中井 亮佑

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/29 21:33
 
アバター
研究者氏名
中井 亮佑
通称等の別名
rnakai
ハンドル
rnakai
eメール
rnakainig.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/nakaiwebsite/
所属
国立遺伝学研究所
部署
原核生物遺伝研究室
職名
特任研究員
学位
博士(学術)(広島大学)

プロフィール

三重県松阪市出身。2012年3月に広島大学大学院にて博士号(学術)を取得。
2012年4月より、国立遺伝学研究所に異動して研究に取り組んでいます。

環境微生物たちの生き様、それと表裏関係にあるはずの生態と機能に興味を持っています。

★2013年5月1日 研究活動Webサイトを開設しました★
https://sites.google.com/site/nakaiwebsite/

論文の別刷りその他、ご遠慮なく上記eメールまでご連絡ください!

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 特任研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
国立遺伝学研究所 日本学術振興会特別研究員SPD
 
2012年4月
 - 
2013年3月
国立遺伝学研究所 日本学術振興会特別研究員PD (DC2からPDに資格変更)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
広島大学 大学院生物圏科学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2 (育志賞受賞によりDC2に再採用)
 
2010年4月
 - 
2011年3月
広島大学 大学院生物圏科学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
広島大学 大学院生物圏科学研究科 博士課程後期 修了 博士(学術)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
広島大学 大学院生物圏科学研究科 博士課程前期 修了
 
 
 - 
2007年3月
広島大学 生物生産学部 生物生産学科 卒業
 

書籍等出版物

 
Marine protists - Diversity and dynamics
Susumu Ohtsuka, Toshinobu Suzaki, Takeo Horiguchi, Noritoshi Suzuki, Fabrice Not (eds) (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 13 Diversity and ecology of thraustochytrid protists in the marine environment. (Ryosuke Nakai, Takeshi Naganuma))
Springer   2015年   
微生物の生態学
日本生態学会(編)(担当編集委員:大園享司・鏡味麻衣子) (担当:分担執筆, 範囲:第6章 辺境の微生物(中井亮佑・長沼 毅))
共立出版   2011年   

