasa Takayama
Japan Geoscience Union Meeting 2015 Abstract   -TN002620   2015年5月
都市近郊林の文化的サービスの持続的発揮に向けて:多様な学問領域の視点から
高山 範理、八巻 一成
森林技術   878 26-27   2015年5月
森林浴で地域も元気に:森林浴の愉しみ6
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   511 26-32   2015年5月
ストレスと森林浴
高山 範理
バイオフィードバック研究   42(1) 3-10   2015年4月
都市近郊林の文化的サービスの持続的発揮に向けて―多様な学問領域の視点から―
高山 範理、八巻 一成
第126回日本森林学会大会学術講演集   38    2015年3月
都市近郊林と静的利用:都市近郊林を対象とした癒し・休息的利用に関する研究の状況
高山 範理
第126回日本森林学会大会学術講演集   88   2015年3月
森林浴の愉しみ(3)心理的なリラックス効果とその特徴
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   43(11) 36-41   2014年11月
森林浴の愉しみ(5)目的に合わせて場所を選ぼう
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   44(3) 29-35   2015年3月
高山 範理
学士会会報、学士会   2015(910) 93-98   2015年1月
森林浴の愉しみ(4)癒しをもたらす環境要因とは?
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   44(1) 42-48   2015年1月
日本語版回復感指標(ROS-J)の開発とオフサイト森林浴の心理的回復効果の測定
藤澤 翠、高山 範理
環境情報科学学術研究発表会要旨集(平成26年度)      2014年12月   [査読有り]
日本語版回復感指標(ROS-J)の開発とオフサイト森林浴の心理的回復効果の測定
藤澤翠、高山範理
環境情報科学学術研究論文集   28 361-366   2014年11月   [査読有り]
MMVのレクリエーション研究の動向:2002年から2014年
青木 陽二、高山 範理、藤田 均
日本造園学会東北支部大会発表要旨集(平成26年度)      2014年10月   [査読有り]
星空観察会参加者の情動変化の測定
尾崎 勝彦、高山 範理
人間・環境学会誌、人間・環境学会   17(1) 65   2014年10月
森林浴の愉しみ(2)身体のリラックス効果と免疫の改善
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   43(9) 39-44   2014年9月
森林浴の愉しみ(1)癒しの森へようこそ
高山 範理
UP(ユーピー)、東京大学出版会   43(7) 41-47   2014年7月
森林視覚刺激が生理的・心理的指標におよぼす影響~同一森林内での比較検討~
堀内 雅弘、遠藤 淳子、高山 範理、村瀬 一隆、西山 教雄、斎藤 暖生、藤原 章雄
生理人類学会全国大会発表要旨集(第69回)      2014年6月   [査読有り]
ストレスと森林浴
高山 範理
日本バイオフィードバック学会学術総会プログラム・抄録集   42(24)    2014年6月   [査読有り]
森林浴における光環境の大切さ―木漏れ日のもつリラックス効果について―
高山 範理
日本森林保健学会学術総会要旨集(第4回)   2    2014年6月   [査読有り]
森林浴:その効果の理由(わけ)と楽しみ方
高山 範理
國立公園、自然公園財団   (723) 3-6   2014年5月
森林環境のストレス低減効果の解明に関する研究
ランドスケープ研究   78(2) 139-142   2014年5月   [査読有り]
Influence of existing scenery in an on-site forest environment in terms of Subjective Appraisal, Restorativeness, Affect.
Norimasa Takayama, Akio Fujiwara, Haruo Saito, Masahiro Horiuchi
Japan Geoscience Union Meeting   -TN002620   2014年4月   [査読有り]
Comparison of natural landscape appreciation between Russia and Japan: landscape exoticism evaluation.
