関口 格

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/12 17:48
 
アバター
研究者氏名
関口 格
 
セキグチ タダシ
所属
京都大学
部署
経済研究所 経済研究所 経済戦略研究部門
職名
准教授,准教授
学位
博士(経済学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1999年
 日本学術振興会 特別研究員
 
1999年
 - 
2001年
 神戸大学経済学部 講師
 
2001年
 - 
2002年
 神戸大学大学院経済学研究科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京大学 経済学研究科 理論経済学
 
 
 - 
1992年
東京大学 経済学部 経済学科
 

論文

 
有限回繰り返しゲームの均衡利得の一意性について
関口格
國民經濟雜誌   184(5) 61-70   2001年11月
「契約の経済理論」 
Tadashi Sekiguchi
(伊藤秀史著)      2003年   [査読有り]

Misc

 
「繰り返しゲームの理論-長期的関係の世界」
関口 格
第14回RAMPシンポジウム、リーガロイヤルホテル京都      2002年   [査読有り]
協調達成のための正しいお仕置きの仕方
関口格
ゲーム理論プラス(経済セミナー増刊)、106-109頁      2007年
最新トピックを追え!--ゲーム理論編(vol.6)繰り返しゲームにおける私的観測問題
関口 格
経済セミナー   113-122   2010年2月
長期的関係の理論を学ぶ繰り返しゲームの世界(vol.2)最適カルテル序論
関口 格
経済セミナー   101-107   2010年6月

Works

 
くり返しゲームの非対称効率均衡の分析
2000年 - 2001年
評判と製品品質
2000年 - 2005年
私的情報に依存する戦略の役割
1999年 - 2002年
観測費用のある繰り返しゲームの研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
長期的関係における情報構造と効率性の関係
研究期間: 1994年 - 2006年
観測費用のある繰り返しゲームの分析
研究期間: 2003年 - 2006年
組織における継続的なインセンティブ付与に関する理論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2008年