小林 英一

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/12 02:51
 
アバター
研究者氏名
小林 英一
 
コバヤシ エイイチ
所属
神戸大学
部署
大学院海事科学研究科 海事科学専攻
職名
研究員
学位
修士(工学)(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
大阪大学 大学院工学研究科船舶海洋工学専攻博士後期課程修了  
 

受賞

 
2011年12月
OR Society The best award paper for the Journal of Simulation in 2009 & 2010 Trika Pitana, Eiichi Kobayashi, Optimization of ship evacuation procedures as part of tsunami preparation, Journal of simulation, pp.235-247, Vol3, Issue4, December, 2009.
受賞者: 小林 英一, Trika Pitana
 
2011年11月
Korean Institute of Navigation and Port Research ( KINPR), China Institute of Navigation(CIN) and Japan Institute of Navigation(JIN) ANC 2010 Excellent Paper Award Improving Concordance of Expert Judgment in Formal Safety Assessment
受賞者: CAI Yao, Eiichi Kobayashi, LIU Zhengjiang
 
2010年5月
日本船舶海洋工学会関西支部 日本船舶海洋工学会関西支部長賞 関西海事教育アライアンス
 

論文

 
Tsunami simulation generated by the greatest scenario earthquake along the Nankai Trough under consideration of tidal currents in a large bay
Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Shunichi KOSHIMURA, Shota YONEDA, Eiichi KOBAYASHI
International Journal of Offshore and Polar Engineering   4(26) 392-400   2016年12月   [査読有り]
Port resolving,tsunami and tide simulation to find "tsunami vortexes" for safe vessel evacuation
中田 聡史, 林 美鶴, 越村 俊一, 小林 英一
The 35th JSSTAnnual Conference International Conference on Simulation Technology      2016年10月   [査読有り]
Influence of Eddy to the Vessel Evacuation from Tsunami
Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Taketo ABE, Soto SUZUKI, Ei-ichi KOBAYASHI
The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference      2016年6月   [査読有り]
Simulation of Heavy Metal Transport Induced by a Giant Tsunami Based on Nankai-Trough Earthquake: Application to Osaka Bay
Satoshi NAKADA, Soto SUZUKI, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI
The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference      2016年6月   [査読有り]
Hirotada Hashimoto, Shota Yoneda, Yusuke Tahara, Eiichi Kobayashi
Ocean Engineering   (120) 389-397   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
津波を受ける船舶の挙動解析と対策について
小林 英一
船長   (第131号)    2014年5月
地球表面は10数枚のプレートと呼ばれる岩盤で構成されているが、これらは海嶺という海底の山脈部分で新しく形成され、そのプレートの地球内部側で対流するマントル(岩石からなる)に乗って年間数センチ程度の速度で動き、トラフと呼ばれるいわば海底の溝の部分で他のプレートの下に沈み込んでいく。その場所では沈み込むときのプレート間の相互力が蓄積されそれが一気に放出されてプレートが短い時間で動くことにより海溝型地震が発生する。例えば、四国・紀伊半島沖の南海トラフでは、記録に残るものとして図1に示すように16...
ウェザールーティングについて
小林 英一
マリンエンジニアリング   49巻(2号) 54-57   2014年3月
ウェザー・ルーティング(Weather Routing;WRと略される)とは,船舶が航海中に遭遇する気象や海象を予測し,船舶の状態や性能,到着時間などを考慮して,安全性,快適性,燃料消費量,最短航海時間などの項目一つあるいはそれらの組み合わされた評価基準により最適な航路を設定することと定義できる.人間が船という乗り物の利用を始めた古代から風や波をさけ,また潮流をうまく活用するということは継続して行われてきたが,近代になって気象海象の予測技術が向上し,また船舶の運航にかかる数式モデル化も確立...
Dynamic Behavior of Moored Ship Motions Induced by Initial Attack of Large Scaled Tsunami
榊原 繁樹, 久保 雅義, 小林 英一, 越村 俊一
Proceedings of OMAE2005   pp.1-7    2005年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
津波からの船舶避航および海洋環境減災のための津波×海洋シミュレーション
林 美鶴, 中田 聡史, 小林 英一
第9回海事防災研究会   2017年3月   
潮汐・津波シミュレーションを船舶避難に活かす―強流域・津波渦の予測
中田 聡史, 林 美鶴, 小林 英一
神戸海難防止研究会(第44回月例会)   2017年2月   
Port Resolving, Tsunami and Tide Simulation to Find “Tsunami Vortexes” For Safe Vessel Evacuation [招待有り]
Satoshi NAKADA, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI
The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology   2016年10月   
Influence of Eddies on Vessel Evacuation from Tsunami
Mitsuru HAYASHI, Satoshi NAKADA, Taketo ABE, Ei-ichi KOBAYASHI
The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference   2016年6月   
Simulation of Heavy Metal Transport Induced by a Giant Tsunami Based on Nankai-Trough Earthquake : Application to Osaka Bay
Satoshi NAKADA, Soto SUZUKI, Mitsuru HAYASHI, Shunichi KOSHIMURA, Ei-ichi KOBAYASHI
The Twenty-sixth (2016) International Ocean and Polar Engineering Conference   2016年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小林 英一
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小林 英一
科学研究費補助金/萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 笹 健児
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 笹 健児
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2010年       代表者: 塩谷 茂明