Elena Petrova, Yury Mironov, Yoji Aoki, Hajime Matsushima, Satoshi Ebine, Katsunori Furuya, Anastasia Petrova, Norimasa Takayama, Hirofumi Ueda
Japan Geoscience Union Meeting      2014年4月   [査読有り]
針葉樹林の密度の違いと保健休養機能の関係に関する地域住民参加型の調査研究に向けて
高山 範理
第125回日本森林学会大会発表データベース、TO03-05(森林環境の持つ保健休養機能の基礎的研究と応用研究)   -TN002620   2014年3月
オンサイトにおける森林風景の有無が主観的回復感・感情・注意回復力にもたらす影響
高山 範理、藤原 章雄、斎藤 暖生、堀内 雅弘
ランドスケープ研究   77(5) 497-500   2014年3月   [査読有り]
第3章 心理実験結果(南房総町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   24-36   2014年3月
第3章 心理実験結果(広島県神石高原町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   27-40   2014年3月
第3章 心理実験結果(群馬県赤城自然園)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   23-36   2014年3月
第3章 心理実験結果(群馬県甘楽町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   22-33   2014年3月
オンサイトにおける森林風景開放時と遮蔽時の違いからみた森林環境の印象評価特性
高山範理、齋藤暖生、藤原章雄、堀内雅弘、遠藤淳子、西山教雄、村瀬一隆
関東森林研究   65(1) 157-158   2014年3月   [査読有り]
森林浴の心理的ストレス低減効果における個人差の解明とその応用に関する研究
高山 範理
環境情報科学   42(3) 67-69   2013年10月
オンサイトにおける森林風景開放時と遮蔽時の違いからみた森林環境の印象評価特性
高山 範理
第3回関東森林学会大会講演要旨集   32   2013年10月
学会の目・眼・芽 第49回:実務や技術に供する知見として問われる研究論文集の意義
高山 範理
日造協ニュース、一般社団法人日本造園建設業協会   474 2   2013年9月
森林内の木漏れ日が視覚的にもたらす生理・心理的効果
高山 範理
第17回日本心身健康科学会学術集会抄録集、日本心身健康科学会   11   2013年9月
森林浴の個人差とその応用について
高山 範理
森林セラピー、特定非営利活動法人森林セラピーソサイエティ   12 5-6   2013年6月
Which does affect the natural landscape appreciation strongly, cultural or geological difference?
Hajime,Matsushima、PETROVA,Elena、MIRONOV,Yury、EBINE,Satoshi、TAKAYAMA,Norimasa、UEDA,Hirofumi、PETROVA,Anastasia、AOKI,Yoji、NAKAJIMA,Toshihiro、FURUYA, Katsunori、HIRAOKA,Naoki、FUKUI,Wataru
Japan Geoscience Union Meeting, 19-24 May 2013:HGG02-06      2013年5月
Forest Imagery in Japan and Russia.
Hirofumi UEDA、NAKAJIMA Toshihiro、Norimasa Takayama、Elena PETROVA、Hajime MATSUSHIMA、Katsunori FURUYA、Yoji AOKI
Japan Geoscience Union Meeting , 19-24 May 2013:HGG02-04      2013年5月
注意回復理論を用いた回復環境としての森林環境の機能に関する研究
高山範理、香川隆英
平成25年度日本造園学会研究発表会発表抄録      2013年5月
Differences in and causes of Environmental Attitudes between Japan and Russia.
Norimasa Takayama、Elena PETROVA、Hajime MATSUSHIMA、Hirofumi UEDA、Katsunori FURUYA、Yoji AOKI
Japan Geoscience Union Meeting , 19-24 May 2013:HGG02-05      2013年5月
注意回復理論を用いた回復環境としての森林環境の機能に関する研究
高山範理、香川隆英
ランドスケープ研究   76(5) 539-542   2013年3月   [査読有り]
第3章 心理実験結果 (大分県大分市)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   26-38   2013年3月
第3章 心理実験結果 (山梨県)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   24-35   2013年3月
第3章 心理実験結果(福岡県豊前町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   21-32   2013年3月
第3章 心理実験結果(青森県深浦町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   23-34   2013年3月
第3章 心理実験結果(長野県松川町) 
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   25-38   2013年3月
成人を対象とした森林管理活動による関心度および自然観の変化
高山 範理
関東森林研究   64(1) 105-106   2013年3月   [査読有り]
森林環境の回復効果に関する国内研究の動向
高山 範理
人間・環境学会誌   15(2) 8-12   2012年12月   [査読有り]
森林内の光環境が視覚的にもたらす主観評価と生理的効果に関する検討
藤澤翠、高山範理、森川岳、香川 隆英
環境情報科学論文集   26 103-106   2012年11月   [査読有り]
成人を対象とした森林管理活動による関心度および自然観の変化
高山 範理
第2回関東森林学会大会講演要旨集   10   2012年10月
Differences in Environmental Attitudes between Russia and Japan.
