下野 僚子

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/30 18:15
 
アバター
研究者氏名
下野 僚子
 
シモノ リョウコ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60609361.ja.html
所属
東京大学
部署
総括プロジェクト機構
職名
特任助教
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京大学 総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座 特任助教
 
2011年4月
 - 
2016年3月
東京大学 工学系研究科化学システム工学専攻 医療社会システム工学寄付講座 特任助教
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 博士課程
 
2005年10月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 修士課程
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京工業大学 工学部 化学工学科
 
 
 - 
2001年3月
ノートルダム清心高等学校  
 

論文

 
持参薬と入院後処方薬の混在下における内服業務の標準化指針の開発
下野僚子,藤原優子,水流聡子,北條文美,島崎博士,廣瀬俊昭,小川武希,浅野晃司,落合和徳
日本医療・病院管理学会誌   54(2) 77-86   2017年4月   [査読有り]
外来患者への採血業務改善のための採血難易度と採血技術レベルのマッチング
秋永理恵,稲葉則和,加藤省吾,下野僚子,水流聡子
日本臨床検査自動化学会会誌   42(5)    2017年   [査読有り]
リンパ浮腫包括的診療における患者状態適応型パスの有用性について
佐藤洋子,北村薫,下野僚子,水流聡子
リンパ学   29(1) 52-54   2016年6月   [査読有り]
Competence Evaluation for Quality Assurance of Clinical Laboratory Test -Development of Competence Evaluation Items using Cause-and-Effect Diagram-
Ryoko Shimono, Rie Akinaga, Kazunori Hase, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka
Proceedings of the 60th European Organization for Quality Congress   8p   2016年6月   [査読有り]
持参薬鑑定関連業務における業務手順の詳細把握と実態調査に基づく問題の導出
島崎博士,下野僚子,藤原優子,水流聡子,北條文美,大黒博之,藤原喜美子,川久保孝,浅野晃司,小川武希
医療の質・安全学会誌   11(1) 30-38   2016年1月   [査読有り]
Development of the Structure of the Knowledgebase for Countermeasures in the Knowledge Acquisition Process for Trouble Prediction in Healthcare Processes
Shogo Kato, Daisuke Okamoto, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Ryoko Shimono
International Journal of Medical, Health, Biomedical, Bioengineering and Pharmaceutical Engineering   9(10) 702-707   2015年10月   [査読有り]
A Model to Evaluate Competence of Medical Doctors for Invasive Techniques at Hospitals - Evaluation System based on Competence Criteria for Quality Assurance-
Ryoko Shimono, Yoshihiro Natori, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka
Total Quality Science   1(1) 1-11   2015年4月   [査読有り]
病院における日常業務のプロセス管理標準を設計するための方法論
加藤省吾,伊藤怜史,飯塚悦功,下野僚子,水流聡子
品質   45(1) 83-97   2015年1月   [査読有り]
Structuring Patients’ Information for Quality Assurance of Surgery at Hospitals
Ryoko Shimono, Masatoshi Yumoto, Toru Kuroda, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka
Proceedings of International Conference on Quality 2014   1150-1159   2014年10月   [査読有り]
質保証を実現する手術プロセスを構成する標準モジュール導出モデルの構築
下野僚子,水流聡子,飯塚悦功
品質   44(2) 232-242   2014年4月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
A Model for Reviewing Surgical Operation Plans for Quality Assurance
Rika Takao, Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Toru Kuroda, Shuzo Kono, Kazuhiko Yoshida and Koji Asano
13th Asian Network for Quality Congress   2015年9月23日   
Quality Assurance in Surgery: A Model to Plan for Anesthesia Management
Ryoko Shimono, Masatoshi Yumoto, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka
13th Asian Network for Quality Congress   2015年9月23日   
Quality Assurance of Invasive Medical Techniques -Approaches from Standardization and Observation
14th Asian Network for Quality Congress   2016年9月22日   
Development of the modes of disease management for infants and children
Satoko Tsuru, Masako Fujiwara, Takanori Motoki, Takanori Minoura, Tohru Kobayashi, Koichi Tanizaki, Ryoko Shimono
25th European Medical Informatics Conference   2014年9月1日   
Method for Evaluation and Analysis of Cancer Care Platform for the Implementation of PDCA
Kosuke Ota, Satoko Tsuru, Ryoko Shimono, Fumihiko Wakao, Shogo Kato
12th Asian Network for Quality Congress   2014年8月3日   

書籍等出版物

 
組織で保証する医療の質 QMSアプローチ
飯塚悦功,棟近雅彦,水流聡子監修,QMS-H研究会出版委員会 著 (担当:共著)
2015年6月   
患者状態適応型パス―PCAPSの活用と臨床分析ー
飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦監修,PCAPS研究会編著 (担当:共編者)
2013年3月   
患者状態適応型パス―臨床知識の活用・分析
飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦監修,PCAPS研究会編著 (担当:共編者)
2012年3月   
患者状態適応型パス―臨床知識の精緻化・一般化・実装
飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦監修,PCAPS研究会編著 (担当:共編者)
2011年3月   
患者状態適応型パス―電子カルテおよび病院情報システム搭載版電子コンテンツ
飯塚悦功,水流聡子,棟近雅彦監修,PCAPS研究会編著 (担当:共編者)
2010年3月   

Misc

 
化学工学とダイバーシティの親和性
下野 僚子
化学工学   81(3) 161-163   2017年3月
病院業務プロセスの構造的記述方法
下野僚子
経営システム   24(1) 9-14   2014年4月
8th Asian Network for Quality Congressに参加して(ルポルタージュ)
下野僚子
品質   41(1) 56-58   2011年1月
第7回医療の質・安全学会学術集会-医療における質マネジメント機能に関する企画演題の詳説-
下野僚子
品質   43(1) 57-60   2013年1月
病院業務における力量評価に基づいた要員配置に関する研究
下野僚子
品質   44(2) 54-57   2014年4月

受賞

 
2017年5月
日本品質管理学会 第113回研究発表会 優秀発表賞
 
2015年11月
日本経済新聞社 日経品質管理文献賞 組織で保証する医療の質 QMSアプローチ
受賞者: 飯塚悦功,棟近雅彦,水流聡子,QMS-H研究会出版委員会
 
2014年11月
日本品質管理学会 Activity Acknowledgement 賞
 
2014年11月
日本品質管理学会 研究奨励賞
 
2010年10月
8th ANQ Congress Best Paper Award
受賞者: Ryoko Shimono, Shogo Kato, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka
 

特許

 
特願2015-184640 : 採血業務支援システム
秋永理恵,水流聡子,加藤省吾,下野僚子,荒川雄二,美根眞一,稲葉則和
特許5588382 : 業務要員配置システム、業務要員配置方法、及び業務要員配置プログラム
飯塚悦功,水流聡子,下野僚子

委員歴

 
2015年11月
 - 
現在
日本品質管理学会  代議員
 
2012年11月
 - 
現在
日本品質管理学会  論文誌編集委員会委員
 

競争的資金等の研究課題

 
センシング技術を基軸とした健康管理システムの地域特性に基づく分析
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 下野 僚子
リンパ浮腫看護モデルの構築-PCAPSからの展開-
科研費: 基盤研究(B) 分担研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 作田 裕美
生体侵襲を伴う医療業務の構造的可視化にもとづいた問題分析方法の開発
科研費: 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 下野 僚子
生体侵襲を伴う医療業務における要員の力量評価に基づいた業務プロセス設計方法の開発
科研費: 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 下野 僚子