伊藤 恵理

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/16 14:01
 
アバター
研究者氏名
伊藤 恵理
 
イトウ エリ
URL
http://www.soranotabi.halfmoon.jp/
所属
国立研究開発法人 海上・港湾・航空宇宙研究所/電子航法研究所
部署
航空交通管理領域
職名
主幹研究員
学位
博士号(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議 連携会員
 
2014年10月
 - 
現在
電子航法研究所 航空交通管理領域 主幹研究員
 
2017年4月
 - 
2017年9月
東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 非常勤講師
 
2013年3月
 - 
2014年3月
NASA Ames研究所 AFH devision 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2014年9月
電子航法研究所 航空交通管理領域 主任研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京大学 航空宇宙工学科 客員研究員
 
2010年6月
 - 
2011年7月
電子航法研究所 研究企画統括付
 
2008年10月
 - 
2013年3月
オランダ航空宇宙研究所 客員研究員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
電子航法研究所 航空交通管理領域 研究員
 
2006年10月
 - 
2007年3月
ユーロコントロール実験研究所 博士研究員
 

学歴

 
2004年
 - 
2007年
東京大学 工学研究科 航空宇宙工学
 
2004年
 - 
1998年
大阪府立大学 工学部 航空宇宙工学科
 
1998年
 - 
1993年
同志社女子中学/高等学校  
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
ICAS  Chair of the Early Carriers Sub Committee
 
2012年
 - 
現在
ICAS  Membership and External Relations Sub-Committee (MERSC)
 
