後藤 英夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 14:08
 
アバター
研究者氏名
後藤 英夫
 
ゴトウ ヒデオ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
生物機能利用研究部門 動物機能利用研究領域 動物生殖機能制御ユニット
職名
主席研究員

プロフィール

獣医畜産遺伝学が研究背景。特に雄の繁殖形質の向上を出口とした視点より、精子機能異常による低受胎と遺伝子変異の因果関係を、モデル動物を用いてGeneticsおよびReverse Geneticsの両方向から実証する研究を行っている。また、少なくとも600遺伝子の関与が知られている複雑な雄繁殖機能について、遺伝子間相互作用の例が多々あることを示してきた。受胎率向上には精子機能改善が必須と考えている。

研究分野

 
 

論文

 
A cascade of epistatic interactions regulating teratozoospermia in mice
後藤 英夫
Mammalian Genome   26(5-6) 248-256   2015年6月   [査読有り]
Polygenic expression of teratozoospermia and normal fertility in B10.MOL-TEN1 mouse strain
後藤 英夫
Congenit. Anom (Kyoto)   55(2) 92-98   2015年5月   [査読有り]
Spermatogenic defects in F2 mice between normal mouse strains C3H and C57BL/6 without mutation
後藤 英夫
Congenit. Anom (Kyoto)   52(4) 186-190   2012年12月   [査読有り]
QTL on mouse chromosomes 1 and 4 causing sperm-head morphological abnormality and male subfertility
後藤 英夫
Mammalian Genome   23(7-8) 399-403   2012年8月   [査読有り]