梅津 光央

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:24
 
アバター
研究者氏名
梅津 光央
 
ウメツ ミツオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/af914a9a0313f672053a8e4145b27dfd.html
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科 バイオ工学専攻 生体機能化学講座 タンパク質工学分野
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2001年
日本学術振興会海外特別研究員(Leiden Univ.)
 
2001年
 - 
2002年
東北大学大学院工学研究科 助手
 
2002年
 - 
2006年
東北大学多元物質科学研究所 助手
 
2006年
   
 
東北大学大学院工学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
東北大学 工学研究科 生物工学
 
 
 - 
1995年
東北大学 工学部 生物化学工学科
 

委員歴

 
2008年
   
 
- 大阪大学 接合科学研究所 共同研究員
 
2009年
 - 
2013年
BEANS研究所 主任研究員
 
2011年
 - 
2012年
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
 
2009年
 - 
2012年
独立行政法人科学技術振興機構 「ナノシステムと機能創発」領域個人研究者
 
2008年
 - 
2009年
財団法人マイクロマシンセンター 主任研究員
 

受賞

 
2008年
Best Poster Award 2008 in Material Research Society Spring Meeting
 
2005年
平成16年度化学工学会 奨励賞(内藤雅喜記念賞)
 
2005年
第20回生体機能関連化学部会 部会講演賞
 
2004年
YABEC2004 The Most Beautiful Poster Presentation 賞
 
2010年
第4回青葉工学振興会賞
 

Misc

 
Enhancement of cellulolytic enzyme activity by clustering of cellulose binding domain on nanoscaffolds
Do-Myoung Kim, Mitsuo Umetsu, Kyo Takai, Takashi Matsuyama, Nobuhiro Ishida, Haruo Takahashi, Ryutaro Asano, and Izumi Kumagai
Small   7 656-664   2011年
ナノ材料も抗原? ポリマー・金属表面構造を識別できる抗体分子
熊谷 泉, 梅津 光央
月刊「化学」   65 66-67   2010年
High Affinity Anti-inorganic Material Antibody Generation by Integrating Graft and Evolution Technologies. POTENTIAL OF ANTIBODIES AS BIOINTERFACE MOLECULES
Takamitsu Hattori, Mitsuo Umetsu, Takeshi Nakanishi, Takanari Togashi, Nozomi Yokoo, Hiroya Abe, Satoshi Ohara, Tadafumi Adschiri, and Izumi Kumagai
The Journal of Biological Chemistry   285 7784-7793   2010年
材料ナノ表面を抗原とする抗体-ナノ世界の糊として-
梅津 光央, 渡邊 秀樹, 熊谷 泉
バイオサイエンスとインダストリー   68 39-43   2010年
DNA・ペプチドのバイオミネラリゼーション: 材料工学への新展開
梅津 光央
生物物理   49(2) 92-93   2009年

書籍等出版物

 
進化分子工学 高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発
エヌ・ティー・エス   2013年   
バイオマス分解関連酵素研究の最前線
2012年   
究極のかたちをつくる
日刊工業新聞社   2009年   
バイオナノプロセス
シーエムシー出版   2008年   
究極の粉をつくる
日刊工業新聞社   2008年   

講演・口頭発表等

 
Module library approach for bottom-up chimera/hybrid protein design
The 6th iBioK Asian Workshop   2016年   
低分子抗体を使ったセンシング・診断・治療の魅力とは
7th バイオメディカルインタフェース・ワークショップ   2016年   
酵素クラスター効果による 水に不溶な原料の効率的分解技術
Nano tech 2015   2016年   
High throughput screening of cancer therapeutic small antibody designed from domain library
Pacifichem2015   2015年   
Structural control and visualization of a smart bispecific and bivalent antibody
Pacifichem2015   2015年   

Works

 
アンメット疾患領域を開拓するスマートなケモバイオ抗体
2014年
カイコ-バキュロウイルス発現系を用いた組換え抗体作製技術に関する研究
2014年
抗体の生産に関わる遺伝子の設計・構築技術の開発
2014年
固相基質分解酵素のナノバイオ設計:CO2バイパス炭素循環
2011年
ナノ表面構造成長を制御できるバイオ分子設計
2012年 - 2014年

競争的資金等の研究課題

 
生体分子を用いたナノクラスターアセンブリ
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2003年   
分光学的手法に基づく生体現象の解析
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
蛋白質再生システム
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
固体多次元NMRの生体分子・蛋白質への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2002年

特許

 
酸化亜鉛結合性タンパク質及びその用途
5029997
酸化亜鉛特異的認識ペプチド、酸化亜鉛の固定化方法およびその製膜方法
4654436
酸化物微結晶粒子からなる粉体、それを用いた触媒、及びその製造方法
2007-21726
プラスチックの可溶化方法及び有機蛍光体
特開2007-56142