北田 亮

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/25 23:20
 
アバター
研究者氏名
北田 亮
 
キタダ リョウ
URL
http://www.geocities.jp/ryokitada/
所属
生理学研究所
部署
心理生理学研究部門
職名
助教
学位
人間・環境学博士(京都大学)
その他の所属
総合研究大学院大学(総研大)

プロフィール

心理物理学および脳機能イメージング法を活用して、知覚から運動模倣、社会認知に至るまで様々な認知脳科学的研究に従事しています。特に触覚の機能に着目し、①身体の認識・模倣に関わる神経メカニズムが視覚脱失によってどのような影響を受けるのか ②他者との接触が子供の発達や精神的健康にどのような影響を与えるのか ③触覚がどのように素材特徴を処理するのか、について重点的に研究を行っています。これらの研究を通じて触覚の情報処理に関する脳認知科学的モデルを提案したいと考えています。

研究分野

 

経歴

 
2008年8月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 助教
 
2008年8月
 - 
現在
総合研究大学院大学 助教
 
2007年4月
 - 
2008年8月
日本学術振興会 海外特別研究員(クィーンズ大学)
 
2005年7月
 - 
2007年3月
クィーンズ大学心理学部 博士研究員
 

論文

 
Role of the precuneus in the detection of incongruency between tactile and visual texture information: A functional MRI study
Kitada R, Sasaki AT, Okamoto Y, Kochiyama T, Sadato N
Neuropsychologia      2014年   [査読有り]
Kitada R, Yoshihara K, Sasaki AT, Hashiguchi M, Kochiyama T, Sadato N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34 10096-10108   2014年7月   [査読有り]
Okamoto Y, Kitada R, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Munesue T, Ishitobi M, Saito DN, Yanaka HT, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Sasaki AT, Morita T, Itakura S, Kosaka H, Sadato N
Neuroscience research      [査読有り]
Motohide Miyahara, Ryo Kitada, Akihiro Sasaki, Yuko Okamoto, Hiroki C Tanabe, Norihito Sadato
Neuroscience Research   75(3) 228-238   2013年3月   [査読有り]
Kitada R, Okamoto Y, Sasaki AT, Kochiyama T, Miyahara M, Lederman SJ and Sadato N
Frontiers in Human Neuroscience   7(7)    2013年1月   [査読有り]
Pawluk D, Kitada R, Abramowicz A, Hamilton C, Lederman SJ
IEEE Transactions on Haptics   4(1) 2-13   2011年   [査読有り]
Kitada R, Johnsrude IS, Kochiyama T, Lederman SJ
NeuroImage   49 1677-1689   2010年1月   [査読有り]
Kitada R, Dijkerman HC, Soo G, Lederman SJ
Perception   39(2) 236-254   2010年   [査読有り]
Kitada R, Johnsrude IS, Kochiyama T, Lederman SJ
Journal of cognitive neuroscience   21 2027-2045   2009年10月   [査読有り]
Lederman SJ, Kilgour A, Kitada R, Klatzky RL, Hamilton C
Canadian journal of experimental psychology = Revue canadienne de psychologie experimentale   61 230-241   2007年9月   [査読有り]
Lederman SJ, Klatzky RL, Abramowicz A, Salsman K, Kitada R, Hamilton C.
Psychological Science   18(2) 158-164   2007年2月   [査読有り]
Lawrence MA, Kitada R, Klatzky RL, Lederman SJ
Perception   36 547-557   2007年   [査読有り]
Kitada R, Kito T, Saito DN, Kochiyama T, Matsumura M, Sadato N, Lederman SJ
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26 7491-7501   2006年7月   [査読有り]
Kilgour AR, Kitada R, Servos P, James TW, Lederman SJ
Brain Cogn.   59(3) 246-257   2005年12月   [査読有り]
Kitada R, Hashimoto T, Kochiyama T, Kito T, Okada T, Matsumura M, Lederman SJ, Sadato N
NeuroImage   25 90-100   2005年3月   [査読有り]
Kitada R, Kochiyama T, Hashimoto T, Naito E, Matsumura M
Neuroreport   14 719-724   2003年4月   [査読有り]
Naito E, Kochiyama T, Kitada R, Nakamura S, Matsumura M, Yonekura Y, Sadato N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   22 3683-3691   2002年5月   [査読有り]
Kitada R, Naito E, Matsumura M.
Neuroscience   109(4) 701-707   2002年   [査読有り]

