菅原 聡

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:49
 
アバター
研究者氏名
菅原 聡
 
スガハラ サトシ
所属
東京工業大学
部署
科学技術創成研究院
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
40282842

経歴

 
1996年
   
 
-:東京工業大学 大学院理工学研究科電気電子工学専攻 助手
 
2002年
   
 
-:東京大学 大学院工学系研究科電子工学専攻 助手
 
2005年
   
 
-:東京大学 新領域創成科学研究科基盤情報学専攻 助手
 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京工業大学 理工学研究科 電子物理工学
 

Misc

 
スピントランジスタ
菅原聡
電子情報通信学会誌   88(7) 541-550   2005年
S. Sugahara
IEE Proc. Circuits, Device-Systems   152(4) 355-365   2005年
スピン機能MOSFETによる不揮発性ロック 不揮発性パワーゲーティング・ロジックへの応用 不揮発性SRAM/フリップフロップの可能性を検証
菅原聡、周藤悠介、山本修一郎
46-49   2009年
Epitaxial Growth and Magnetic Properties of Ferromagnetic Semiconductor Ge_1-x_Fe_x_ Thin Films Epitaxially Grown on Si(001) Substrates
Y. Shuto, M. Tanaka, S. Sugahara
Jpn. J. Appl. Phys.   47(9) 7108-7112   2009年

講演・口頭発表等

 
スピン機能MOSFETとその集積回路応用
日本磁気学会第168回研究会第26回スピンエレクトロニクス専門研究会   2009年   
Fabrication and characterization of pseudo-spin-MOSFETs
Intl. Conf. Silicon Nano Devices in 2030   2009年   
Nonvolatile power-gating microprocessor concepts using nonvolatile SRAM and flip-flop
International Symposium on Silicon Nano Devices in 2030   2009年   
Half-metallic ferromagnet technologies for spin-functional MOSFETs
Intl. Conf. “Silicon Nano Devices in 2030: Prospects by world’s leading scientists   2009年   
Analysis and design of nonvolatile SRAM using spintronics technology
Non-volatile Memory Technology Symposium 2009 (NVMTS09)   2009年   

所属学協会