田島 敬史

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 03:32
 
アバター
研究者氏名
田島 敬史
 
タジマ ケイシ
URL
http://www.i.kyoto-u.ac.jp/~tajima/
所属
京都大学大学院
部署
情報学研究科 社会情報学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
ORCID ID
0000-0001-8226-3442

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
2001年8月
神戸大学工学部助手(1996/04/01-2001/08/31)
 
2000年8月
 - 
2001年8月
ペンシルバニア大学客員助手(2000/8/1-2001/8/31)
 
2001年9月
 - 
2005年4月
北陸先端科学技術大学院大学情報学研究科助教授(2001/09/01-2005/04/30)
 
2005年5月
 - 
2013年4月
京都大学 情報学研究科 助教授・准教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 理科I類 
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 理学部 情報科学科
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 理学系研究科 情報科学専攻修士課程
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 理学系研究科 情報科学専攻博士課程
 

委員歴

 
1999年
   
 
Association for Computing Machnery (ACM)  正会員
 
1998年
   
 
情報処理学会  正会員
 
1995年
   
 
日本ソフトウェア科学会  正会員
 

論文

 
Daichi Imamori,Keishi Tajima
Proceedings of the 25th ACM International on Conference on Information and Knowledge Management, CIKM 2016, Indianapolis, IN, USA, October 24-28, 2016   639-648   2016年   [査読有り]
Hikaru Takemura,Keishi Tajima
Proceedings of the 27th ACM Conference on Hypertext and Social Media, HT 2016, Halifax, NS, Canada, July 10-13, 2016   291-296   2016年   [査読有り]
Tomohiro Manabe, Keishi Tajima
International Conference on Web Information Systems and Technologies   121-130   2016年   [査読有り]
Manabe Tomohiro, Tajima Keishi
DBSJ Journal   14(2) 1-6   2016年   [査読有り]
Proximity of query keyword occurrences is one important evidence which is useful for effective querybiased document scoring. If a query keyword occurs close to another in a document, it suggests high relevance of the document to the query. The sim...
Daichi Imamori,Keishi Tajima
CoRR   abs/1512.02341    2015年
Ming Li,Keishi Tajima
IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, WI-IAT 2015, Singapore, December 6-9, 2015 - Volume I   505-510   2015年   [査読有り]
Tomohiro Manabe,Keishi Tajima
Information Retrieval Technology - 11th Asia Information Retrieval Societies Conference, AIRS 2015, Brisbane, QLD, Australia, December 2-4, 2015. Proceedings   188-200   2015年   [査読有り]
Tomohiro Manabe,Keishi Tajima
PVLDB   8(12) 1606-1617   2015年   [査読有り]
Hikaru Takemura,Atsushi Tanaka,Keishi Tajima
Proceedings of the 30th Annual ACM Symposium on Applied Computing, Salamanca, Spain, April 13-17, 2015   1174-1180   2015年   [査読有り]
Atsushi Tanaka,Hikaru Takemura,Keishi Tajima
25th ACM Conference on Hypertext and Social Media, HT '14, Santiago, Chile, September 1-4, 2014   324-326   2014年   [査読有り]
Xiaoqi Zhao,Keishi Tajima
2014 IEEE/WIC/ACM International Joint Conferences on Web Intelligence (WI) and Intelligent Agent Technologies (IAT), Warsaw, Poland, August 11-14, 2014 - Volume II   282-289   2014年   [査読有り]
大西 洋, 田島 敬史
日本 データベース 学会 論文誌 = DBSJ journal   12(1) 49-54   2013年6月
Keishi Tajima
In Search of Elegance in the Theory and Practice of Computation - Essays Dedicated to Peter Buneman   466-482   2013年   [査読有り]
Hikaru Takemura,Keishi Tajima
21st ACM International Conference on Information and Knowledge Management, CIKM'12, Maui, HI, USA, October 29 - November 02, 2012   2367-2370   2012年   [査読有り]
Masahiro Inoue,Keishi Tajima
2nd Temporal Web Analytics Workshop, TempWeb '12, Lyon, France, April 16-17, 2012   9-16   2012年   [査読有り]
Atsuyuki Morishima,Keishi Tajima,Masateru Tadaishi
Proceedings of the 26th International Conference on Data Engineering, ICDE 2010, March 1-6, 2010, Long Beach, California, USA   840-843   2010年   [査読有り]
Shenwei Liu,Keishi Tajima