論文

 
Genome sequence and overview of Oligoflexus tunisiensis Shr3T in the eighth class Oligoflexia of the phylum Proteobacteria
Ryosuke Nakai, Takatomo Fujisawa, Yasukazu Nakamura, Tomoya Baba, Miyuki Nishijima, Fatma Karray, Sami Sayadi, Hiroko Isoda, Takeshi Naganuma, Hironori Niki
Standards in Genomic Sciences   11: 90   2016年   [査読有り]
Complete genome sequence of Aurantimicrobium minutum type strain KNCT, a planktonic ultramicrobacterium isolated from river water
Ryosuke Nakai, Takatomo Fujisawa, Yasukazu Nakamura, Hiroyo Nishide, Ikuo Uchiyama, Tomoya Baba, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Takeshi Naganuma, Hironori Niki
Genome Announcements   4(3) e00616-16   2016年   [査読有り]
Aurantimicrobium minutum gen. nov., sp. nov., a novel ultramicrobacterium of the family Microbacteriaceae, isolated from river water
Ryosuke Nakai, Tomoya Baba, Hironori Niki, Miyuki Nishijima, Takeshi Naganuma
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   65(11) 4072-4079   2015年   [査読有り]
Oligoflexia, the newest class of the phylum Proteobacteria, consisting of only one cultured species and uncultured bacterial phylotypes from diverse habitats
Ryosuke Nakai, Takeshi Naganuma
Journal of Phylogenetics & Evolutionary Biology   3(1) 141   2015年   [査読有り]
Oligoflexus tunisiensis gen. nov., sp. nov., a Gram-negative, aerobic, filamentous bacterium of a novel proteobacterial lineage, and description of Oligoflexaceae fam. nov., Oligoflexales ord. nov. and Oligoflexia classis nov.
Ryosuke Nakai*, Miyuki Nishijima*, Nozomi Tazato, Yutaka Handa, Fatma Karray, Sami Sayadi, Hiroko Isoda, Takeshi Naganuma (*equal contribution)
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   64(10) 3353-3359 (Selected as Cover)   2014年   [査読有り]
Biogeographical note on Antarctic microflorae: endemism and cosmopolitanism
Waqar Azeem Jadoon, Ryosuke Nakai, Takeshi Naganuma
Geoscience Frontiers   4 633-646   2013年   [査読有り]
Ryosuke Nakai, Keiko Nakamura, Waqar Azeem Jadoon, Katsuhiko Kashihara, Takeshi Naganuma
Marine Ecology Progress Series   486 1-12   2013年   [査読有り]
Phylogeographic analysis of filterable bacteria with special reference to Rhizobiales strains that occur at cryospheric habitats
Ryosuke Nakai, Eri Shibuya, Ana Justel, Eugenio Rico, Antonio Quesada, Fumihisa Kobayashi, Yasunobu Iwasaka, Guang-Yu Shi, Yuki Amano, Teruki Iwatsuki, Takeshi Naganuma
Antarctic Science   25(2) 219-228   2013年   [査読有り]
Diversity of RuBisCO gene responsible for CO2 fixation in an Antarctic moss pillar
Ryosuke Nakai, Takashi Abe, Tomoya Baba, Satoshi Imura, Hiroshi Kagoshima, Hiroshi Kanda, Yuji Kohara, Akiko Koi, Hironori Niki, Katsuhiko Yanagihara, Takeshi Naganuma
Polar Biology   35(11) 1641-1650   2012年   [査読有り]
Eukaryotic phylotypes in aquatic moss pillars inhabiting a freshwater lake in East Antarctica, based on 18S rRNA gene analysis
Ryosuke Nakai, Takashi Abe, Tomoya Baba, Satoshi Imura, Hiroshi Kagoshima, Hiroshi Kanda, Yuji Kohara, Akiko Koi, Hironori Niki, Katsuhiko Yanagihara, Takeshi Naganuma
Polar Biology   35(10) 1495-1504   2012年   [査読有り]
Microflorae of aquatic moss pillars in a freshwater lake, East Antarctica, based on fatty acid and 16S rRNA gene analyses
Ryosuke Nakai, Takashi Abe, Tomoya Baba, Satoshi Imura, Hiroshi Kagoshima, Hiroshi Kanda, Atsuko Kanekiyo, Yuji Kohara, Akiko Koi, Keiko Nakamura, Takanori Narita, Hironori Niki, Katsuhiko Yanagihara, Takeshi Naganuma
Polar Biology   35(3) 425-433   2012年   [査読有り]
Ryosuke Nakai, Takashi Abe, Haruko Takeyama, Takeshi Naganuma
Marine Biotechnology   13(5) 900-908   2011年   [査読有り]
Kise Yukimura, Ryosuke Nakai, Shiro Kohshima, Jun Uetake, Hiroshi Kanda, Takeshi Naganuma
Polar Science   3(3) 163-169   2009年   [査読有り]