Misc

 
北田亮
Clin Neurosci   32(2) 183-186   2014年2月   [依頼有り]
北田亮
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   16th 30   2014年
北田亮
Clin Neurosci   30(8) 953-954   2012年8月   [依頼有り]
北田亮
日本ロボット学会誌   30(5) 466-468 (J-STAGE)   2012年   [依頼有り]
川道拓東, 北田亮, 吉原一文, 佐々木章宏, 高橋陽香, 高橋陽香, 定藤規弘
認知神経科学   13(2) 176   2011年9月

書籍等出版物

 
心理学研究法 第1巻 知覚
北田 亮 (担当:分担執筆)
誠信書房   2011年   
Corsini Encyclopedia of Psychology (4th edition)
Kitada R, Pawluk D (担当:分担執筆)
John Wiley & Sons   2010年   
Multsensory Object Perception in the Primate Brain
Lederman SJ, Klatzky RL, Kitada R (担当:分担執筆)
Springer Verlag   2010年   
触覚認識メカニズムと触覚センサ・触覚ディスプレイ技術 
北田 亮 (担当:分担執筆)
サイエンス&テクノロジー   2010年   
脳百話―動きの仕組みを解き明かす
北田 亮 (担当:分担執筆)
市村出版   2003年   

講演・口頭発表等

 
他者の動作理解に関わる神経基盤の形成に視覚脱失が与える影響
北田 亮
第16回ヒト脳機能マッピング学会(仙台)   2014年3月6日   
ヒトの触覚に関する脳の解剖的・機能的構造 [招待有り]
北田 亮
触覚講習会 (東京)   2013年11月22日   
Neural representation underlying the recognition of facial and bodily expressions in the early blind [招待有り]
北田 亮
Blind Brain Workshop (Pisa, Italy)   2013年10月17日   
触覚コミュニケーションの認知脳科学的メカニズム [招待有り]
北田 亮
名工大・生理研連携シンポジウム&ワークショップ「触感の解析と理解」(名古屋、愛知)   2013年3月19日   
触覚と脳が作る素材感 [招待有り]
北田 亮
応用脳科学アカデミー (東京).   2013年2月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 北田 亮
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 北田 亮
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 北田 亮
触覚の素材知覚に関する2つの実験を実施した。まず触覚による粗さ知覚と不快知覚の関係性を心理物理学実験によって検討した。その結果、両者の知覚強度の関数パターンは酷似しているが、不快知覚の場合は粗さ知覚と比較して速度に対する恒常性が弱いことが明らかになった。次に触覚と視覚で呈示された素材の一致性の検出に関する脳活動を機能的磁気共鳴法(fMRI)により計測し、方位知覚とは異なる脳領域が一致性に関与することを発見した。
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 北田 亮
本研究課題では、心理物理学的手法と機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を駆使して、触覚による表情模倣に関わる心理物理的特性を明らかにし、表情模倣に関わる神経基盤の多感覚性と可塑性について明らかにしようとするものである。本目的を達成するために今年度は主に3つの活動を行った。1.視覚障害者による顔表情認識に関わる脳内表象の研究2009年度から継続している視覚障害者の顔表情の認識に関する実験成果を最終的な研究成果としてまとめ、日本心理学会およびInternational Multisensory R...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 北田 亮
他者に理解しやす顔表情の表出は円滑なコミュニケーションに重要な役割を果たす。しかし視覚障害者が表出した顔表情は、晴眼者の表情に比べて認識することが難しいとされている。晴眼者は顔を触るだけで個人や表情を識別できるので、触覚を用いた顔表情の学習によって、より認識しやすい顔表情の表出ができる可能性がある。しかし触覚による顔の認識を支える神経基盤についてはよく分かっていない。例えば視覚による顔の認識には、後頭葉・側頭葉の特異的なシステムの役割が重要であるが、このシステムが多感覚的な顔認識に関わるか...

学歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
京都大学大学院 人間・環境学研究科 
 
1997年4月
 - 
2000年3月
京都大学 総合人間学部 
 

社会貢献活動

 
生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー“人間とは何だ…!?”
【出演, 取材協力】  2014年2月12日 - 2014年2月12日
脳科学のフロンティア 岡崎・自然科学研究機構 (下) 社会脳と電脳
【インタビュイー】  中日新聞  2013年2月9日 - 2013年2月9日
あさイチ 人生を変える!ほめパワー
【取材協力】  NHK  2010年11月1日 - 2010年11月1日