Proceedings of the 2010 International Conference on Intelligent User Interfaces, February 7-10, 2010, Hong Kong, China   159-168   2010年   [査読有り]
徳田 隆志, 田島 敬史
日本データベース学会論文誌   8(1) 53-58   2009年6月
只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史
日本データベース学会論文誌   7(3) 55-60   2008年12月
Toshiro Takase,Keishi Tajima
2008 IEEE International Conference on Web Services (ICWS 2008), September 23-26, 2008, Beijing, China   295-303   2008年   [査読有り]
Keishi Tajima,Kaori Ohnishi
Proceedings of the 21st Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology, Monterey, CA, USA, October 19-22, 2008   259-268   2008年   [査読有り]
Shun Hattori,Taro Tezuka,Hiroaki Ohshima,Satoshi Oyama,Junpei Kawamoto,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Modeling and Using Context, 6th International and Interdisciplinary Conference, CONTEXT 2007, Roskilde, Denmark, August 20-24, 2007, Proceedings   248-262   2007年   [査読有り]
Toshiro Takase,Keishi Tajima
11th IEEE International Enterprise Distributed Object Computing Conference (EDOC 2007), 15-19 October 2007, Annapolis, Maryland, USA   63-74   2007年   [査読有り]
石川 憲一, 森嶋 厚行, 田島 敬史
日本データベース学会letters   5(2) 89-92   2006年9月
Keqiu Li,Hong Shen,Keishi Tajima,Liusheng Huang
The Journal of Supercomputing   35(2) 165-184   2006年   [査読有り]
Chi Tian,Taro Tezuka,Satoshi Oyama,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Database and Expert Systems Applications, 17th International Conference, DEXA 2006, Kraków, Poland, September 4-8, 2006, Proceedings   54-63   2006年   [査読有り]
Chi Tian,Taro Tezuka,Satoshi Oyama,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Proceedings of the 22nd International Conference on Data Engineering Workshops, ICDE 2006, 3-7 April 2006, Atlanta, GA, USA   133   2006年   [査読有り]
Yutaka Kabutoya,Takayuki Yumoto,Satoshi Oyama,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Proceedings of the 22nd International Conference on Data Engineering Workshops, ICDE 2006, 3-7 April 2006, Atlanta, GA, USA   134   2006年   [査読有り]
Hidetaka Matsumura,Keishi Tajima
Proceedings of the 2005 ACM CIKM International Conference on Information and Knowledge Management, Bremen, Germany, October 31 - November 5, 2005   245-246   2005年   [査読有り]
Keqiu Li,Keishi Tajima,Hong Shen
2005 IEEE / WIC / ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2005), 19-22 September 2005, Compiegne, France   500-507   2005年   [査読有り]
Peter Buneman,Sanjeev Khanna,Keishi Tajima,Wang Chiew Tan
ACM Trans. Database Syst.   29 2-42   2004年   [査読有り]
Keqiu Li,Hong Shen,Keishi Tajima
Network and Parallel Computing, IFIP International Conference, NPC 2004, Wuhan, China, October 18-20, 2004, Proceedings   187-194   2004年   [査読有り]
Keishi Tajima,Yoshiki Fukui
(e)Proceedings of the Thirtieth International Conference on Very Large Data Bases, Toronto, Canada, August 31 - September 3 2004   48-59   2004年   [査読有り]
Peter Buneman,Sanjeev Khanna,Keishi Tajima,Wang Chiew Tan
Proceedings of the 2002 ACM SIGMOD International Conference on Management of Data, Madison, Wisconsin, June 3-6, 2002   1-12   2002年   [査読有り]
Sujeet Pradhan,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
IEEE Trans. Knowl. Data Eng.   13(5) 824-838   2001年   [査読有り]
Katsumi Tanaka,Keishi Tajima,Takashi Sogo,Sujeet Pradhan
New Generation Comput.   18(4) 359-374   2000年   [査読有り]
Keishi Tajima,Kazuya Yoda,Katsumi Tanaka
Systems and Computers in Japan   31(9) 72-80   2000年   [査読有り]
Shojiro Nishio,Katsumi Tanaka,Yasuo Ariki,Shinji Shimojo,Masahiko Tsukamoto,Masatoshi Arikawa,Keishi Tajima,Kaname Harumoto
Current Issues in Databases and Information Systems, East-European Conference on Advances in Databases and Information Systems Held Jointly with International Conference on Database Systems for Advanced Applications, ADBIS-DASFAA 2000, Prague, Czech Repub   1-20   2000年   [査読有り]
