廣田 誠

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/14 13:59
 
アバター
研究者氏名
廣田 誠
 
ヒロタ マコト
eメール
mhirotamed.yokohama-cu.ac.jp
URL
http://www.ycu-oms.jp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 口腔外科学
職名
准教授
学位
博士(医学)(横浜市立大学)

プロフィール

2012年UCLAに留学し、多孔質チタン材料の紫外線照射による光機能化効果を実証し、2013年アメリカ口腔外科学会でポスター賞を受賞した。帰国後は研究成果を臨床応用し、2016年アメリカ口腔外科学会においてミニレクチャーを行った。国内では口腔癌術後のインプラントをキーワドとして先進医療獲得を目指している。

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
横浜市立大学 医学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2013年9月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 歯学部 客員研究員
 
2006年10月
 - 
2007年3月
ドイツ、エアランゲンーニュルンベルク大学 歯学部 客員研究員
 
2003年9月
 - 
2005年3月
横浜市立大学 医学部 講師
 
2002年4月
 - 
2003年8月
横浜市立大学 医学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
2002年
横浜市立大学 医学研究科 顎顔面口腔外科学
 
 
 - 
1998年
日本大学 歯学部 歯学科
 

受賞

 
2013年10月
アメリカ口腔外科学会年次集会 ポスター賞 Photofunctionalization enhances osteoconductivity of medical titanium mesh
 

論文

 
Okubo M, Iwai T, Nakashima H, Koizumi T, Oguri S, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Indian journal of otolaryngology and head and neck surgery : official publication of the Association of Otolaryngologists of India   69(1) 6-10   2017年3月   [査読有り]
Iwai T, Sugiyama S, Hayashi Y, Oguri S, Hirota M, Mitsudo K, Tohnai I
Auris, nasus, larynx      2017年3月   [査読有り]
Implant Stability Development of Photofunctionalized Implants Placed in Regular and Complex Cases: A Case-Control Study.
Hirota M, Ozawa T, Iwai T, Ogawa T, Tohnai I
The International journal of oral & maxillofacial implants   31(3) 676-686   2016年5月   [査読有り]
Ishijima M, Ghassemi A, Soltanzadeh P, Tanaka M, Nakhaei K, Park W, Hirota M, Tsukimura N, Ogawa T
Implant dentistry   25(6) 744-750   2016年8月   [査読有り]
Soltanzadeh P, Ghassemi A, Ishijima M, Tanaka M, Park W, Iwasaki C, Hirota M, Ogawa T
The Journal of prosthetic dentistry      2017年2月   [査読有り]
Shimizu M, Mitsudo K, Koike I, Taguri M, Iwai T, Koizumi T, Oguri S, Kioi M, Hirota M, Inoue T, Tohnai I
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   121(3) 239-247   2016年3月   [査読有り]
Hirota M, Tanaka M, Ishijima M, Iwasaki C, Park W, Ogawa T
Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   74(4) 861.e1-861.e16   2016年4月   [査読有り]
Effects of Ultraviolet Photofunctionalization on Bone Augmentation and Integration Capabilities of Titanium Mesh and Implants.
Hirota M, Ikeda T, Tabuchi M, Ozawa T, Tohnai I, Ogawa T
The International journal of oral & maxillofacial implants   32(1) 52-62   2017年1月   [査読有り]
Hirota M, Shima T, Sato I, Ozawa T, Iwai T, Ametani A, Sato M, Noishiki Y, Ogawa T, Hayakawa T, Tohnai I
Biomaterials   75 223-236   2016年1月   [査読有り]
Park W, Ishijima M, Hirota M, Soltanzadeh P, Ogawa T
Journal of biomaterials applications   30(8) 1242-1250   2016年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Implant stability development of photofunctionalized implants placed in regular and complex cases: A case-control study. [招待有り]
廣田 誠
98th annual meeting of american association of oral and maxillofacial surgeons   2016年9月21日   
ラット大腿骨を用いた紫外線処理光機能化チタンインプラントの骨造成効果の検討
廣田 誠
第19回日本顎顔面インプラント学会総会   2015年11月28日   
紫外線照射が医用チタンメッシュの骨伝導性に及ぼす効果に関する基礎研究.
廣田 誠
第18回日本顎顔面インプラント学会総会   2014年11月29日   
Enhanced bone augmentation by using ultraviolet light mediated photofunctionalized titanium implant and mesh in rat femur model.
廣田 誠
The 24th Interdisciplinary research conference on injectable osteoarticular biomaterials and bone augmentation procedure   2014年5月6日   
Development of mandibular reconstruction device made of titanium fiber scaffold.
廣田 誠
21st International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery ICOMS201   2013年10月22日   
Photofunctionalization enhances osteoconductivity of medical titanium mesh.
廣田 誠
95th Annual meeting American Association of Oral and Maxilofacial Surgeon   2013年10月2日   
Development of mandibular reconstruction device made of titanium fiber scaffold.
廣田 誠
Society for Biomaterials 2013 Annual meeting & exposition   2013年4月21日   
Photofunctionalization enhances osteoconductivity of medical titanium mesh.
廣田 誠
2013 International Association for Dental Research General Session and Exhibitio   2013年3月19日   
Development of mandibular reconstruction device made of titanium fiber scaffold.
廣田 誠
2012 Tissue Engineering and Regenerative Medicine,   2012年9月5日   
腸骨移植による上顎前方部および上顎洞底部骨造成手術の検討
第37回日本口腔インプラント学会   2007年   

担当経験のある科目

 
 
  • 口腔外科学 (横浜市立大学、日本大学松戸歯学部、鶴見大学歯学部、明海大学歯学部)

競争的資金等の研究課題

 
下顎再建用スキャホールドの骨芽細胞誘導能を最適化する紫外線光触媒効果の基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 廣田 誠
骨形成促進チタンファイバー綿製ブロックによる顎骨再建シミュレーション
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 廣田 誠
骨組織誘導能を賦与したチタンファイバー綿製顎骨再建材料の開発
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 廣田 誠
細胞誘導性を賦与したチタンファイバー綿製顎骨再建用3次元スキャホールドの創成
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 廣田 誠