Misc

 
小さいサイズの極限-生物はどこまで小さくなれるのか
中井 亮佑
生物の科学 遺伝   70(3) 199-203   2016年
スポットライト:イケメン&イケジョ VOL.22 中井亮佑
中井 亮佑
日本微生物生態学会誌   31(1) 17-18   2016年
自然環境におけるラビリンチュラ類の予想外の多様性
中井 亮佑、長沼 毅
海洋と生物   222 12-17   2016年
Limnological parameters in Sôya Coats lakes between the 55th and 56th Japanese Antarctic Research Expeditions in 2014–2015 —Long-term monitoring study—
Sakae Kudoh, Kunio T. Takahashi, Tomoko Ishihara, Megumu Tsujimoto, Ryosuke Nakai, Atsushi C. Suzuki, Yukiko Tanabe, Masaki Uchida, Satoshi Imura
JARE Data Reports   344(Terrestrial Biology 14) 1-7   2016年
Meteorological data from ice-free areas in Yukidori Zawa, Langhovde, Kizahashi Hama, Skarvsnes and Skallen in Sôya Coast, East Antarctica during 2014–2015
Sakae Kudoh, Kunio T. Takahashi, Tomoko Ishihara, Megumu Tsujimoto, Ryosuke Nakai, Atsushi C. Suzuki, Yukiko Tanabe, Masaki Uchida, Satoshi Imura
JARE Data Reports   339(Terrestrial Biology 11) 1-6   2015年
南極湖沼生態系の進化を探る
中井 亮佑
日本ゲノム微生物学会ニュースレター   7: 10-11   2013年
南極湖沼生態系から紐解く微生物の系統地理
中井 亮佑
日本微生物生態学会誌   28(1) 6-6   2013年
高アルカリ泉に棲む炭酸塩形成微生物群集とその生物地球化学的意義
中井 亮佑、長沼 毅
月刊地球 総特集 オマーンに湧出する高アルカリ泉から学ぶアルカリ環境の地球・生物資源科学   390: 159-163   2012年
世界最北端の大学 スバールバル大学センター 短期留学体験談
中井 亮佑
第9回地球システム・地球進化ニューイヤースクールレクチャーノート   83-86   2011年
油流出事故回収物の微生物分解処理の研究(第3報)
斉藤雅樹、小谷公人、長沼毅、厚井晶子、中井亮佑、笠原紳
日本船舶海洋工学会講演会論文集   13: 81-82   2011年

講演・口頭発表等

 
辺境に生きる微生物たち [招待有り]
中井 亮佑
京都大学生態学研究センター・第278回生態研セミナー   2016年7月15日   
極限環境生物の研究で求められるもの [招待有り]
中井 亮佑
平成27年度日本水産学会九州支部大会若手の会   2015年11月7日   
Fascinating microbes in extreme environments [招待有り]
Ryosuke Nakai
The 7th Japan-Taiwan-Korea International Symposium on Microbial Ecology   2015年10月17日   
辺境微生物ゲノムから見えてきたもの [招待有り]
中井 亮佑
第9回日本ゲノム微生物学会若手の会   2015年9月30日   
南極のコケ坊主生物圏 [招待有り]
中井 亮佑
日本進化学会-W-18: 南極の陸上生物圏の適応進化   2015年8月21日   
極小細菌から探る微生物の進化 [招待有り]
中井 亮佑
日本進化学会-W-15: 「飼う!」進化学   2015年8月21日   
辺境微生物たちの世界 [招待有り]
中井 亮佑
名古屋大学 アドバンス生命理学特論 IGERセミナー   2015年7月10日   
環境中のラビリンチュラ類を数えずに測る [招待有り]
中井 亮佑、長沼 毅
ラビリンチュラ・シンポジウム~オーランチオキトリウムとその仲間たちの生物学と産業応用~   2015年7月4日   
サイズ辺境に見出される細菌は何者か? [招待有り]
中井 亮佑
第87回日本細菌学会総会-WS8 めざせ!細菌学の星2014   2014年3月26日   
辺境微生物を追う [招待有り]
中井 亮佑
第39回つくば進化生態学セミナー・第35回生命地球科学セミナー・第6回つくばE3セミナーの共催セミナー   2014年2月19日   
辺境微生物の多様性と系統進化 [招待有り]
中井 亮佑
第1回育志賞研究発表会   2012年9月10日   

受賞

 
2016年10月
日本微生物生態学会 - 第31回日本微生物生態学会大会 優秀ポスター賞
 
2013年3月
日本ゲノム微生物学会 - 第7回日本ゲノム微生物学会年会 優秀発表賞
 
2012年9月
日本微生物生態学会 - 第28回日本微生物生態学会大会 優秀ポスター賞
 
2011年7月
広島大学 - 平成23年度 エクセレント・スチューデント・スカラシップ 成績優秀学生
 
2011年4月
広島大学 - 学長表彰(学術研究活動)
 