Sujeet Pradhan,Takashi Sogo,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Advances in Visual Information Management, proceedings of the Fifth Working Conference on Visual Database Systems (VDB5), Fukuoka, Japan, May 10-12, 2000   11-30   2000年   [査読有り]
プラダンスジット, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   40(3) 80-90   1999年2月
ビデオ・データの特徴として、一時間のビデオ・データでさえ、意味のあるユニットが多数含まれているという点がある。手作業で全てのそのようなユニットを識別することは、ほとんど不可能である。一方、画像処理、音声や文字認識、自然言語処理のような技術の統合によるビデオ・データの自動解析やインデックス付けは可能であるが、そのような技術を適用しても、インデックスは断片的なビデオ・ユニットにしか付けることができない。この結果、ユーザが欲する全ての区間を予めデータベースに格納することは不可能である。従って、ビ...
田島 敬史
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   40(3) 152-170   1999年2月
本論文では ここ数年行われている半構造データのためのデータモデルと操作言語に関する研究について概観し 主な研究についての比較と考察を行う. また これらの研究は従来のオブジェクト指向データベースやハイパーテキストに関する研究とも関係している. そこで これらの研究との比較も行う. これらの比較から 本論文では 半構造データのデータモデルおよび操作言語を設計する上で特に重要な点は 以下の二点であると考える. まず一点目は データモデルの設計の段階で いわゆる従来の意味での「デ...
田島 敬史, 依田 和也, 田中 克己
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-コンピュータ   82(1) 193-200   1999年1月
本論文では, グラフィックデータを扱うデータベースのためのアクセス制御機構を提案する. グラフィックデータは, 同じデータの表示にもさまざまな詳細度の表示が考えられるという特徴をもつ. そこで, 我々のアクセス制御機構では, 各ユーザのアクセス権もall-or-nothingではなく, どの詳細度まで表示を許すかという形で与え, ユーザがあるデータを要求した場合は, そのユーザに許される最大限の詳細度で表示を行う. これにより, 従来のall-or-nothing的なアクセス制御よりも柔軟...
Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
1999 International Symposium on Database Applications in Non-Traditional Environments (DANTE '99), 28-30 November 1999, Kyoto, Japan   125-132   1999年   [査読有り]
Keishi Tajima,Kenji Hatano,Takeshi Matsukura,Ryoichi Sano,Katsumi Tanaka
1999 ACM Digital Library Workshop on Organizing Web Space (WOWS), August 14, 1999, at Radisson Hotel, Berkeley, CA, USA (in conjunction with ACM DL'99)   13-23   1999年   [査読有り]
Yoshiaki Mizuuchi,Keishi Tajima
HYPERTEXT '99, Proceedings of the 10th ACM Conference on Hypertext and Hypermedia: Returning to Our Diverse Roots, February 21-25, 1999, Darmstadt, Germany   13-22   1999年   [査読有り]
Sujeet Pradhan,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
IEEE International Conference on Multimedia Computing and Systems, ICMCS 1999, Florence, Italy, June 7-11, 1999. Volume II   788-792   1999年   [査読有り]
Keishi Tajima
The 5th International Conference of Foundations of Data Organization (FODO'98), Kobe, Japan, November 12-13, 1998   57-65   1998年   [査読有り]
Keishi Tajima,Yoshiaki Mizuuchi,Masatsugu Kitagawa,Katsumi Tanaka
HYPERTEXT '98. Proceedings of the Ninth ACM Conference on Hypertext and Hypermedia: Links, Objects, Time and Space - Structure in Hypermedia Systems, June 20-24, 1998, Pittsburgh, PA, USA   235-244   1998年   [査読有り]
Masaki Kamiura,Hiroaki Oiso,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
Worldwide Computing and Its Applications, International Conference, WWCA '97, Tsukuba, Japan, March 10-11, 1997, Proceedings   210-225   1997年   [査読有り]
Sujeet Pradhan,Keishi Tajima,Katsumi Tanaka
CODAS 1996   210-217   1996年   [査読有り]
Susumu Nishimura,Atsushi Ohori,Keishi Tajima
Proceedings of the 1996 ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages & Applications (OOPSLA '96), San Jose, California, October 6-10, 1996.   1-17   1996年   [査読有り]
Keishi Tajima
Proceedings of the 1996 ACM SIGMOD International Conference on Management of Data, Montreal, Quebec, Canada, June 4-6, 1996.   341-352   1996年   [査読有り]
Atsushi Ohori,Keishi Tajima
Proceedings of the Thirteenth ACM SIGACT-SIGMOD-SIGART Symposium on Principles of Database Systems, May 24-26, 1994, Minneapolis, Minnesota, USA   255-266   1994年   [査読有り]

