原口昇平

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/01 03:26
 
アバター
研究者氏名
原口昇平
 
ハラグチ ショウヘイ
eメール
shoheiharaguchigmail.com
URL
http://siesta.lostworks.net/
職名
inhouse translator
学位
学士(音楽)(東京芸術大学), 修士(音楽)(東京芸術大学大学院), 博士(学術)(東京芸術大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年3月
 - 
現在
社内翻訳者
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京芸術大学 大学院音楽研究科 ティーチングアシスタント
 
2011年4月
 - 
2012年9月
東京芸術大学 大学院音楽研究科 ティーチングアシスタント
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2015年3月
東京芸術大学 大学院音楽研究科 博士課程 音楽文化学専攻 音楽文芸研究領域
 
2012年9月
 - 
2013年7月
ボローニャ大学 文学哲学部 芸術学科 音楽学専攻
 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京芸術大学 大学院音楽研究科 修士課程 音楽文化学専攻 音楽文芸研究領域
 
2000年4月
 - 
2005年3月
東京芸術大学 音楽学部 声楽科 テノール専攻
 

論文

 
I. ピッツェッティの音楽劇作法――G. ダンヌンツィオとの共同制作をめぐって
原口昇平
東京藝術大学大学院      2015年3月   [査読有り]
欲望する英雄――ダンヌンツィオの歌劇台本《フェードラ》における主人公像
原口昇平
早稲田大学イタリア研究所研究紀要   (3) 117-144   2014年3月   [査読有り]
生成する回想――ピッツェッティ《牧人たち》の原理
原口昇平
東京藝術大学大学院音楽研究科 音楽文化学論集   (2) 121-131   2012年3月   [査読有り]
オットリーノ・レスピーギのミクロコスモス―― 歌曲集《G. ダンヌンツィオ『楽園詩篇』による4つの抒情詩》の分析と解釈
原口昇平
東京芸術大学 修士論文      2009年12月   [査読有り]

Misc

 
レスピーギ、夢想の設計
原口昇平
東京・春・音楽祭――東京のオペラの森2016 公式プログラム   91-91   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
CD アルバニアの花、コソヴォの花
原口昇平 (担当:単訳, 範囲:歌詞)
株式会社マーキュリー   2016年2月   
CD メノッティ『電話』・マリア・ローザに捧ぐ短詩集 ~子供のための12の小品
原口昇平 (担当:単訳, 範囲:解説)
株式会社マーキュリー   2015年8月   
CD くるおしきスペイン17世紀の歌
原口昇平 (担当:単訳, 範囲:歌詞・解説の西日翻訳)
株式会社マーキュリー   2015年6月   
CD モーツァルト、プーランク:2台・3台のピアノと管弦楽のための協奏曲
原口昇平 (担当:単訳, 範囲:解説の英日翻訳)
株式会社マーキュリー   2015年3月   
CD ワーグナーとヴェルディの世界を、ヴァイオリンとピアノの二重奏で
原口昇平 (担当:単訳, 範囲:解説)
株式会社マーキュリー   2015年2月   

講演・口頭発表等

 
レスピーギ ― 《ローマ3部作》を生んだ作曲家の知られざる素顔 [招待有り]
原口昇平
東京・春・音楽祭 東京のオペラの森2016   2016年3月20日   
イタリア・リート ― G・ズガンバーティの歌曲をめぐって
原口昇平
日本音楽学会東日本支部例会   2015年3月20日   
歌曲を「読む」 [招待有り]
原口昇平
二期会イタリア歌曲研究会   2014年1月   
I. ピッツェッティ《牧人たち》の分析と解釈
原口昇平
日本音楽学会第62回全国大会   2012年11月   
O. レスピーギ《G. ダンヌンツィオ『楽園詩篇』による4つの抒情詩》の分析と解釈
原口昇平
音楽史研究会   2011年2月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ダンヌンツィオとピッツェッティの共同制作に関する研究
イタリア政府: イタリア政府給費留学
研究期間: 2012年9月 - 2013年7月    代表者: 原口昇平