蒲池 みゆき

J-GLOBALへ         更新日: 14/06/21 02:52
 
アバター
研究者氏名
蒲池 みゆき
 
カマチ ミユキ
URL
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1049/
所属
工学院大学
部署
情報学部 情報デザイン学科
職名
教授,日本学術会議連携会員
学位
学士(文学)(九州大学), 修士(文学)(九州大学), 博士(人間環境学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
2001年
㈱国際電気通信基礎技術研究所
 
 
   
 
学外実習生および研修研究員
 
1998年
 - 
2001年
日本学術振興会 特別研究員
 
2001年
 - 
2006年
㈱国際電気通信基礎技術研究所 専任研究員
 
2002年
 - 
2004年
奈良大学社会学部人間関係学科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1998年
九州大学 文学研究科 心理学専攻
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
現在
日本学術会議 連携会員
 
2013年6月
 - 
現在
日本学術会議:課題別委員会「我が国の研究力強化に資する研究人材雇用制度検討委員会」 幹事
 
2013年5月
 - 
現在
日本学術会議若手アカデミー委員会・若手研究者ネットワーク検討分科会 委員長
 
2012年4月
 - 
現在
日本学術会議心理学・教育学委員会社会のための心理学分科会 幹事
 
2013年1月
   
 
Vision Sciences Society  
 

受賞

 
2004年
㈱国際電気通信基礎技術研究所 研究賞
 
1999年
財団法人 電気通信普及財団 テレコムシステム技術 学生賞
 

Misc

 
音素配列の統計的遷移規則に基づく音韻学習モデル
郡司雅、郷田直一、蒲池みゆき
電子情報通信学会技術研究報告   IEICE-HIP2014-30 221-224   2014年
McGurk effect appears after learning syllables with non-facial motions.
Miyuki G. Kamahchi, Kazuki Ohkubo
Vision Sciences Society 14th(2014) Annual Meeting      2014年
A direct influence of stimulus orientation on perceived motion trajectory
Daisuke Harada, Isamu Motoyoshi, Miyuki G. Kamachi
Vision Sciences Society 14th(2014) Annual Meeting      2014年
Removal of attention facilitates global motion detection
Taichi Ishii, Isamu Motoyoshi, Miyuki Kamachi
The Japanese Journal of Psychonomic Science   21(1) 135-136   2013年
Voluntary disattention facilitates global motion detection
Miyuki G. Kamachi, Taichi Ishii, Isamu Motoyoshi
Vision Sciences Society 13th(2013) Annual Meeting      2013年

書籍等出版物

 
認知心理学ハンドブック
有斐閣   2013年   
新・心理学の基礎知識
有斐閣   2005年   
「顔」研究の最前線
北大路書房   2004年   
目撃者の心理学 (原書:S.L.Sporer, R.S. Malpass, G. Koehnken編”Psychological issues in eyewitness identification, (Laurence Erlbaum Associates Inc.)
ブレーン出版   2003年   
知性と感性の心理-認知心理学入門
福村出版   2000年   

講演・口頭発表等

 
方位により誘導される見かけの運動方向のシフト
日本視覚学会2014年冬季大会   2014年   
水平に並んだ顔は視線知覚を阻害するのか?
日本視覚学会2014年冬季大会   2014年   
音素配列に基づく幼児の言語獲得モデルの検証
日本認知科学会第30回大会   2013年   
Objectの彩色性および心的空間次元と視覚的短期記憶容量
日本認知心理学会第11回大会   2013年   
不注意による運動検出感度の向上
日本視覚学会2013年冬季大会   2013年