Misc

 
三森 祐一郎, 高橋 公海, 只石 正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史, 杉本 重雄, 北川 博之
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   108(329)    2008年11月
只石正輝, 森嶋 厚行, 田島 敬史
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2008(88) 229-234   2008年9月
今日, XMLや RDF 等のエッジラベル付き有向グラフが生成,蓄積されている.また,生成,蓄積されるグラフは大規模となってきており,グラフに対する効率的な管理/検索が重要な問題となってきている.本論文では,大規模なグラフに対する問合せの一つである子供/子孫問合せに着目し,それらの問合せを効率的に処理するためのノード格納方式を提案する.Today, we have many edge-labeled directed graphs such as ones written in RDF a...
川本 淳平, 田中 克己, 田島 敬史
データ工学ワークショップ(DEWS)論文集   2007    2007年3月
電子情報通信学会. 第18回データ工学ワークショップ(DEWS2007). 広島. 2月28日-3月2日. 2007年.協調探索において,探索領域が狭くなってしまう問題を支援するために,各々のユーザが探索している領域に関する情報を共有し視覚化するシステムを提案する.本研究では,ユーザの探索情報を表すものとしてクエリログに着目した.クエリログとは,検索に使用したクエリが時系列順に記録されているだけのものであり,そのままでは各クエリがどのような文脈で用いられたのかを判断することは困難である.そ...
石川 憲一, 森嶋 厚行, 田島 敬史
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 497-503   2006年7月
個人のデスクトップやチームの共有ファイルサーバなど,ファイルシステムに格納されるデータ量は年々増加している.しかし,現状のファイルシステムにはファイルコピーや移動といった低レベルの操作しか用意されておらず,大規模なファイル群を管理するための機能はほとんど提供されていない.本論文では,大規模なファイル群の管理機能の開発を目指して,その基盤となりうるシステムの構築について述べる.The amount of data stored in file systems, namely, those s...
河重 貴洋, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 329-336   2006年7月
ある電子メールを閲覧している際に,これまでに受信したメールや,インターネット上の情報など,そのメールの中には含まれない情報がユーザに必要となることがある.これまで,そのようなユーザが必要とする情報は自分で検索する必要があった.そこで本研究では,閲覧中のメール,および,これまでに受信したメールを解析することで,閲覧メールの情報を補完する情報を持ったメールを検索・提示する手法を提案する.提案手法においては閲覧中のメールを補完するメールを抽出するために,メールデータの時間的な一区間におけるキーワ...
郡 宏志, 服部 峻, 手塚 太郎, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 35-42   2006年7月
近年,ユーザがBlogの中で自らの行動を日記として発信することが盛んになってきている.そのようなBlogの中には,ユーザの行動経路が地名を含むことにより記述されていることも多い.そこで,我々はBlogからユーザの行動時の代表的な経路とその文脈を抽出し,それらを地図上にマッピングすることにより集約して提示するシステムを提案する.ユーザの行動経路の文脈は,その経路を経由したユーザにおける,行動のテーマを表すキーワードという形で表される.また,ユーザの代表的な行動経路については,代表的なシーケン...
小西 信次, 手塚 太郎, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 177-184   2006年7月
本研究の目的は,Web情報検索の利用者が検索結果を信用するまでのプロセスにおける情報判断を支援することである.これにより,利用者が検索結果を信用し満足するまでのコストを減少させることによる検索効率の向上,情報検索自体への信用度の向上を図る.手法としては,大量のデータを処理するのではなく,インデックスやクエリログなどのメタデータを用い効率的な分析を行いその結果を提示する.本稿では,利用者が信用度を判断するプロセスや既存の考え方を紹介し,内容の詳細度などプロセスを補助するための指標やサーチエン...
向田 直生, 田島 敬史
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 199-205   2006年7月
人名を用いてWeb検索を行う場合,検索結果中には異なる人物に関するページが混在してしまう.そこで,ページ内容に基づいて検索結果をクラスタリングすることによって,各人物に対応するページ群へ自動分類することがよく行われる.本研究では,このようなクラスタリングにおいて,ページ中に現れる,その人物名と関連の深い固有名詞句を重視することによってクラスタリングの精度を向上させる手法と,また,そのような固有名詞句を検索結果のページから発見する手法について述べる.
野田 武史, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 305-311   2006年7月
われわれが検索の対象とする語には,それについて関連のある話題を表すような別の語を考えることができる.たとえば,京都という語について考えた場合,その話題として「観光」や「グルメ」,「写真」,「ホテル」などが考えられる.本研究では最初に対象とした語を主題語,それに関連する話題を表す語を話題語と呼び,Web上の情報を利用して主題語に関連する話題語を自動抽出するとともに,その話題に関する情報を提供しているWebページを検索する手法について考察する.
河重 貴洋, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 329-336   2006年7月
ある電子メールを閲覧している際に,これまでに受信したメールや,インターネット上の情報など,そのメールの中には含まれない情報がユーザに必要となることがある.これまで,そのようなユーザが必要とする情報は自分で検索する必要があった.そこで本研究では,閲覧中のメール,および,これまでに受信したメールを解析することで,閲覧メールの情報を補完する情報を持ったメールを自動的に検索・提示する手法を提案する.提案手法においては閲覧中のメールを補完するメールを抽出するために,メールデータ中のある日時区間に受信...