2010年
 - 
現在
国際航空科学会議 ICAS  プログラム委員
 
2010年
 - 
現在
ICAS  McCarthy Award 審査員
 
2010年
 - 
現在
日本航空宇宙学会  ICAS連絡会委員
 

受賞

 
2011年5月
電子航法研究所 理事長特別表彰
 
2010年9月
国際航空科学会議 (ICAS) John J. Green Award
 
2006年9月
国際航空科学会議 (ICAS) McCarthy Award
 

論文

 
Evaluating Energy Saving Arrivals for Wide-body Passenger Aircraft via Flight Simulator Experiments
伊藤 恵理, 福島 幸子, 平林 博子, ナヴィンダビクラマシンハ, 虎谷 大地
AIAA Journal of Aircraft (under review)      2017年   [査読有り]
Feasibility Study on Fixed-flight Path Angle Descent for Wide-body Passenger Aircraft
伊藤 恵理, ナヴィンダヴィクラマシンハ, 平林博子, 福島幸子
CEAS Aeronautical Journal (under review)      2017年   [査読有り]
Future Arrival Management Collaborating with Trajectory-Based Operations
伊藤 恵理, マークブラウン, ナヴィンダビクラマシンハ, 福島 幸子
Air Traffic Management and Systems II, Springer, as a selected paper of EIWAC 2016      2017年2月   [査読有り]
Merging Optimization Method Application to Arrival Scheduling Algorithm for Parallel Runways
虎谷 大地, ナヴィンダビクラマシンハ, 伊藤 恵理
AIAA Scitech 2017      2017年1月   [査読有り]
性能準拠型運航と協調する到着スケジューリングの研究
虎谷 大地, 伊藤 恵理
第59回自動制御連合講演会      2016年11月
Applying Merging Optimization Method to Arrival Scheduling Algorithm for Single Runway
虎谷 大地, ナヴィンダビクラマシンハ, 伊藤 恵理
APISAT 2016      2016年10月
フルフライトシミュレータによる降下角を固定した継続降下運航の評価
伊藤 恵理, 福島 幸子, 平林 博子, ビクラマシンハ ナヴィンダ
日本航空宇宙学会論文集   64(1) 50-57   2016年2月   [査読有り]
Analyzing Feasibility of Continuous Descent Operation Following Fixed-flight Path Angle from Oceanic Route to Tokyo International Airport
伊藤 恵理, ナヴィンダビクラマシンハ, 平林博子, 上島一彦, 福島幸子
AIAA (アメリカ航空宇宙学会) Scitech 2016      2016年1月   [査読有り]
到着機のスケジュール管理手法の設計原理について
伊藤 恵理
日本航空宇宙学会 飛行機シンポジウム講演集      2014年10月
Design Principles and Algorithms for AIr Traffic Arrival Scheduling
Heinz Erzberger and Eri Itoh
NASA Technical Report   2014-218302    2014年5月   [査読有り][招待有り]
Rule Derivation for Arrival Aircraft Sequencing
Adriana Andreeva-Mori, Shinji Suzuki, Eri Itoh
Aerospace Science and Technology (Accepted)      2013年9月   [査読有り]
Modeling and Simulation Study on Airborne-based Energy Saving Arrivals to Tokyo International Airport
Eri Itoh, Kazuhiko Uejima, Yuki Kakichi, Shinji Suzuki
Proc. AIAA Guidance, Navigation, and Control (GNC)      2013年8月   [査読有り]
Applying Flight-deck Interval Management based Continuous Descent Operation for Arrival Air Traffic to Tokyo International Airport
Eri Itoh, Kazuhiko Uejima
Proc. ATM seminar 2013      2013年6月   [査読有り]
Evaluation on Novel Architecture for Harmonizing Manual and Automatic Flight Controls under Atmospheric Turbulence
E. Itoh and S. Suzuki
Aerospace Science and Technology, doi:10.1016/j.ast.2011.11.012   24(1) 241-254   2013年1月   [査読有り]
Effects of Surveillance Failure on Airborne-based Continuous Descent Approach
E. Itoh, M. Everdij, G.J. Bakker, and H. Blom
Journal of Aerospace Engineering, doi:10.1177/09544 1001 142 1995   226(11) 1470-1480   2012年11月   [査読有り]