Takayama,Norimasa、Matsushima,Hajime、Elena Petrova、Ueda,Hirofumi、Nakajima,Toshihiro、Furuya,Katsunori、Aoki Yoji
The 6th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas,Stockholm, Sweden   404-405   2012年8月
Stress-reducing effects of viewing the landscapes in forests as assessed by multiple physiological measurements.
Tsunetsugu, Yuko、Lee, Juyoung、Takayama, Norimasa、Park,Bum-Jin、Li, Qing、Komatsu, Misako、Ikei,Harumi、Tyrväinen, Liisa、Kagawa, Takahide、Miyazaki, Yoshifumi
Proceedings of IUFRO - Forests for People 2012, Tirol, Austria      2012年5月
Physiological benefits of walking in the forests – Evidence-based field research in Japan.
Lee, Juyoung、Tsunetsugu, Yuko、Takayama, Norimasa、Park,Bum-Jin、Li, Qing、Komatsu, Misako、Ikei,Harumi、Tyrväinen, Liisa、Kagawa, Takahide、Miyazaki, Yoshifumi
Proceedings of IUFRO - Forests for People 2012, Tirol, Austria      2012年5月
Psychological Stress Reduction Effect of Forest Environment -Results of Field Experiment by Some Psychological Indexes at 4 Sites of Japan-.
Takayama, Norimasa、Lee, Juyoung、 Tsunetsugu, Yuko、 Park,Bum-Jin 、Li, Qing 、Tyrväinen, Liisa 、Kagawa, Takahide 、Miyazaki, Yoshifumi
Proceedings of IUFRO - Forests for People 2012, Tirol, Austria      2012年5月
木漏れ日の静止映像等による心理的ストレス低減効果と印象評価および個人特性の影響
高山範理、藤澤翠、荒牧まりさ、森川岳
ランドスケープ研究   75(5) 565-570   2012年3月   [査読有り]
第3章 心理実験結果(大分県大分市)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   22-34   2012年3月
第3章 心理実験結果(富山県上市町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   19-31   2012年3月
第3章 心理実験結果(広島県安芸太田町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   22-34   2012年3月
第3章 心理実験結果(奈良県吉野町)
高山 範理
森林セラピー基地・セラピーロード候補地における生理・心理効果   19-31   2012年3月
重回帰分析による森林環境のストレス低減効果と個人特性との関係整理
高山 範理
関東森林研究   63(1) 1-5   2012年3月   [査読有り]
重回帰分析による森林環境のストレス低減効果と個人特性との関係整理
高山 範理
第1回関東森林学会大会講演要旨集   29   2011年10月
森林環境の多次元的な評価尺度と個人特性との因果関係の整理
高山 範理
第62回日本森林学会関東支部大会講演要旨集   13   2011年10月
森林内の光環境が視覚的にもたらす生理・心理的効果
高山範理、藤澤翠、森川岳、香川隆英
人間・環境学会誌   14(1) 42   2011年8月
地域環境基本計画における自然環境保全政策に活用される定量的情報の特徴および役割
荒牧まりさ、高山範理、下村彰男
日本造園学会全国大会研究発表論文集抄録   2011 102   2011年5月
GTA を応用した快適な森林浴の環境整備に供する環境イメージの構造化
高山範理、藤澤翠、荒牧まりさ、多田裕樹
日本造園学会全国大会研究発表論文集抄録   2011 87   2011年5月
森林環境の持つ心理的な回復効果を測定するための指標に関する検討-国際比較のための指標としてのPRSとROS-
高山 範理
日本森林学会大会講演要旨集   122 366   2011年4月
第3章 物理化学環境
高山 範理
森林セラピープログラム   31-38   2011年3月
重回帰分析による森林環境の多次元的な評価尺度と個人特性との関係整理
高山 範理
関東森林研究   62 45-48   2011年3月   [査読有り]
GTAを応用した森林浴に供するイメージの構造化に関する検討
高山範理、藤澤翠、荒牧まりさ、多田裕樹
ランドスケープ研究   74(5) 613-618   2011年3月   [査読有り]
荒牧 まりさ, 高山 範理, 下村 彰男
ランドスケープ研究   74(5) 603-608   2011年
The transitions of biodiversity policies in national environmental policies and/or of the influence of national trends on local plans have been clarified by the other previous researches gradually. However, recently many local governments have bee...