石川 憲一, 森嶋 厚行, 田島 敬史
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   140(2) 497-503   2006年7月
個人のデスクトップやチームの共有ファイルサーバなど,ファイルシステムに格納されるデータ量は年々増加している.しかし,現状のファイルシステムにはファイルコピーや移動といった低レベルの操作しか用意されておらず,大規模なファイル群を管理するための機能はほとんど提供されていない.本論文では,大規模なファイル群の管理機能の開発を目指して,その基盤となりうるシステムの構築について述べる.
野田 武史, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 305-311   2006年7月
われわれが検索の対象とする語には,それについて関連のある話題を表すような別の語を考えることができる.たとえば,京都という語について考えた場合,その話題として「観光」や「グルメ」,「写真」,「ホテル」などが考えられる.本研究では最初に対象とした語を主題語,それに関連する話題を表す語を話題語と呼び,Web上の情報を利用して主題語に関連する話題語を自動抽出するとともに,その話題に関する情報を提供しているWebページを検索する手法について考察する.When we search something ...
向田 直生, 田島 敬史
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 199-205   2006年7月
人名を用いてWeb検索を行う場合,検索結果中には異なる人物に関するページが混在してしまう.そこで,ページ内容に基づいて検索結果をクラスタリングすることによって,各人物に対応するページ群へ自動分類することがよく行われる.本研究では,このようなクラスタリングにおいて,ページ中に現れる,その人物名と関連の深い固有名詞句を重視することによってクラスタリングの精度を向上させる手法と,また,そのような固有名詞句を検索結果のページから発見する手法について述べる.When we retrieve Web ...
小西 信次, 手塚太郎, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 177-184   2006年7月
本研究の目的は Web情報検索の利用者が検索結果を信用するまでのプロセスにおける情報判断を支援することである.これにより 利用者が検索結果を信用し満足するまでのコストを減少させることによる検索効率の向上 情報検索自体への信用度の向上を図る.手法としては 大量のデータを処理するのではなく,インデックスやクエリログなどのメタデータを用い効率的な分析を行いその結果を提示する.本稿では 利用者が信用度を判断するプロセスや既存の考え方を紹介し 内容の詳細度などプロセスを補助するための指標やサーチエン...
郡 宏志, 服部 峻, 手塚太郎, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2006(78) 35-42   2006年7月
近年,ユーザが Blog の中で自らの観光行動を日記として発信することが盛んになってきている.そのような Blogの中には,ユーザの観光時の行動経路が記述されていることも多い.そこで,我々は Blogからユーザの観光時の代表的な行動経路とその文脈を抽出し,それらを地図上にマッピングすることにより集約して提示するシステムを提案する.ユーザの行動経路の文脈は,その経路を経由したユーザの観光行動のテーマを表すキーワードという形で表される.また,ユーザの代表的な行動経路については,代表的なシーケン...
河重 貴洋, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(150) 7-12   2006年7月
ある電子メールを閲覧している際に,これまでに受信したメールや,インターネット上の情報など,そのメールの中には含まれない情報がユーザに必要となることがある.これまで,そのようなユーザが必要とする情報は自分で検索する必要があった.そこで本研究では,閲覧中のメール,および,これまでに受信したメールを解析することで,閲覧メールの情報を補完する情報を持ったメールを自動的に検索・提示する手法を提案する.提案手法においては閲覧中のメールを補完するメールを抽出するために,メールデータ中のある日時区間に受信...
石川 憲一, 森嶋 厚行, 田島 敬史
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(150) 139-144   2006年7月
個人のデスクトップやチームの共有ファイルサーバなど,ファイルシステムに格納されるデータ量は年々増加している.しかし,現状のファイルシステムにはファイルコピーや移動といった低レベルの操作しか用意されておらず,大規模なファイル群を管理するための機能はほとんど提供されていない.本論文では,大規模なファイル群の管理機能の開発を目指して,その基盤となりうるシステムの構築について述べる.
郡 宏志, 服部 峻, 手塚 太郎, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(149) 29-34   2006年7月
近年,ユーザがBlogの中で自らの行動を日記として発信することが盛んになってきている.そのようなBlogの中には,ユーザの行動経路が地名を含むことにより記述されていることも多い.そこで,我々はBlogからユーザの行動時の代表的な経路とその文脈を抽出し,それらを地図上にマッピングすることにより集約して提示するシステムを提案する.ユーザの行動経路の文脈は,その経路を経由したユーザにおける,行動のテーマを表すキーワードという形で表される.また,ユーザの代表的な行動経路については,代表的なシーケン...
小西 信次, 手塚 太郎, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(149) 137-142   2006年7月
本研究の目的は,Web情報検索の利用者が検索結果を信用するまでのプロセスにおける情報判断を支援することである.これにより,利用者が検索結果を信用し満足するまでのコストを減少させることによる検索効率の向上,情報検索自体への信用度の向上を図る.手法としては,大量のデータを処理するのではなく,インデックスやクエリログなどのメタデータを用い効率的な分析を行いその結果を提示する.本稿では,利用者が信用度を判断するプロセスや既存の考え方を紹介し,内容の詳細度などプロセスを補助するための指標やサーチエン...
向田 直生, 田島 敬史
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(149) 155-160   2006年7月