An Overview of Airborne Time-Spacing Research in the JADE program
Eri Itoh, Hidenori Chida, Kazuhiko Uejima, Katsuhiro Nishinari, Mariken Everdij, Bert Bakker and Henk Blom
Proc. ATACCS 2012      2012年   [査読有り]
Modeling and Simulation Study on Airborne-based Operation in Terminal Maneuvering Area
E. Itoh, F. Bussink, M. Everdij, G.J. Bakker, and H. Blom
Proc. 28th International Council of the Aeronautical Science (ICAS2012)      2012年   [査読有り]
Scheduling of Arrival Aircraft Based on Minimum Fuel Burn Descents”, ASEAN Engineering Journal (Accepted in 2011)
A. Andreeva-Mori, S. Suzuki, and E. Itoh
ASEAN Engineering Journal   1(1) 25-38   2011年   [査読有り]
The Impacts of Surveillance Failure on Airborne Separation Assistance System based Continuous Descent Approach
Eri Itoh, Mariken Everdij, G. J. (Bert) Bakker, and Henk Blom
Proc. 27th International Congress of the Aeronautical Science      2010年   [査読有り]
Speed Control for Airborne Separation Assistance in Continuous Descent Arrivals
E. Itoh, M. H. C. Everdij, G. J. Bakker, and H. A. P. Blom
NLR report (Published by National Aerospace Laboratory NLR, Air Transport Safety Institute)   NLR-TP-2010-328    2010年   [査読有り]
ASASを利用したCDA運航の概説
伊藤 恵理 (電子航法研究所),Mariken Everdij, G. J. (Bert) Bakker, Henk Blom(オランダ航空宇宙研究所)
第48回飛行機シンポジウム論文集      2010年
ASASに関する調査報告書1ASASの概念とPackage 1 の応用方式
伊藤 恵理
電子航法研究所 技術資料http://www.enri.go.jp/report/gijutu/index.htm      2009年   [査読有り]
Improved Airborne Spacing Control for Trailing Aircraft
Eri Itoh, Peter van der Geest, and Henk Blom
Proc. the 2009 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology      2009年
Speed Control for Airborne Separation Assistance in Continuous Descent Arrivals
Eri Itoh, Mariken Everdij, Bert Bakker,and Henk Blom
Proc. 9th AIAA Aviation Technology, Integration and Operation Conference   AIAA 2009-6909    2009年   [査読有り]
Architecture for Harmonizing Manual and Automatic Flight Controls
Eri itoh and Shinji Suzuki
Journal of Aerospace Computing, Information, and Communication   Vol. 6(No. 10) 553-569   2009年   [査読有り]
October 2009
ASASの研究開発動向に関する調査報告
伊藤 恵理
電子航法研究所研究発表会, http://www.enri.go.jp/report/hapichi/dkh08.htm      2008年
Multiple Aircraft Descent Path Optimization for CO2 Emission Abatement
Adriana Hristova Andreeva, Shinji Suzuki, and Eri Itoh
Proc. 46th aircraft symposium      2008年
Multiple Aircraft Descent Trajectory Optimization with Air Traffic Constraints for Minimal Fuel Consumption
Adriana Hristova Andreeva, Shinji Suzuki, and Eri Itoh
Proc. ICNPAA 2008: Mathematical Problems in Engineering, Aerospace and Sciences      2008年
Harmonizing Automation, Pilot, and Air Traffic Management in the Future Air Traffic Management
Eri Itoh, Shinji Suzuki, and Vu Duong
Proc. 26th Congress of International Council of Aeronautical Sciences      2008年   [査読有り]
Novel Architecture for Preventing Interference between Automation and Pilot Maneuver
