井原 泰雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/15 13:01
 
アバター
研究者氏名
井原 泰雄
 
イハラ ヤスオ
URL
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~shinkajin/
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科 生物科学専攻
職名
講師
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

論文

 
Kurokawa S, Ihara Y
Journal of Theoretical Biology   415 20-31   2017年2月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Evolution and Human Behavior   38 117-124   2017年1月   [査読有り]
Ihara Y, Collins DA, Oda R, Matsumoto-Oda A.
Behavioral Ecology and Sociobiology   70 1921-1930   2016年8月   [査読有り]
Ihara Y
International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences 2nd edition (J. D. Wright editor-in-chief)   11 335-339   2015年4月   [査読有り]
Tamura K, Kobayashi Y, Ihara Y
Journal of the Royal Society, Interface / the Royal Society   12(104) 20141285   2015年3月   [査読有り]
Kurokawa S, Ihara Y
Theoretical Population Biology   84 1-8   2013年3月   [査読有り]
Tamura K, Ihara Y
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3(2) 25-29   2012年12月   [査読有り]
Nojo S, Tamura S, Ihara Y
Human Nature   23(3) 323-340   2012年9月   [査読有り]
Seki M, Ihara, Y
Letters on Evolutionary Behavioral Science   3(2) 12-16   2012年8月   [査読有り]
Seki M, Ihara Y, Aoki K
Annals of Human Biology   39(1) 28-35   2012年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
文化進化がヒトの繁殖に及ぼす影響 [招待有り]
井原 泰雄
第21回進化経済学会年次大会   2017年3月26日   
琉球列島における民謡の文化進化
西川 有理、Sean Lee、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月10日   
強化学習モデルを用いた学習戦略の進化動態についての再検討
加藤 郁佳、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月10日   
配偶者選択がヒトの顔面形態の集団間差異に与える効果
能城 沙織、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月10日   
語彙・文法の獲得/損失における人口規模の役割
小野原 彩香、井原 泰雄
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月10日   
丙午迷信の伝播に関する文化進化的解析
田村 光平、井原 泰雄
「パレオアジア文化史学」第1回研究大会   2016年11月5日   
言語進化の歴史的側面
井原 泰雄
日本進化学会第18回大会   2016年8月25日   
島へ移住するためには何人の移住者が必要か?
井原 泰雄
第4回「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」研究会   2016年6月12日   
Why do ants use a retrieval tactics, Cooperative Transport?
外山 祐、井原 泰雄
第16回東京大学生命科学シンポジウム   2016年4月23日   
ヒヒの発情タイミングの重複に関する分析
井原 泰雄、小田 亮、粕谷 英一、松本 晶子
日本人間行動進化学会第8回大会   2015年12月5日