人名を用いてWeb検索を行う場合,検索結果中には異なる人物に関するページが混在してしまう.そこで,ページ内容に基づいて検索結果をクラスタリングすることによって,各人物に対応するページ群へ自動分類することがよく行われる.本研究では,このようなクラスタリングにおいて,ページ中に現れる,その人物名と関連の深い固有名詞句を重視することによってクラスタリングの精度を向上させる手法と,また,そのような固有名詞句を検索結果のページから発見する手法について述べる.
野田 武史, 大島 裕明, 小山 聡, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   106(149) 239-244   2006年7月
われわれが検索の対象とする語には,それについて関連のある話題を表すような別の語を考えることができる.たとえば,京都という語について考えた場合,その話題として「観光」や「グルメ」,「写真」,「ホテル」などが考えられる.本研究では最初に対象とした語を主題語,それに関連する話題を表す語を話題語と呼び,Web上の情報を利用して主題語に関連する話題語を自動抽出するとともに,その話題に関する情報を提供しているWebページを検索する手法について考察する.
田島 敬史
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   50(6) 373-378   2005年6月
本稿では, XML用の簡単な検索言語とみなせるXPathについて解説する.まず, XPathの言語概要について説明し, 次に, XPathに関する近年の研究の中から, XPathの評価の計算量に関する研究, XPathの様々な部分言語の表現力に関する研究, および, XPathの様々な部分言語の集合演算に対する閉包性に関する研究について簡単に解説する.
田島 敬史
Bit   33(4) 87-93   2001年4月
平田 陽一, 松倉 健志, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   2000(69) 137-144   2000年7月
従来のWeb検索における適合フィードバックでは,ユーザがサンプルページの内容を見て評価し,その評価をもとに再検索または検索結果の再構成を行なう.その際,ページの評価は「良い」または「悪い」の2種類であった.そのため,従来の適合フィードバックの手法は,「良い」と評価されたページに類似したページを獲得するのには有効だが,ユーザの要求が「この話題についてのより詳しいページが欲しい」などのように複雑になると,十分にユーザの意図を汲み取ることが難しく,うまく機能しないことがあった.そこで,本研究では...
平田 陽一, 松倉 健志, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   122 137-144   2000年7月
従来のWeb検索における適合フィードバックでは, ユーザがサンプルページの内容を見て評価し, その評価をもとに再検索または検索結果の再構成を行なう.その際, ページの評価は「良い」または「悪い」の2種類であった.そのため, 従来の適合フィードバックの手法は, 「良い」と評価されたページに類似したページを獲得するのには有効だが, ユーザの要求が「この話題についてのより詳しいページが欲しい」などのように複雑になると, 十分にユーザの意図を汲み取ることが難しく, うまく機能しないことがあった.そ...
平田 陽一, 松倉 健志, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   100(226) 137-144   2000年7月
従来のWeb検索における適合フィードバックでは, ユーザがサンプルページの内容を見て評価し, その評価をもとに再検索または検索結果の再構成を行なう.その際, ページの評価は「良い」または「悪い」の2種類であった.そのため, 従来の適合フィードバックの手法は, 「良い」と評価されたページに類似したページを獲得するのには有効だが, ユーザの要求が「この話題についてのより詳しいページが欲しい」などのように複雜になると, 十分にユーザの意図を汲み取ることが難しく, うまく機能しないことがあった.そ...
田島 敬史
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   99(202) 105-110   1999年7月
半構造データに対する検索を記述する場合, データの構造が不規則である点と, あらかじめ与えられたスキーマがない点が問題となる。これまでに提案されている半構造データのための検索言語では, これらの問題をワイルドカードを導入することで解決している。しかし, 全体のデータ構造がわからない状態で検索を記述する場合, ワイルドカードが思わぬデータにマッチし, 検索結果に不必要なデータまで含まれてしまうことがある。そこで本論文では, どのようなデータがより解として適当と思われるかの優先度を記述できる構...
田島 敬史
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1999(61) 231-236   1999年7月
半構造データに対する検索を記述する場合,データの構造が不規則である点と,あらかじめ与えられたスキーマがない点が問題となる.これまでに提案されている半構造データのための検索言語では,これらの問題をワイルドカードを導入することで解決している.しかし,全体のデータ構造がわからない状態で検索を記述する場合,ワイルドカードが思わぬデータにマッチし,検索結果に不必要なデータまで含まれてしまうことがある.そこで本論文では,どのようなデータがより解として適当と思われるかの優先度を記述できる構文として、ca...
田島 敬史
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   119 231-236   1999年7月
半構造データに対する検索を記述する場合,データの構造が不規則である点と,あらかじめ与えられたスキーマがない点が問題となる.これまでに提案されている半構造データのための検索言語では,これらの問題をワイルドカードを導入することで解決している.しかし,全体のデータ構造がわからない状態で検索を記述する場合,ワイルドカードが思わぬデータにマッチし,検索結果に不必要なデータまで含まれてしまうことがある.そこで本論文では,どのようなデータがより解として適当と思われるかの優先度を記述できる構文として、ca...
十河 孝至, プラダン スジット, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   98(561) 13-18   1999年1月
1本のビデオストリームにおいて、キーワードによる区間検索を行うとき、和(Union)や共通部分(Intersection)だけでは断片的な区間しか表現できず、意味的にまとまりのある区間を検索することが難しい。そのため本論文では, インデックス付けされたビデオユニットから区間を動的に合成できるGlue演算について述べ、その解集合から不適切な区間を取り除くためのタイムウインドゥフィルタに加えて、最長ノイズフィルタを提案する。また、そのフィルタとグルー(Glue)演算を組み合わせた場合の問い合わ...
