橘 亮輔

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/13 07:05
 
アバター
研究者氏名
橘 亮輔
 
タチバナ リョウスケ
ハンドル
tachibana
所属
INI, ETH Zurich, Uni Zurich / 東京大学
職名
特別研究員PD
学位
博士(工学)
その他の所属
独立行政法人日本学術振興会

プロフィール

鳴禽の行動神経科学してます。系列運動の制御学習と聴覚フィードバックを統合する神経機構を調べています。以前はヒト聴覚のfMRIをやってました。寄り道して、音響信号処理関連の研究も少ししています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2012年1月
 - 
2014年3月
東京大学 大学院 総合文化研究科 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2011年12月
甲南大学 知能情報学部 科研費研究員
 
2006年4月
 - 
2011年3月
同志社大学大学院 生命医科学研究科 博士後期課程
 

受賞

 
2009年6月
日本音楽知覚認知学会 春季研究発表会 研究選奨
 
2008年10月
日本音響学会聴覚研究会 研究奨励賞受賞
 
2007年11月
音響学会関西支部 若手研究者交流研究発表会 奨励賞受賞
 

論文

 
Tachibana RO, Takahasi M, Hessler NA, Okanoya K
Developmental neurobiology      2017年2月   [査読有り]
Shiba S, Okanoya K, Tachibana RO
The Journal of the Acoustical Society of America   140(6) 4039   2016年12月   [査読有り]
Tachibana RO, Koumura T, Okanoya K
Journal of comparative physiology. A, Neuroethology, sensory, neural, and behavioral physiology   201(12) 1157-1168   2015年12月   [査読有り]
Ryosuke O. Tachibana, Naoya Oosugi, Kazuo Okanoya
PLOS ONE   9(3) e92584   2014年3月   [査読有り]
Yoshiki Nagatani, Ryosuke O. Tachibana
Journal of the Acoustical Society of America   135(3) 1197-1206   2014年3月   [査読有り]
Ryosuke O. Tachibana, Yasunari Sasaki, Hiroshi Riquimaroux
Acoustical Science and Technology   34(4) 263-270   2013年7月   [査読有り]
Tachibana Ryosuke O., Kitamura Tatsuya, Fujimoto Masako
Acoustical Science and Technology   33(6) 391-393   2012年11月   [査読有り]
Tachibana RO, Yanagida M, Riquimaroux H
Neuroscience letters   482(3) 198-202   2010年10月   [査読有り]
長谷 芳樹, 橘 亮輔, 阪口 剛史, 細井 裕司
日本音響学会誌   64(11) 647-649   2008年11月   [査読有り]

Misc

 
鳥の発声学習
橘 亮輔、岡ノ谷一夫
Clinical Neuroscience   33(8) 882-884   2015年8月
さえずりを学ぶ、さえずりから学ぶ: 鳴禽の歌学習の進化と神経基盤
橘 亮輔, 高橋 美樹, 岡ノ谷 一夫
現代思想   224-235   2012年8月

講演・口頭発表等

 
Neural basis for adaptive adjustment of temporal structure in song of Bengalese finches
Ryosuke O. Tachibana, Neal A. Hessler, Kazuo Okanoya.
26th International Ornithological Congress   2014年8月20日   
橘 亮輔
電子情報通信学会技術研究報告: 信学技報   2014年5月   
長谷 芳樹, 橘 亮輔
電子情報通信学会技術研究報告: 信学技報   2014年5月   
TACHIBANA Ryosuke O., HESSLER Neal A., OKANOYA Kazuo
電子情報通信学会技術研究報告: 信学技報   2014年5月   
藤本 雅子, 橘 亮輔, 北村 達也
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   2011年11月21日   
母音の無声化の機序の検討の目的で,東京方言話者1名と大阪方言話者2名の調音の異同につきMRI動画の矢状断画像を解析した。その結果,東京方言話者の発話では/ki/,/gi/の口蓋化が強く,母音/i/における開口が小さいことが観察された。これらの結果は先に報告したように,東京方言話者の/akite/,/akise/の/i/が規則的に無声化すること,喉頭横断画像において〃区間での被裂軟骨の外転がみられることとよく対応している.東京方言話者の母音無声化は発声,調音上の調節によってなされていると考え...
橘 亮輔, 長谷 芳樹
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   2011年11月   
Neural substrates for audiomotor integration: functional MRI measurements during manual pitch regulation
Tachibana, R., Yanagida, M. Riquimaroux, H.
39th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Chicago   2009年10月   
Brain activities involved in audiomotor integration for manual pitch regulation
Tachibana, R., Yanagida, M. Riquimaroux, H.
32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya   2009年9月   
Neural basis of audiomotor integration: fMRI observation during pitch regulation of a simplified musical instrument
Tachibana, R., Yanagida, M. Riquimaroux, H.
Spring Meeting of the Japanese Society for Music Perception and Cognition 2009, Tokyo   2009年6月   
Corrective responses to feedback perturbation during manual pitch regulation
Tachibana, R., Yanagida, M. Riquimaroux, H.
13th Auditory Research Forum Japan, Shiga   2008年12月   
Auditory-motor learning for manual control of tone pitch
Tachibana, R., Yanagida, M. & Riquimaroux, H.
The neuroscience and music III, Montreal   2008年6月   
Formation of audiomotor mapping for manual control of tone pitch
Tachibana, R., Yanagida, M., Riquimaroux, H.
Proceedings of the12th Auditory Research Forum (pp. 2). Shiga   2007年12月   
Relationship between pitch discrimination ability and formation of sensory-motor mapping on manual control of tone pitch
Tachibana, R., Yanagida, M., Riquimaroux, H.
Proceedings of International Symposium on Skill Science 2007 (pp. 55-60), Tokyo   2007年9月   
Effects of repetitive priming on identification of spectrally degraded spoken words
Tachibana, R., Saruta, M., Sasaki, Y., Riquimaroux, H.
Proceedings of the 24th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Science Society (pp. 78-79). Tokyo   2007年8月   

担当経験のある科目