Fang Xu

J-GLOBALへ         更新日: 08/02/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
Fang Xu
 
ホウ シュウ
URL
http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=X94653541
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
バイオマス研究センター エタノール・バイオ変換チーム
職名
その他
学位
農学博士(京都大学), 農学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年5月
   
 
- (独)産業技術総合研究所バイオマス研究センター 特別研究員(ポスドク)
 

学歴

 
 
 - 
2003年
京都大学 農学研究科 食品生物科学
 
 
 - 
2006年
京都大学 農学研究科 食品生物科学専攻
 

Misc

 
Effects of drying conditions on the oxidation of linoleic acid encapsulated with gum arabic by spray-drying
Food Science and Technology Research   11(4), 380-384    2005年
Suppressive effect of alkyl ferulate on the oxidation of linoleic acid
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   70,457-461    2006年
Suppressive effect of alkyl ferulate on the oxidation of microencapsulated linoleic acid
European Journal of Lipid Science and Technology   108,97-102    2006年
Oxidation kinetics of linoleic acid in the presence of saturated acyl L-ascorbate
Journal of the American Oil Chemists' Society   82, 389-392    2005年
Oxidation of 6-O-arachidonoyl L-ascorbate microencapsulated with a polysaccharide by spray-drying
Lebensmittel-Wissenschaft und-Technologie   37, 395-400    2004年

講演・口頭発表等

 
Screening of cellulase and hemicellulase-producing fungi for ethanol production from woody biomass
29th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals   2007年   
培地中の炭素源によるアクレモニウムセルラーゼ活性への影響
日本生物工学会59回大会   2007年   
マイクロカプセル化リノール酸の酸化安定性に及ぼす水溶性大豆多糖の高分子
第35回日本化学工学   2002年   
フェルラ酸アルキルエステルのリノール酸に対する酸化抑制効果
第6回日本食品工学会   2005年   
マイクロカプセル化リノール酸の酸化安定性に及ぼす噴霧乾燥条件の影響
第5回日本食品工学会   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
Acremonium cellulolyticusによる高効率糖化酵素の生産
委託研究
研究期間: 2006年   
セルラーゼ生産菌A. cellulolyticusの糖化酵素生産性を向上するが目的とし、各種水溶性炭素源をSolka flocに基づいた培地に添加し、それぞれが培地中のセルラーゼ生産性への影響を検討する。一方、突然変異法または遺伝子操作を用いたA. cellulolyticus セルラーゼ生産菌を改良して、生産性の高い菌株を育種する。
A. cellulolyticusのセルラーゼ遺伝子を酵母に導入
その他の研究制度
研究期間: 2006年   
酵母がセルラーゼを生産して、セルロースから直接アルコールをつくれる技術を開発すれば、安価なバイオエタノールの生産が可能となると考えられている。ゆえに、A. cellulolyticusのセルラーゼ遺伝子を酵母に導入することにより、このような酵母を育種する研究を行っている。
不飽和脂肪酸の酸化安定性に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2001年 - 2006年
有機溶媒中でリパーゼを用いて縮合反応により物質を合成することができる.食品中に含まれる親水性抗酸化剤および疎水性物質を縮合して抗酸化性を持つ界面活性剤(乳化剤)を合成することはできた。不飽和脂肪酸またはマイクロカプセルされた不飽和脂肪酸に対してこの新規抗酸化剤の効果およびメカニズムを検討した。

特許

 
セルラーゼの製造方法
特願2007-118021
高加水分解活性セルラーゼおよびヘミセルラーゼの製造方法
特願2007-122694
METHOD FOR PRODUCING CELLULASE AND HEMICELLULASE HAVING HIGH HYDROLYTIC ACTIVITY
PCT/JP2007/065322