Eri Itoh and Shinji Suzuki
JAXA Special Publication, Proceedings of Lectures and Workshop International-Recent Advances in Multidisciplinary Technology and Modeling-   ISSN 1349-113X JAXA-SP-07-008E 77-87   2008年
Novel Architecture for Preventing Interference between Automation and Pilot Maneuver
Eri Itoh and Shinji Suzuki
Proc. Lectures and Workshop International-Recent Advances in Multidisciplinary Technology and Modeling      2007年
パイロットと自動操縦装置の協調制御システムー航空機事故状況への適用と状況別の比較
伊藤恵理、鈴木真二
第16回機会学会交通物流部門大会講演集      2007年
Analyzing Interference between Ground Automation and Air Traffic Controllers from a Control Theory Approach
Eri Itoh and Vu Duong
Proc. 7th AIAA Aviation Technology, Integration and Operation Conference,   AIAA-2007-7741    2007年   [査読有り]
Preventing Interferences between Air Traffic Controller and Future Ground Automation from a Control Theory Approach
Eri Itoh and Vu Duong
Proc. 6th Eurocontrol Innovative Research Workshop and Exhibition      2007年   [査読有り]
航空管制官と自動化システムの協調制御
伊藤恵理
第45回飛行機シンポジウム講演集      2007年
人間パイロットと自動制御の新たな融合の提案
伊藤 恵理, 鈴木 真二
自動車技術会春季講演会公演集      2006年
A New Approach to Automation that Takes Account of Adaptive Nature of Pilot Maneuver
Eri Itoh and Shinji Suzuki
Proc. of World Automation Conference 2006      2006年   [査読有り]
A New Architecture to Harmonize Automation and Pilot Maneuver
Eri Itoh
Proc. of 25th Congress of International Council of Aeronautical Sciences      2006年   [査読有り]
人間の内部モデルを利用した操縦分析:マニュアル操縦におけるフィードフォワード操作とフィードバック操作の役割
伊藤 恵理, 鈴木真二
日本航空宇宙学会36期年会講演集      2005年
パイロットと自動操縦システムの協調を目指した新たな機構の提案
伊藤 恵理, 鈴木 真二
第43回飛行機シンポジウム講演集      2005年
Resolving Conflicts between Pilot and Automation
Eri Itoh and Shinji Suzuki
Proc. of 4th Eurocontrol Innovative Research Workshop & Exhibition      2005年   [査読有り]
Nonlinear Approach for Human Internal Models: Feedforward and Feedback Roles
Eri Itoh and Shinji Suzuki
Proc. of International Conference on Systems, Man and Cybernetics 2005      2005年   [査読有り]
A New Architecture to Coordinate Automation with Pilot Maneuver
Eri Itoh and Shinji Suzuki
Journal of Aeronautical and Astronautical Society of ROC   Vol. 37, No. 3, Sep. 2005, pp.203-213    2005年   [査読有り][招待有り]
操縦者のモデル化とニューラルネットワークを利用した操縦分析
伊藤 恵理, 鈴木真二
機会学会 第13回交通・物流部門大会講演集      2004年
Flight Controller Design via a New Method to Estimate Workload Levels
Eri Itoh
Proc. of 24th Congress of International Council of Aeronautical Sciences      2004年   [査読有り]
A Design Method for Human-friendly Man-machine Systems
Eri Itoh
Proc. of 1st International Conference on Research in Air Transportation 2004      2004年
規範パイロットモデルを用いた制御系設計
得竹 浩, 伊藤 恵理
日本航空宇宙学会論文集   Vol.51, No.593, 2003, pp. 321-326    2003年   [査読有り]
Flight Controller Design Taking Account of Control Anticipation Parameter
Hiroshi Tokutake and Eri Itoh
Proc. of The Society of Instrument and Control Engineers 2002      2002年

