美間 健彦

J-GLOBALへ         更新日: 13/11/19 13:03
 
アバター
研究者氏名
美間 健彦
 
ミマ タケヒコ
所属
岡山大学大学院
部署
医歯薬学総合研究科 病原細菌学分野
職名
助教
学位
博士(薬学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 病原細菌学分野 助教
 
2010年6月
 - 
2012年3月
北里大学 医学部 助教
 
2007年1月
 - 
2010年5月
コロラド州立大学 微生物学部 リサーチサイエンティスト
 
2005年9月
 - 
2006年12月
コロラド州立大学 微生物学部 博士研究員
 
2005年4月
 - 
2005年8月
岡山大学大学院 自然科学研究科 博士研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
岡山大学大学院 自然科学研究科 生体機能科学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
岡山大学大学院 自然科学研究科 薬品科学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
岡山大学 薬学部 薬学科
 

論文

 
Uchida K, Matsushita O, Naruse K, Mima T, Nishi N, Hattori S, Ogura T, Inoue G, Tanaka K, Takaso M
Journal of biomedical materials research. Part A      2013年6月   [査読有り]
Putty S, Rai A, Jamindar D, Pagano P, Quinn CL, Mima T, Schweizer HP, Gutheil WG
Chemical biology & drug design   78 757-763   2011年11月   [査読有り]
Mima T, Kvitko BH, Rholl DA, Page MG, Desarbre E, Schweizer HP
International journal of antimicrobial agents   38 157-159   2011年8月   [査読有り]
Mima T, Schweizer HP, Xu ZQ
The Journal of antimicrobial chemotherapy   66 73-78   2011年1月   [査読有り]
Iwashiro H, Hosoya S, Hirai K, Mima T, Ohashi S, Aihara T, Ito S, Ohara S, Adachi E
Connective tissue research   52 340-352   2011年   [査読有り]

Misc

 
A new member of the tripartite multidrug efflux pumps, MexVW-OprM, in Pseudomonas aeruginosa
Journal of Antimicrobial Chemotherapy   Vol.52, pp.572-575    2003年
Functional cloning and characterization of a multidrug efflux pump, mexHI-opmD, from a Pseudomonas aeruginosa mutant
Antimicrobial Agents And Chemotherapy   Voi.47, pp.2990-2992    2003年
Induction of mexCD-oprJ operon for a multidrug efflux pump by disinfectants in wild-type Pseudomonas aeruginosa PAO1
Journal of Antimicrobial Chemotherapy   Vol.51, pp.991-994    2003年
Roles of MexXY- and MexAB-multidrug efflux pumps in intrinsic multidrug resistance of Pseudomonas aeruginosa PA01
The Journal of general and applied microbiology   Vol.47, pp.27-32    2001年
Construction of series of mutants lacking all of the four major mex operons for multidrug efflux pumps or possesing each one of the operon from Pseudomonas aerugionsa PA01=MexCD-OprJ is an inducible pump
FEMS Microbiology Letters   Vol.202, pp.139-143    2001年

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 美間 健彦
 V. alginolyticusのコラゲナーゼ発現誘導に関るタンパク質を同定するため、トランスポゾン変異法により染色体上の遺伝子をランダムに破壊し、コラゲナーゼ産生能を欠損した変異株を選択した。約7,000株の変異株を調べた結果、type II secretion system(T2SS)の構成タンパク質をコードするpulJ遺伝子にトランスポゾンが挿入された変異株V121が得られた。T2SSはコラゲナーゼの分泌にも関ることが予想されため、詳細な解析を行った。 V121株中のコラゲナーゼの...
細菌細胞における多剤排出系に関する研究
研究期間: 2000年 - 2005年