高山範理、筒井末春、朴範鎭、綛谷珠美、荒牧まりさ、香川隆英
環境情報科学論文集   24 357-362   2010年11月   [査読有り]
ロシアと日本の自然環境に対する価値観および関心度の異同に関する考察
高山範理・エレナ ペトロバ・松島肇・上田裕文・中島敏博・古谷勝則
人間・環境学会誌   13(2) 18   2010年11月
森林浴と健康
高山 範理
News Letter (健康心理教育実践センター)   8(2) 4-5   2010年10月
森林セラピーの効果をもたらす場所・森林環境の測定から分かったこと
高山 範理
機関誌 森林セラピー(森林セラピーソサイエティ)   4 6   2010年10月
高山 範理, 筒井 末春, 中野 博子
心身健康科学   6(2) 100-109   2010年9月   [査読有り]
The influence of user’s personality on the therapeutic effects of on–site forest environments.
Takayama,Norimasa、 Park,Bum-Jin 、Kasetani,Tamami 、 Morikawa,Takeshi、 Kagawa,Tkahide 、 Nakano,Hiroko、 Tsutsui,Sueharu
The International Forestry Review   12(5) 471   2010年8月
Comparison of psychological effects of forest bathing between coniferous and broad-leaved forests.
Kasetani,Tamami、 Miyagawa, Jiro、Takayama,Norimasa、Park,Bum-Jin、Morikawa,Takeshi、Kagawa,Tkahide
The International Forestry Review   12(5) 467   2010年8月
Relationship between psychological response and physical environments.
Park,Bum-Jin、Furuya, Katsunori, Kasetani, Tamami, Takayama,Norimasa, Kagawa,Takahide, Miyazaki,Yoshifumi
The International Forestry Review   12(5) 470   2010年8月
Ways of Seeing the Forest -Landscape Image Sketches in Japan and Russia-.
Ueda,Hirofumi、 Nakajima Toshihiro、Takayama,Norimasa、Petrova,Elena、Matsushima,Hajime, Furuya,Katsunori、 Aoki,Yoji
Recreation, tourism and nature in a changing world Proceedings of the Fifth International Conference on Monitoring and Management of Visitor Flows in Recreational and Protected Areas   141-143   2010年6月
利用者の個人特性がオンサイトの森林環境の印象評価に与える影響
高山範理、筒井末春、朴範鎭、綛谷珠美、荒牧まりさ、香川 隆英
日本造園学会全国大会研究発表論文集抄録   2010 29   2010年5月
環境基本計画にみる生物多様性施策の国レベルでの動向整理と都道府県レベルでの特徴分類
荒牧まりさ、高山範理、下村彰男
日本造園学会全国大会研究発表論文集抄録   2010 36   2010年5月
森林および都市由来の視覚・聴覚刺激が生体に及ぼす影響
森川岳、高山範理、香川隆英
日本森林学会大会発表データベース   121 366   2010年4月
GTAを用いた快適な森林浴空間イメージの構造化と設計方法に関する検討
高山 範理
日本森林学会大会発表データベース   121 370   2010年4月
ロシアと日本の環境への関心および価値観の異同に関する研究
高山範理、ペトロバ・エレナ、松島肇
関東森林研究   61 63-64   2010年3月   [査読有り]
利用者の個人特性がオンサイトの森林環境の印象評価に与える影響
高山範理、筒井末春、朴範鎭、綛谷珠美、荒牧まりさ、香川隆英
ランドスケープ研究   73(5) 531-536   2010年3月   [査読有り]
環境基本計画にみる生物多様性施策の国レベルでの動向整理と都道府県レベルでの特徴分類
荒牧まりさ、高山範理、下村彰男