Misc

 
アムステルダム滞在記
伊藤 恵理
航空管制      2009年
ASASの進捗状況
伊藤 恵理
航空無線      2008年

書籍等出版物

 
空の旅を科学する 人工知能がひらく!?21世紀の「航空管制」
伊藤 恵理
河出書房新社   2016年9月   

講演・口頭発表等

 
Extended-Arrival Management
伊藤 恵理, 福島 幸子, 平林 博子, ナヴィンダ ヴィクラマシンハ, 虎谷 大地
Japan-Singapore ATM Workshop   2016年11月   
Fixed-flight Path Angle Descent for Wide-body Passenger Aircraft
伊藤 恵理
Jeppesen, Boeing社, 電子航法研究所の共同セミナー(2回)   2016年10月   
Studies on the Extended-AMAN collaborating with 4D TBO
伊藤 恵理
ドイツ航空宇宙研究所と電子航法研究所の共同セミナー   2016年9月   
Extended Arrival Management (E-AMAN) targeting year 2030
伊藤 恵理
ブランシュワイク工科大学と電子航法研究所の共同セミナー   2016年6月   
首都圏空域の高密度運航を評価するヒューマンインザシミュレーションについて
伊藤 恵理, 金谷一朗, マークブラウン, ナヴィンダ ヴィクラマシンハ
The Airport Simulation and Performance Assessment Group (ASPAG) conference, ENRI-DLR, NLR, TUDelft, ENAC, NASA Ames, NASA Langley joint seminar (total 7 times)   2015年10月   
Air-Ground Harmonisation in the Future Arrival Operation
伊藤 恵理
ENRI-ATMRI 共同セミナー   2015年9月10日   
航空機監視応用システム(ASAS)とトラジェクトリ管理技術の連携
伊藤 恵理
電子航法研究所講演会   2014年11月   
航空機監視応用システム(ASAS)の研究開発状況
伊藤 恵理
電子航法研究所発表会   2014年6月   
SPICA Simulation [招待有り]
Eri Itoh
NASA Air Traffic Management Technology Demonstration-1 (ATD-1) Project Seminar   2014年2月   
Airborne-based Time Spacing in the Future Air Traffic Management [招待有り]
Eri Itoh
NASA Aeronautics Technical(AT) seminar series   2014年2月   
Airborne Time-spacing Studies in JADE program [招待有り]
Eri Itoh
NASA Ames Research Center AFH seminar   2013年6月25日   
複雑系のモデル化と大規模シミュレーションによる次世代航空管制システムの安全性評価法 [招待有り]
伊藤 恵理
日本生体医工学会専門別研究会   2012年10月2日   
Air Traffic Management (http://www.youtube.com/watch?v=x6rSBO8B-58) [招待有り]
Eri Itoh
TEDxKyoto2012   2012年   
Comparison of Two Algorithms for Speeding up Monte Carlo Simulation in Rare Event Estimation for Stochastic Hybrid Systems
E. Itoh, G. J. Bakker, and H. Blom
Accepted in a poster session, The 2011 Winter Simulation Conference (WSC2011)   2011年12月   
車のように、飛行機をドライブするには? [招待有り]
伊藤 恵理
早稲田大学 理工学術院 「制御工学特論」   2011年10月   
次世代航空管制システムの安全性評価手法について [招待有り]
伊藤恵理
国土交通省航空局BBL   2010年   
A Mathematical Modeling and Monte Carlo Simulation of a Complex System Applied for Future Air Traffic Management
ENRI International Workshop on ATM/CNS(EIWAC 2010)   2010年   
Speed Control for Airborne Separation Assistance in Continuous Descent Arrivals
伊藤恵理
Meeting with NASA Ames (CA, USA)   2009年   
A Mathematical Modeling and Monte Carlo Simulation of a Complex System Applied for Future Air Traffic Management [招待有り]
伊藤恵理
2009 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium, in a session “Breakthrough Technologies in Brain Science" (Irvine, CA, USA)   2009年   
大空を開放する航空交通管理へ - 自動車のように、航空機を交通整理できるか? [招待有り]
伊藤恵理
東京大学 航空イノベーション研究会 第2回シンポジウムパネルディスカッション 未来の航空輸送   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
堅牢な輸送システムモデルの構築と社会システムにおける最適化の実現
文部科学省: ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究
研究期間: 2016年8月 - 2020年8月    代表者: 藤井 孝蔵
羽田空港への将来の航空交通を評価する航空管制シミュレーション環境の設計
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 伊藤 恵理
航空機の到着管理システムに関する研究
国土交通省: 平成26年度交通運輸技術開発推進制度における「交通・輸送システムの安全性・信頼性等向上-交通の利便性向上、円滑化、効率化と地域活力の向上-」に関する研究開発業務
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 福島幸子
事故・故障時にパイロットの操縦を支援する飛行制御系の構築
次世代航空管制システムに関する研究

特許

 
人間との協調制御システム
特願2005-315337

社会貢献活動

 
『空の旅を科学する』 人間と人工知能が協働する航空管制科学の世界
【出演, インタビュイー, 講師】  ジェイカレッジ  2016年10月27日
「空の旅を科学する」採用される書籍企画書 作成講座
【講師】  アップルシードエージェンシー  採用される書籍企画書 作成講座  2016年10月13日
空の旅を科学する 人間と人工知能が協働する航空管制科学の世界
【出演, インタビュイー, 講師】  グランフロント大阪 ナレッジサロン   木曜サロン  2016年10月6日

その他

 
2016年11月   時事通信社
「空の旅を科学する」著者に聞く:人工知能と共存模索
2016年10月   毎日新聞 
東京彩人記 空路の容量拡大を研究 電子航法研究所主幹研究員・伊藤恵理さん
http://mainichi.jp/articles/20161026/ddl/k13/040/034000c
2016年10月   シノドス(Synodos)
なぜ飛行機の衝突が防げるのか?――人間とコンピューターが共存する究極の管制システムを目指して
http://synodos.jp/science/18421
2016年10月   ウェッジ (WEDGE Infinity)
空の旅の裏側に広がる科学の世界
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8181
2011年
TV Bros. 平成23年5月28日号, pp.86, 「わらしべマッドサイエンティスト 第52回「次世代航空技術」」