2011年2月
日本学術振興会 - 平成22年度 第1回育志賞
 
2010年9月
Dimitris N. Chorafas Foundation - The D. N. Chorafas Foundation Prize 2010
 
2010年7月
広島大学 - 平成22年度 エクセレント・スチューデント・スカラシップ 成績優秀学生
 
2010年6月
日本学生支援機構 - 特に優れた業績による大学院第一種奨学生返還免除
 
2010年5月
マリンバイオテクノロジー学会 - 第13回マリンバイオテクノロジー学会大会 優秀ポスター賞
 
2010年2月
Association of Polar Early Career Scientists - Invitation Award to APECS Workshop
 
2010年2月
IPY Oslo Science Conference Stipend Committee - IPY OSC Stipend Award
 
2009年6月
日本学生支援機構 - 特に優れた業績による大学院第一種奨学生返還免除
 
2009年5月
マリンバイオテクノロジー学会 - 第12回マリンバイオテクノロジー学会大会 優秀ポスター賞
 
2008年12月
XXXI Symposium on Polar Biology - Best Young Presentation Award
 
2008年7月
広島大学 - 平成20年度 エクセレント・スチューデント・スカラシップ 成績優秀学生
 
2007年11月
XXX Symposium on Polar Biology - Best Young Presentation Award
 

競争的資金等の研究課題

 
濾過性細菌が持つ新生物機能を理解する
日本学術振興会: 科学研究費助成 若手研究(A) (研究代表者) 19,630千円
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 中井 亮佑
自由生活性細菌ゲノムの縮小進化に迫る
日本学術振興会: 科学研究費助成 挑戦的萌芽研究 (研究代表者) 3,380千円
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 中井 亮佑
環境レア微生物の進化系統と生態学的特性の解明
住友財団: 2013年度 基礎科学研究助成 (研究代表者) 1,500千円
研究期間: 2013年11月 - 2014年10月    代表者: 中井 亮佑
極域生態系における新奇ナノ微生物相の多様性と変遷
日本学術振興会: 科学研究費助成 特別研究員奨励費SPD (研究代表者) 10,800千円
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中井 亮佑
南北両極域に分布する微生物の系統地理学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成 特別研究員奨励費DC2->PD (研究代表者) 1,400千円
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 中井 亮佑
南北両極域に分布する微生物の系統地理学的研究
日本学術振興会: 平成22年度第1回育志賞(生物系) 研究奨励金 1,100千円
研究期間: 2011年2月       代表者: 中井 亮佑
Molecular Ecology of Arctic and Antarctic Microorganisms
Dimitris N. Chorafas Foundation: The D. N. Chorafas Foundation Prize USD4,000
北極微生物の多様性と系統分類に関する研究
日本学術振興会・広島大学: サステナブル社会の実現に貢献する自然科学系国際的若手研究者の育成プログラム 500千円
研究期間: 2010年8月 - 2010年9月    代表者: 中井 亮佑
極域湖沼の微生物DNAに基づく大規模地球環境変動の影響評価
日本学術振興会: 科学研究費助成 特別研究員奨励費DC2 (研究代表者) 700千円
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 中井 亮佑

その他

 
2015年4月
静岡新聞「南極生態系 解明へ一歩-新種微生物発見に期待」
2011年2月
毎日新聞「ナノバクテリア研究で「育志賞」広島大大学院生、極小世界に未知の魅力」
2011年2月
科学新聞「第一回日本学術振興会「育志賞」授賞式開く 天皇陛下の御下賜金で創設 優秀な博士課程学生17名に」
2011年1月
中国新聞「優れた若手研究者への奨励金 育志賞に中井さん(広島大大学院)」