ランドスケープ研究   73(5) 547-552   2010年3月   [査読有り]
第4章 物理・化学実験結果  第4章1節~2節5項:物理実験結果
高山 範理
森林セラピー基地・ウォーキングロード候補地における生理・心理効果と物理・化学的評価   熊本県水上村版 25-38   2010年3月
第4章 物理・化学実験結果 第4章1節~2節5項:物理実験結果
高山 範理
森林セラピー基地・ウォーキングロード候補地における生理・心理効果と物理・化学的評価   鳥取県智頭町版 26-39   2010年3月
第4章 物理・化学実験結果  第4章1節~2節5項:物理実験結果
高山 範理
森林セラピー基地・ウォーキングロード候補地における生理・心理効果と物理・化学的評価   長野県阿智村版 21-34   2010年3月
第4章 物理・化学実験結果 第4章1節~2節5項:物理実験結果
高山 範理
森林セラピー基地・ウォーキングロード候補地における生理・心理効果と物理・化学的評価   群馬県草津町版 25-38   2010年3月
森林浴が働く女性のストレスホルモンを低下
香川隆英、高山範理、李卿、川田智之、大平辰朗、宮崎良文
森林総合研究所 第2期中期計画成果集   4-5   2010年3月
平成21年度日本造園学会全国大会 ポスター展示報告
斎藤馨、高山範理、押田佳子、金岡省吾
ランドスケープ研究   73(3) 222-223   2009年12月

書籍等出版物

 
エビデンスからみた森林浴のストレス低減効果と今後の展開
高山 範理
新興医学出版社   2012年7月   ISBN:978-4-88002-736-4
Forest Medicine
Norimasa TAKAYAMA (担当:分担執筆)
Nova Science Publishers   2011年10月   ISBN:978-1621000006
地域森林景観(森林大百科事典、560-561)
高山 範理 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2009年   ISBN:978-4-254-47046-8
森林セラピーの環境計測(森林医学Ⅱ、184-192)
高山 範理 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2009年   ISBN:9778-4-254-47047-5
林業地域における森林景観の指標と定量化(魅力ある森林景観づくりガイド、126-144)
高山 範理 (担当:分担執筆)
全国林業改良普及協会   2007年   ISBN:978-4-88138-181-6
地域森林景観の特徴と保全の方向性(森林景観計画ガイドブック、105-122)
森林総合研究所   2006年   
棚田を取り巻く景観の特徴(棚田の自然景観と文化景観、137-173)
農林統計協会   2004年   ISBN:4-541-03180-9

講演・口頭発表等

 
ストレスと森林浴(教育講演) [招待有り]
高山 範理
第42回日本バイオフィードバック学会学術総会   2014年6月28日   
ストレスと森林浴(特別講義) [招待有り]
高山 範理
文教学院大学 心理学部 特別講義   2014年6月24日   
(パネリスト)心身相関の観点からみた森林浴の科学的効果 [招待有り]
高山 範理
第14回心身健康科学会シンポジウム   2012年2月18日   
(パネリスト)森林浴とその心理・生理的効果 [招待有り]
高山 範理
日本環境心理学会企画WS   2010年9月21日   
様々な里山景観での散策による生理的・心理的効果の差異(共同発表)
平成19年度日本造園学会全国大会   2007年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
超高齢・都市社会に対応した新たな都市近郊林管理の方法論(SURF)の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 高山 範理
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高山 範理
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 香川 隆英
東京都の教職員における精神的な疾患を原因とした休職者数は、平成14年以降毎年増えている。平成20年度の公立学校の休職者数およそ800人のうち、7割が精神疾患(双極性障害・抑うつ等うつ病)によるものである。さらに、精神的なストレスを抱えた教職員が、うつ病予備軍として拡大していることは言を俟たない。近年、森林浴のリラックス効果が、森林セラピーとして科学的に証明されてきている。こうした森林セラピーを活用し、高いストレス環境下にある教職員等のストレスマネジメントに寄与させることは、大変意義がある。...
