鈴木正朝

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/05 23:17
 
アバター
研究者氏名
鈴木正朝
 
スズキマサトモ
URL
http://www.rompal.com/
所属
新潟大学
部署
法学部
職名
教授
学位
博士(情報学)(情報セキュリティ大学院大学), 修士(法学)(中央大学)
その他の所属
大学院現代社会文化研究科大学院実務法学研究科
Twitter ID
@suzukimasatomo

プロフィール

 1962年生まれ。岩手県北上市出身。東京都及び新潟市在住。
 ニフティを経て2005年より現職。
 専門は情報法。主に個人情報保護法制、プライバシーの権利、医療情報等に関する研究を行う。
 政府のIT総合戦略本部パーソナルデータに関する検討会で個人情報保護法改正案、政府情報システム刷新会議臨時構成員として共通方針案、政府CIO制度、厚労省社会保障分野SWG構成員として医療等個人情報保護法案をそれぞれ検討した。その他、マイナンバー制度の創設、JIS Q 15001原案の起草、プライバシーマーク制度の創設、経産省個人情報保護ガイドラインの作成や改正作業などにも関与した。
【学会活動】
 法とコンピュータ学会、理事(2010/11- )
 情報ネットワーク法学会、理事(2004/11-2005/10、2006/12-2010/11)
 情報処理学会、会員

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
新潟大学 大学院実務法学研究科 教授
 
2005年10月
 - 
現在
新潟大学 法学部 教授
 
2005年10月
 - 
現在
新潟大学 大学院現代社会文化研究科教授
 
2011年4月
 - 
現在
新潟大学 人文社会・教育科学系 教授
 
2011年
 - 
2012年
新潟大学 人文社会・教育科学系 教授
 
2009年8月
 - 
2009年9月
アルバータ大学 客員教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
メディア教育開発センター 客員教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
京都女子大学 非常勤講師
 
2005年10月
 - 
2007年3月
新潟大学 大学院技術経営研究科(MOT)教授
 
2005年12月
 - 
2006年3月
筑波技術大学 非常勤講師
 

書籍等出版物

 
鈴木 正朝, 高木 浩光, 山本 一郎 (担当:共著)
翔泳社   2015年2月   ISBN:4798139769
勁草書房   2013年6月   ISBN:4326402849
岡村 久道, 鈴木 正朝他 (担当:分担執筆)
新日本法規出版   2013年   ISBN:9784788277755
岡村久道、鈴木正朝、新保史生他
民事法研究会   2012年2月   ISBN:4896287428
堀部 政男, 鈴木 正朝, 石井 夏生利, 岡村 久道, 野 一彦, 新保 史生, 松前 恵環, 小向 太郎 (担当:共著)
商事法務   2010年4月   ISBN:4785717491
岡村久道、鈴木正朝
日本経済新聞出版社   2007年9月   ISBN:4532485924
岡村 久道, 鈴木 正朝 (担当:共著)
日本経済新聞出版社   2009年2月   ISBN:4532490480
岡村 久道, 鈴木 正朝
日本経済新聞出版社   2009年   ISBN:9784532490485
岡村 久道, 鈴木 正朝
日本経済新聞出版社   2009年   ISBN:9784532490072
岡村久道、鈴木正朝
日本経済新聞出版社   2006年4月   ISBN:4532486424

講演・口頭発表等

 
利用者購入の医薬品データ収集 懸念の声
鈴木正朝
NHK「おはよう日本」   2012年11月24日   
携帯・スマホと個人情報・プライバシー保護
鈴木正朝
消費者問題ネットワークながの消費者問題学習会(松本)   2012年11月25日   
携帯・スマホと個人情報・プライバシー保護
鈴木正朝
消費者問題ネットワークながの消費者問題学習会(長野)   2012年11月24日   
意外と知らないソーシャルメディアの落とし穴
鈴木正朝
Internet Week 2012   2012年11月21日   
番号制度下における医療情報の活用と保護に関する検討
鈴木正朝
第32回医療情報学連合大会   2012年11月16日   

担当経験のある科目

 
 

論文

 
マイナンバー時代の公的個人番号とグーグル時代の民間個人番号」
鈴木正朝
NBL   (975) 1-1   2012年4月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 鈴木 正朝
研究会やSkypeを活用してオンラインでの打合せを通じて、公的個人番号としてのマイナンバーについて、それから民間個人番号としてのTポイントカードの番号、ケータイやスマートフォンのデバイスの識別子、それからそれらのユースケースの一つである行動ターゲティング広告モデルについて詳細な検討を行った。法規制を要する識別子の性質として、一般に(1)悉皆性、(2)唯一無二性が指摘されるが、それがどのように本人(個人)の人格的権利利益(プライバシー権)に影響を与えるのかを分析すること。個人データの第三者提...

委員歴

 
2014年5月
 - 
現在
日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会 利用促進WG  主査
 
2014年1月
 - 
現在
明治大学国際総合研究所 個人情報保護法改正に関する研究会  委員
 
2013年9月
 - 
現在
IT総合戦略本部 パーソナルデータに関する検討会  委員
 
2013年7月
 - 
現在
超セキュアシステム研究会 情報法部会  主査
 
2013年6月
 - 
現在
新潟県警察本部  サイバー犯罪対策アドバイザー