十河孝至, プラダンスジット, 田島敬史, 田中克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1999(6) 59-64   1999年1月
1本のビデオストリームにおいて、キーワードによる区間検索を行うとき、和(Union)や共通部分(Intersection)だけでは断片的な区間しか表現できず、意味的にまとまりのある区間を検索することが難しい。そのため本論文では インデックス付けされたビデオユニットから区間を動的に合成できるGlue演算について述べ、その解集合から不適切な区間を取り除くためのタイムウィンドウフィルタに加えて、最長ノイズフィルタを提案する。また、そのフィルタとグルー(Glue)演算を組み合わせた場合の問い合わせ...
十河 孝至, プラダン スジット, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   117 59-64   1999年1月
1本のビデオストリームにおいて、キーワードによる区間検索を行うとき、和(Union)や共通部分(Intersection)だけでは断片的な区間しか表現できず、意味的にまとまりのある区間を検索することが難しい。そのため本論文では, インデックス付けされたビデオユニットから区間を動的に合成できるGlue演算について述べ、その解集合から不適切な区間を取り除くためのタイムウィンドウフィルタに加えて、最長ノイズフィルタを提案する。また、そのフィルタとグルー(Glue)演算を組み合わせた場合の問い合わ...
田島 敬史, 田中 克己
神戸大學工學部研究報告   45 101-114   1998年11月
亀井 俊之, 依田 和也, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   116(2) 343-350   1998年7月
本稿では, オブジェクトが持つ依存関係を考慮することで, 予め与えられていたアクセスレベルをより適切なアクセスレベルに修正する手法について提案する.ここで, 依存関係とは, 例えば, あるオブジェクトを表示する場合に他のオブジェクトも表示する必要が生じる場合, あるメソッドを実行する際に他のメソッド呼び出しが必要となる場合での関係を意味する.このような依存関係を全く考慮せずに与えられたアクセスレベルをそのまま利用した場合, 依存しているオブジェクトを辿った後でそのアクセスが拒否されるような...
亀井 俊之, 依田 和也, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1998(57) 343-350   1998年7月
本稿では,オブジェクトが持つ依存関係を考慮することで,予め与えられていたアクセスレベルをより適切なアクセスレベルに修正する手法について提案する.ここで,依存関係とは,例えば,あるオブジェクトを表示する場合に他のオブジェクトも表示する必要が生じる場合や,あるメソッドを実行する際に他のメソッド呼び出しが必要となる場合での関係を意味する.このような依存関係を全く考慮せずに与えられたアクセスレベルをそのまま利用した場合,依存しているオブジェクトを辿った後でそのアクセスが拒否されるようなケースが生じ...
水内 祥晃, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   97(162) 7-12   1997年7月
本稿では、グラフ構造を持つデータをデータベース化する際に、検索の単位として、個々のノードではなく、カットという意味的につながっているノード群を用いる手法について提案する。例えばあるネットニュースの記事群をデータベース化する場合、特定の記事ではなく、ある話題について検索したい場合が多い。よって、個々の記事を検索単位とするよりも、同一の話題を論じている一連の記事群を一つのカットとし、これを検索の単位とする方がより適切である。同様に、WWWのページを検索する場合も、個々のページではなくある意味的...
小磯 健吾, 川勝 健司, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   97(162) 85-90   1997年7月
本稿では、文献等のコンテンツ情報を対象とした検索を行うために、仮想3次元空間に於ける質問形成をウォークスルーとベクトル空間モデルを組み合わせた形で行う方式を提案する。検索対象に関する理解度が低い場合、属性情報による検索は困難な作業となる。その場合コンテンツ情報に対する検索が考えられるが、そのためには検索者自身が検索する目標を把握する必要がある。ここではウォークスルーという形で、徐々に検索対象に対する理解度を深めつつ、必要な情報を得るために検索の精度を特徴ベクトルを用いながら高めることのでき...
小磯 健吾, 川勝 健司, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1997(64) 359-364   1997年7月
本稿では、文献等のコンテンツ情報を対象とした検索を行うために、仮想3次元空間に於ける質問形成をウォークスルーとベクトル空間モデルを組み合わせた形で行う方式を提案する。検索対象に関する理解度が低い場合、属性情報による検索は困難な作業となる。その場合コンテンツ情報に対する検索が考えられるが、そのためには検索者自身が検索する目標を把握する必要がある。ここではウォークスルーという形で、徐々に検索対象に対する理解度を深めつつ、必要な情報を得るために検索の精度を特徴ベクトルを用いながら高めることのでき...
水内 祥晃, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1997(64) 281-286   1997年7月
本稿では、グラフ構造を持つデータをデータベース化する際に、検索の単位として、個々のノードではなく、カットという意味的につながっているノード群を用いる手法について提案する。例えばあるネットニュースの記事群をデータベース化する場合、特定の記事ではなく、ある話題について検索したい場合が多い。よって、個々の記事を検索単位とするよりも、同一の話題を論じている一連の記事群を一つのカットとし、これを検索の単位とする方がより適切である。同様に、WWWのページを検索する場合も、個々のページではなくある意味的...
水内 祥晃, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   113 281-286   1997年7月
本稿では、グラフ構造を持つデータをデータベース化する際に、検索の単位として、個々のノードではなく、カットという意味的につながっているノード群を用いる手法について提案する。例えばあるネットニュースの記事群をデータベース化する場合、特定の記事ではなく、ある話題について検索したい場合が多い。よって、個々の記事を検索単位とするよりも、同一の話題を論じている一連の記事群を一つのカットとし、これを検索の単位とする方がより適切である。同様に、WWWのべージを検索する場合も、個々のページではなくある意味的...