都市都市近郊林におけるストレス緩和効果
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 香川隆英
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 高山 範理
実際の森林環境にて調査をおこなった。調査地として、奈良県吉野町、大分県大分市など、4ヶ所の散策に適した平坦な森林環境を選択し、公募により男子大学生および大学院生、計48名を調査の参加者として依頼した。短期的・継続的なストレス低減効果については、前年度に準備した(1)プロフィール調査票、(2)POMS(以上、(1)、(2):ストレス低減効果調査票)を使って調べた。さらに、(3)生活習慣病予防、(4)レジリエンス、(5)ストレスコーピング、(6)QOL(以上、(3)~(6):コーピング指標調査...
『木漏れ日』が視覚的にもたらす生理的・心理的癒し効果の解明に関する研究
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2009年11月 - 2011年3月    代表者: 高山 範理
自然風景評価の国際比較
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 青木陽二(分担参加)
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 高山 範理
本研究では、20代前半の健全な男子学生を対象に森林浴実験をおこない、気分障害や不安障害に親和性が高い特性だと思われる神経症-不安症傾向の高低によって対象者を分類し、森林環境の印象評価、認識および感想、そして森林浴の癒し効果について調べた。その結果、神経症-不安傾向が高い人たちは、森林環境に対して、より好ましく、親しみやすく、相対的に自然性が低い環境であるとして評価しており、森林浴前から、相対的に高いストレス状態にあるが、(1)短時間の歩行活動によって、特に怒りや敵意の感情が沈静化する、(2...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 高山 範理
H18年度は、前年度に実施した心理実験・アンケート調査うち、181名を調査対象者として個人的背景と自然でのレクリエーション活動などのふれあい活動、森林管理に係る管理活動との因果関係について、共分散構造分析(SEM)を用いた分析をおこなった。具体的には、個人的背景の指標として生活域の自然環境(生自環境)を選出し、人間の判断の基軸となる心的構造性(スキーマ)の指標として、自然環境に対する「態度(関心度、自然観)」を選出した。また、『行動』の指標として、身近な二次的自然に対するふれあい活動、管理...
環境心理学の手法を応用した快適な森林空間の設計およびデザイン
研究期間: 2003年   
日常的な生活環境における人間と環境との関係性の綾を解きほぐし、私達の生活がより健康で豊かになることを目指しています。

社会貢献活動

 
森林セラピー解説
【講師, 企画, 実演】  茨城県森林セラピー研究会  つくばサイエンスコラボ2015  2015年11月1日
小学校講演会(社会貢献)
【講師】  NPO法人中島小学校ウルラ  身近な森とみんなのくらし  2014年4月19日
森の力でリラックス! 元気の出し方教えます!‐森林浴がもたらす心身の健康への効果-(社会貢献)
【講師】  埼玉県社労士会大宮支部  埼玉県社労士会大宮支部賀詞交歓会  2014年1月21日 - 2014年1月21日
森林セラピー解説
【講師, 企画, 実演】  茨城県森林セラピー研究会  つくばサイエンスコラボ  2014年11月9日
任意団体勉強会講師(社会貢献)
【講師】  茨城県森林セラピー研究会  森林セラピーに関する実証実験データにみる癒し効果について  2013年12月21日
【パネリスト, コメンテーター, 講師】  糸魚川市  (糸魚川世界ジオパークフォーラム&糸魚川ジオパーク検定 in 東京大学)  2013年11月16日 - 2013年11月16日
森林セラピー解説
【講師, 企画, 実演】  茨城県森林セラピー研究会  つくばサイエンスコラボ2013  2013年11月10日
大学インターン生 受入(社会貢献)
【講師, 助言・指導】  筑波大学理工系学群社会工学類  筑波大学インターン生 指導(2013年10月)  2013年10月1日 - 2013年10月31日
糸魚川市市民講座講演(社会貢献)
【講師】  NPO法人ジャパン・フォレスト・フォーラム  糸魚川ジオパークカレッジ  2013年6月23日
大学インターン生受入(社会貢献)
【講師, 助言・指導】  筑波大学大学院世界遺産専攻  筑波大学インターン生 指導(2012年9-10月)  2012年9月1日 - 2012年10月31日
小学校講演会(社会貢献)
【講師】  NPO法人中島小学校ウルラ  森(もり)の不思議(ふしぎ)  2012年9月23日