田中 健

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:56
 
アバター
研究者氏名
田中 健
 
タナカ ケン
所属
東京工業大学
部署
物質理工学院
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)
科研費研究者番号
40359683
ORCID ID
0000-0001-8108-5808

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京農工大学 産官学連携・知的財産センター 産官学連携・知的財産センター 教授
 
1993年
 - 
1999年
:三菱化成(三菱化学)株式会社・研究員
 
1999年
 - 
2001年
:米国マサチューセッツ工科大学・博士研究員
 
2002年
 - 
2002年
:三菱化学株式会社・研究員
 
2002年
 - 
2009年
:東京農工大学工学部・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻
 
 
 - 
1990年
東京大学 農学部 林産学科
 

委員歴

 
2006年
   
 
1)2006年度 日本化学会・幹事
 
2007年
   
 
2)2007年度 日本化学会・幹事
 
2007年
   
 
3)2007年度 有機合成化学協会・関東支部・幹事
 
2009年
   
 
4)2009年度 有機合成化学協会・関東支部・幹事
 
2009年
   
 
5)2009年度 有機合成化学協会・編集委員
 

受賞

 
2001年
有機合成化学協会賞(技術的)
 
2003年
有機合成化学協会研究企画賞
 
2006年
Solvias Ligand Contest 2006: First Prize
 
2009年
Thieme Journal Award 2010
 

Misc

 
N. Fukawa, T. Osaka, K. Noguchi, K. Tanaka*
Org. Lett.   12(6) 1324-1327   2010年
R. Tanaka, K. Noguchi, K. Tanaka*
J. Am. Chem. Soc.   132(4) 1238-1239   2010年
K. Tanaka*, Y. Sawada, Y. Aida, M. Thammathevo, R. Tanaka, H. Sagae, Y. Otake
Tetrahedron   66(8) 1563-1569   2010年

書籍等出版物

 
C-H Bond Formation Through Isomerization: Comprehensive Organometallic Chemistry, 3rd ed. (Mingos, D. M. P.; Crabtree, R. H.; Ojima, I. Eds.)
Elsevier (Oxford)   2007年   
有機化合物の合成 V/酸化反応:ジメチルスルホキシド(DMSO)による酸化、実験化学講座第5版
丸善(東京)   2004年   

講演・口頭発表等

 
企業とアカデミアの有機合成
日興リカ   2009年   
Enantioselective Synthesis of Chiral Tetrasubstituted Alkenes Catalyzed Cooperatively by Cationic Rhodium(I) and Silver(I) Complexes
IKCOC-11   2009年   
ロジウム錯体を用いた [2 + 2 + 2] 付加環化反応よる軸不斉ベンズアミド誘導体の合成
第96回有機合成シンポジウム   2008年   
ロジウム触媒を用いた [2 + 2 + 2] 付加環化反応による軸不斉ビアリールカルボン酸エステルの合成
第96回有機合成シンポジウム   2008年   
ロジウム触媒を用いたチオールとハロゲン化アルキルとのカップリング反応の開発とジチアパラシクロファンの合成への応用
第96回有機合成シンポジウム   2008年   

Works

 
アルキナールの分子内ヒドロアシル化反応を経由する多官能ヘテロ環化合物の新規合成法
2004年 - 2006年
新規光学活性配位子の創製と評価
芸術活動   2008年10月 - 2010年9月
不斉[2+2+2]付加環化反応による新規軸不斉ビアリールホスフィン配位子の創製
芸術活動   2006年11月 - 2007年3月
新規光学活性配位子の創製と評価
芸術活動   2007年10月 - 2008年9月
アルキナールの分子内ヒドロアシル化反応を経由する多官能ヘテロ環化合物の新規合成法
芸術活動   

競争的資金等の研究課題

 
ロジウム錯体触媒を用いた付加環化反応
研究期間: 2003年 - 2013年
ロジウム錯体触媒を用いた付加環化反応
ロジウム錯体触媒を用いたσ結合活性化反応
研究期間: 2003年 - 2013年
ロジウム錯体触媒を用いたσ結合活性化反応
ロジウム錯体触媒を用いた有機硫黄化合物合成反応
研究期間: 2003年 - 2013年
ロジウム錯体触媒を用いた有機硫黄化合物合成反応
有機プロセス化学
有機プロセス化学
新規不斉合成触媒の開発と不斉触媒反応への応用
新規不斉合成触媒の開発と不斉触媒反応への応用