小磯 健吾, 川勝 健司, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   113 359-364   1997年7月
本稿では、文献等のコンテンツ情報を対象とした検索を行うために、仮想3次元空間に於ける質問形成をウォークスルーとベクトル空間モデルを組み合わせた形で行う方式を提案する。検索対象に関する理解度が低い場合、属性情報による検索は困難な作業となる。その場合コンテンツ情報に対する検索が考えられるが、そのためには検索者自身が検索する目標を把握する必要がある。ここではウォークスルーという形で、徐々に検索対象に対する理解度を深めつつ、必要な情報を得るために検索の精度を特徴ベクトルを用いながら高めることのでき...
水内 祥晃, 篠原 誠, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   96(177) 19-24   1996年7月
本論文では、インターネットを通じて集められた情報を組織化する機構を提案する。まず第l段階として、電子メイルを扱う組織化機構を提案し、実現し試作したシステムについて述べる。この機構は、電子メイルをユーザが与えたキーワードやメイリングリストによりフィルタリングし、質問・返答の対へと構造化し、それらをハイパーテキスト化してユーザに呈示する。次に、扱う情報をWWW上の検索エンジンより得られる結果に拡張したシステムの設計について述べる。この場合、サーバーは検索結果をクライアントに送り、クライアント側...
上浦 真樹, 依田 和也, 田島 敬史, 田中 克己
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   96(176) 135-140   1996年7月
我々は、都市情報提供、都市景観シミュレーションなどの多目的利用が可能となるような、地域情報Webシステムを構築中である。その際、多数の組織が別々に保有する、建物や道路などに関する3次元グラフィクス情報を、VRMLを用いてデータベース化することによって、情報統合を実現する。本稿では、これらの3次元空間データのためのpart-of 関係やdetails-of関係を考慮したデータモデルと、そのモデル上でのアクセス制御機構について述べる。
水内 祥晃, 篠原 誠, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1996(68) 281-286   1996年7月
本論文では、インターネットを通じて集められた情報を組織化する機構を提案する。まず第1段階として、電子メイルを扱う組織化機構を提案し、実現し試作したシステムについて述べる。この機構は、電子メイルをユーザが与えたキーワードやメイリングリストによりフィルタリングし、質問・返答の対へと構造化し、それらをハイパーテキスト化してユーザに呈示する。次に、扱う情報をWWW上の検索エンジンより得られる結果に拡張したシステムの設計について述べる。この場合、サーバーは検索結果をクライアントに送り、クライアント側...
上浦 真樹, 依田 和也, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1996(68) 215-220   1996年7月
我々は、都市情報提供、都市景観シミュレーションなどの多目的利用が可能となるような、地域情報Webシステムを構築中である。その際、多数の組織が別々に保有する、建物や道路などに関する3次元グラフィクス情報を、VRMLを用いてデータベース化することによって、情報統合を実現する。本稿では、これらの3次元空間データのためのpart?of関係やdetails?of関係を考慮したデータモデルと、そのモデル上でのアクセス制御機構について述べる。We have been constructing an ur...
上浦 真樹, 依田 和也, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   109 215-220   1996年7月
我々は、都市情報提供、都市景観シミュレーションなどの多目的利用が可能となるような、地域情報Webシステムを構築中である。その際、多数の組織が別々に保有する、建物や道路などに関する3次元グラフィクス情報を、VRMLを用いてデータベース化することによって、情報統合を実現する。本稿では、これらの3次元空間データのための part-of 関係や details-of関係を考慮したデータモデルと、そのモデル上でのアクセス制御機構について述べる。
水内 祥晃, 篠原 誠, 田島 敬史, 田中 克己
情報処理学会研究報告. DBS,データベースシステム研究会報告   109 281-286   1996年7月
本論文では、インターネットを通じて集められた情報を組織化する機構を提案する。まず第1段階として、電子メイルを扱う組織化機構を提案し、実現し試作したシステムについて述べる。この機構は、電子メイルをユーザが与えたキーワードやメイリングリストによりフィルタリングし、質問・返答の対へと構造化し、それらをハイパーテキスト化してユーザに呈示する。次に、扱う情報をWWW上の検索エンジンより得られる結果に拡張したシステムの設計について述べる。この場合、サーバーは検索結果をクライアントに送り、クライアント側...
田島 敬史, 加藤 和彦, 益田 隆司
情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)   1992(86) 21-30   1992年11月
OODBのスキーマ設計は非常に自由度が高く,またどのようにスキーマを設計すべきかという指針となる方法論も確立されていない.そのため,一つのデータベースに対して複数のスキーマのバージョンを管理するスキーマバージョニングの機能は重要である.我々はスキーマバージョニングの機能を,各バージョン間でのデータ共有を管理するための双方向継承機構と,ユーザー毎に異なったスキーマを提供するためのスキーマの一部隠蔽の機能によっ実現する方法に関する研究を進めている.この論文では,まず双方向継承機構とスキーマー部...
田島 敬史, 加藤 和彦, 益田 隆司
全国大会講演論文集   44(0) 211-212   1992年2月
近年データベースの利用分野が広がるにつれ,より複雑なデータ構造を扱うことができるデータベースシステムが求められるようになっている.これらの要求への対応策としてオブジェクト指向データベースシステム(以下,OODBと略す)が提案されている.そのような複雑なデータ構造を扱うOODBでは,唯一の複雑なスキーマが全ユーザーに強制され,また,スキーマの変更に対しての柔軟性が欠ける点が欠点として指摘されている.これらへの解決策として,OODBへの仮想クラスの機能の導入が研究されている.仮想クラスは従来の...

競争的資金等の研究課題

 
半構造データのためのデータベースシステム
Web からの情報発見,情報検索

特許

 
特許4623446 : データ管理プログラムおよびデータ管理システム
田島 敬史