林 岳彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/14 15:32
 
アバター
研究者氏名
林 岳彦
 
ハヤシ タケヒコ
所属
国立環境研究所
部署
環境リスク研究センター
職名
主任研究員

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年2月
 - 
2016年3月
環境省  中央環境審議会土壌農薬部会及び農薬小委員会臨時委員
 
2010年
 - 
2014年3月
環境省  水生生物保全に係る化学物質有害性評価作業委員会 委員
 

受賞

 
2008年
日本環境毒性学会 奨励賞
 

論文

 
Fipronil application on rice paddy fields reduces densities of common skimmer and scarlet skimmer
Scientific Reports   6 23055   2016年2月   [査読有り]
Ecological risk assessment of herbicides in Japan: Integrating spatiotemporal variation in exposure and effects by using a multimedia model and algal density dynamics models
Environmental Toxicology and Chemistry   35(1) 233-240   2015年   [査読有り]
生態毒性データにおける急性慢性比(ACR)の算出・使用の前提となる仮定は実際に成り立っているのか?:回帰分析による検証
林岳彦、柏木宣久
日本リスク研究学会誌   24(4) 213-220   2015年   [査読有り]
生物応答を用いた排水試験法案の検証と事業場排水の実態調査
渡部春奈、林岳彦、田村生弥、中村中、阿部良子、高信ひとみ、荻野仁子、小塩正朗、鑪迫典久
環境化学   25 43-53   2015年   [査読有り]
Yuichi Iwasaki, Takehiko I. Hayashi and Masashi Kamo
Environmental Toxicology and Chemistry   32(6) 1396-1402   2013年4月   [査読有り]
Applying biotic ligand models and Bayesian techniques: Ecological risk assessment of copper and nickel in Tokyo rivers
Takehiko I. Hayashi
Integrated Environmental Assessment and Management   9 63-69   2012年12月   [査読有り]
Masashi Kamo, Takehiko I. Hayashi, Tetsuya Akita
Ecological Applications   21(8) 3191-3198   2011年8月   [査読有り]
金属の生態毒性予測モデル : Biotic Ligand Modelの発展史と展望
加茂将史、林岳彦
環境毒性学会誌   14(1) 25-38   2011年   [査読有り]
Valery E. Forbes, Peter Calow, Volker Grimm, Takehiko I. Hayashi, Tjalling Jager, Agnete Katholm, Annemette Palmqvist, Rob Pastorok, Dan Salvito, Richard Sibly, Julann Spromberg, John Stark, and Richard A. Stillman
Human and Ecological Risk Assessment   17 287-299   2011年   [査読有り]
A Bayesian approach to probabilistic ecological risk assessment: Risk comparison of nine toxic chemicals in Tokyo surface waters
Takehiko I. Hayashi and Nobuhisa Kashiwagi
Environmental Science and Pollution Research   18 365-375   2011年   [査読有り]

Misc

 
Need for Systematic Statistical Tools for Decision-Making in Radioactively Contaminated Areas. Environmental Science Technology
Matsuzaki S., Kumagai N., Hayashi T.I.
Environmental Science and Technology   50 1075-1076   2015年   [査読有り]
水生生物の保全に係る環境基準値の基本的な考え方と導出法:ノニルフェノールを事例として
林 岳彦
水環境学会誌   38(5) 173-177   2015年
NOECとLOECにお別れを言うときが来た?
岩崎雄一、林岳彦、永井孝志
環境毒性学会誌   16(2) 37-42   2013年
枝葉(オミクス)から森(生態リスク)は見えるのか?:オミクス、インフォマティクス、21世紀の毒性学
林 岳彦
環境毒性学会誌   16(2) 37-42   2013年
Integrating population modeling into ecological risk assessment
Valery E Forbes, Peter Calow, Volker Grimm, Takehiko Hayashi, Tjalling Jager, Annemette Palmqvist, Rob Pastrok, Dan Salvito, Richard Sinly, Julann Spromberg, John Stark, Richard A Stillman
Integrated Environmental Assessment and Management   6 191-193   2010年   [査読有り]

書籍等出版物

 
「第VII章 生態リスク評価」 : In 石川百合子、川崎一、中西準子 著.詳細リスク評価書シリーズ15:クロロホルム
丸善   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
農薬による水田生物多様性影響の総合的評価手法の開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 林 岳彦