稲葉利江子

J-GLOBALへ         更新日: 13/05/09 12:52
 
アバター
研究者氏名
稲葉利江子
 
イナバ リエコ
eメール
inabatsuda.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90370098.ja.html
所属
津田塾大学
部署
学芸学部 情報科学科

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
京都大学 大学院・情報学研究科 講師
 

Misc

 
石田 亨, 村上 陽平, 稲葉 利江子, 林 冬惠, 田仲 正弘
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   J95-D(1) 2-10   2012年1月
言語グリッドは,「言語資源から言語サービスへ」という大きな転換を目標として,2006年から5年間をかけて開発されたサービス指向の多言語基盤である.辞書などのデータや機械翻訳などのソフトウェアが言語資源としてCDやダウンロードサービスで配布されている現状から,インターネットに接続すれば利用できる言語サービスへと転換する試みである.この論文では,我々が開発した,言語サービスの収集と共有を可能とする「基盤ソフトウェア」と,基盤ソフトウェアに登録された言語サービスを容易に利用可能とする「異文化コラ...
村上 陽平, 石田 亨, 稲葉 利江子
全国大会講演論文集   第72回平成22年(3) "3-95"-"3-96"   2010年3月
田仲 正弘, 村上 陽平, 稲葉 利江子, 林 冬恵, 石田 亨
全国大会講演論文集   第72回平成22年(4) "4-59"-"4-60"   2010年3月
稲葉 利江子, 古白川 亮太, 石松 昌展, 嶋田 雅彦, 後藤 正浩, 甲斐 信行, 村上 陽平, 田仲 正弘, 林 冬恵, 辻 正道, 植田 浩司, 石田 亨
全国大会講演論文集   第72回平成22年(4) "4-61"-"4-62"   2010年3月
稲葉 利江子, 山下 直美, 石田 亨, 葛岡 英明
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   J92-D(6) 747-757   2009年6月
異言語間のコミュニケーションに,機械翻訳を用いることが試みられている.しかし,機械翻訳を用いた多言語コミュニケーションで共通基盤が問題なく形成されるか否かの評価・検証は行われていない.そこで,本論文では,日本語,韓国語,中国語を第一言語(first language)とする話者を対象に,チャットシステムを介した遠隔コミュニケーションで,共通の言語(英語)を用いる通常の場合と機械翻訳を用いる場合の比較実験を行った.この実験は,3者にそれぞれにランダムに配列された8枚の抽象図形を与え,チャット...